Windows関連

[Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づいて説明しています。

以前書いた記事「Windows 8 Developer PreviewにVB5CCEをインストールしてみました。」に引き続き、今回は32ビット版Windows 8.1 Enterprise RTMにVisual Basic 5.0 Control Creation Edition(VB5CCE)をインストールしてみました。
(以前の記事で載せているインストールファイル「VB5CCEIN.EXE」はもうサーバー上に無いようですが、探せばすぐに見つかります。)

VB5CCEIN.EXEを管理者権限で実行し、指示に従って作業を進めるだけで、特に問題も無くインストールが完了しました。

Windows8-1_05_01

Windows8-1_05_02

Windows8-1_05_03

Windows8-1_05_04

Windows8-1_05_05

Windows8-1_05_06

インストール後管理者権限でVB5CCEを立ち上げたところ、「システムの設定が不正なため、Visual Basic を起動できませんでした。」とのエラーメッセージが表示されましたが、一度管理者権限で実行すると、以降そのエラーは発生しなくなりました。
プログラムも下図の通り、問題無く作成できます。

Windows8-1_05_07

Windows8-1_05_08

敢えてWindows 8.1環境でVB5CCEを使う理由も無いだろうと思いますが、興味がある方はお試しください。

[Windows 8.1]16ビットアプリケーションを動かす。前のページ

Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    Windows 10に昔のソフトを入れてみました(2)

    2年近く前に書いた下記記事の続編です。32ビット版Wi…

  2. Windows 10

    【2017年8月版】起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード

    当ブログでは、EdgeからタイトルとURLを取得するコードについて、い…

  3. Windows 10

    WebDriverを使わずMicrosoft Edgeを制御するC#コード

    以前書いた記事のように、Microsoft EdgeにはInterne…

  4. Windows 10

    特殊フォルダやプログラムのCLSID一覧とShellコマンド一覧

    「「プログラムと機能」からインストールされているアプリケーションの一覧…

  5. Windows関連

    [Windows 8]便利な”クイックアクセス(Win + X)”メニュー

    Windows 8の便利なショートカットキーの一つとして「Win + …

  6. Windows関連

    [Windows 8]アプリをアンインストールする。

    今回はWindows 8でストアからインストールしたアプリをアンインス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP