Google関連

[Google Apps Script]UrlFetchApp.fetchからのアクセス情報

UrlFetchApp.fetchしたときに、アクセス対象のサーバーにはどのようなアクセス情報が残るのか、ふと気になったので調べてみました。

hogehogehoge.jp 66.249.84.40 - - [28/Mar/2014:22:50:37 +0900] "GET / HTTP/1.1" 200 2702 "-" "Mozilla/5.0 (compatible; GoogleApps script; +http://script.google.com/bot.html)"

上記がそのログ(ドメインは適当なものに変更してあります)で、これを見ると、

IPは66.249.84.40(google-proxy-66-249-84-40.google.com)、

User agentはMozilla/5.0 (compatible; GoogleApps script; +http://script.google.com/bot.html)

となっていることが分かります。
上記ログの通り、User agentに「GoogleApps script」が含まれているかどうかを見れば、Google Apps Script経由でのアクセスをログから探すことができそうです。

[Google Apps Script]OAuth認証(2.0)が必要なWeb APIを利用する。前のページ

[Google Apps Script]拡張サービスを使用する。次のページ

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]Google スライドでスクリプトを実行する

    最近私の周りでPowerPoint VBAがひっそりと流行中です。…

  2. Google関連

    【2018年9月版】Google API ConsoleでクライアントIDとクライアントシークレット…

    GoogleのAPIを呼び出すにあたり、クライアントIDとクライアント…

  3. Google関連

    Google AdSenseで「PC のパフォーマンスが低下しています」を表示しないようにする。

    下記のサイトでも話題になっていますが、Google AdSenseの怪…

  4. Excel

    Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ

    ※ 2016/2 時点では下記の方法はもう使用できなくなっています。V…

  5. Power Automate

    Google Apps ScriptとPower Automateの連携事例紹介

    今回の記事は、ガイアックスさん主催のイベント「Google Apps …

  6. Google関連

    [Google Apps Script]ショートカットファイルを作成する

    リリースノートによると、先月のGoogle Apps Scriptのア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP