Office関連

アクティブなスライドを取得するPowerPointマクロ

PowerPointのマクロを触っていて、「ActiveSlide」のようなアクティブなスライドを取得するプロパティがないようだったので関数を自作しました。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim p As PowerPoint.Presentation
  Dim s As PowerPoint.Slide
  
  For Each p In Application.Presentations
    Set s = GetActiveSlide(p)
    If s Is Nothing Then
      MsgBox "アクティブなスライドを取得できません。", vbCritical + vbSystemModal
    Else
      MsgBox "インデックス番号:" & s.SlideIndex & vbCrLf & "オブジェクト数:" & s.Shapes.Count, vbInformation + vbSystemModal
    End If
  Next
End Sub

Public Function GetActiveSlide(ByVal p As Presentation) As Slide
  Dim ret As Slide
  
  Set ret = Nothing '初期化
  On Error Resume Next
  Set ret = p.Slides.FindBySlideID(p.Windows(1).Selection.SlideRange.SlideID)
  On Error GoTo 0
  Set GetActiveSlide = ret
End Function

関数の仕組みは単純で、選択しているSlideRangeオブジェクトのSlideIDプロパティを、SlidesオブジェクトのFindBySlideIDメソッドに渡すことでSlideオブジェクトを取得しています。

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(J)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  2. Office関連

    [Office 2013]オンライン テンプレートを無効にする。

    前回の記事ではOffice 2013でSkyDriveを無効にする方法…

  3. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]ActiveWorkbookのシート数を取得す…

    埋め込んだExcelワークブックのシート数を取得するコードです。 …

  4. Office関連

    サジェスト機能を利用したWord用ツール

    「Webサービスのサジェスト機能についてまとめてみました。」でWebサ…

  5. Excel

    選択中の表の行数を取得するWordマクロ

    「Word VBA 表 行数」といったキーワード検索でのアクセスがあり…

  6. Office関連

    Visual Studio Community 2015でOffice開発する。

    「Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP