Windows関連

[Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づいて説明しています。

以前書いた記事「Windows 8 Developer PreviewにVB5CCEをインストールしてみました。」に引き続き、今回は32ビット版Windows 8.1 Enterprise RTMにVisual Basic 5.0 Control Creation Edition(VB5CCE)をインストールしてみました。
(以前の記事で載せているインストールファイル「VB5CCEIN.EXE」はもうサーバー上に無いようですが、探せばすぐに見つかります。)

VB5CCEIN.EXEを管理者権限で実行し、指示に従って作業を進めるだけで、特に問題も無くインストールが完了しました。

Windows8-1_05_01

Windows8-1_05_02

Windows8-1_05_03

Windows8-1_05_04

Windows8-1_05_05

Windows8-1_05_06

インストール後管理者権限でVB5CCEを立ち上げたところ、「システムの設定が不正なため、Visual Basic を起動できませんでした。」とのエラーメッセージが表示されましたが、一度管理者権限で実行すると、以降そのエラーは発生しなくなりました。
プログラムも下図の通り、問題無く作成できます。

Windows8-1_05_07

Windows8-1_05_08

敢えてWindows 8.1環境でVB5CCEを使う理由も無いだろうと思いますが、興味がある方はお試しください。

関連記事

  1. Windows 10

    アリーナ(GAMEPACK)の再販売がないかダットジャパンさんに聞いてみました。

    この記事のタイトルを見ただけでピンとくる人はオッサンです。私と同じく。…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeの場所

    「Edge 本体 場所」「Microsoft Edge EXE どこ」…

  3. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  4. Windows 10

    YouTubeの「歌ってみた」動画を非表示にするMicrosoft Edge拡張機能

    私はよくYouTubeで動画を見るのですが、公式PVを見たいだけなのに…

  5. Windows 10

    [Windows 10]Windows Ink ワークスペースの付箋を起動するショートカット

    前回の記事の関連です。前回はWindows Ink ワークスペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP