Office関連

アクティブなスライドを取得するPowerPointマクロ

PowerPointのマクロを触っていて、「ActiveSlide」のようなアクティブなスライドを取得するプロパティがないようだったので関数を自作しました。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim p As PowerPoint.Presentation
  Dim s As PowerPoint.Slide
  
  For Each p In Application.Presentations
    Set s = GetActiveSlide(p)
    If s Is Nothing Then
      MsgBox "アクティブなスライドを取得できません。", vbCritical + vbSystemModal
    Else
      MsgBox "インデックス番号:" & s.SlideIndex & vbCrLf & "オブジェクト数:" & s.Shapes.Count, vbInformation + vbSystemModal
    End If
  Next
End Sub

Public Function GetActiveSlide(ByVal p As Presentation) As Slide
  Dim ret As Slide
  
  Set ret = Nothing '初期化
  On Error Resume Next
  Set ret = p.Slides.FindBySlideID(p.Windows(1).Selection.SlideRange.SlideID)
  On Error GoTo 0
  Set GetActiveSlide = ret
End Function

関数の仕組みは単純で、選択しているSlideRangeオブジェクトのSlideIDプロパティを、SlidesオブジェクトのFindBySlideIDメソッドに渡すことでSlideオブジェクトを取得しています。

関連記事

  1. Office アドイン

    [Officeアドイン]Excel Custom functionsのデバッグ方法

    前回の記事でExcelの新たな機能「Custom functions」…

  2. Office関連

    Excelのアイデア機能でグラフやピボットグラフを一発作成

    Insider版のExcelに「アイデア」機能が追加されました。…

  3. Office関連

    Yahoo!翻訳で文字列を翻訳するマクロ

    「Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ」ではGoogle翻訳を利用…

  4. Office関連

    Office 2016で“ヤツ”を召喚してみた。

    4月1日にMicrosoft Office公式アカウント、MSOffi…

  5. Office関連

    住所から郵便番号を取得するVBAマクロ

    「住所から郵便番号 VBA」といったキーワード検索でのアクセスがあった…

  6. Office関連

    文書が互換モードかどうかを判定するWordマクロ

    古いバージョンのWordで作成された文書を開くと、タイトル バーに「互…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP