Office関連

Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも紹介しているWEBSERVICE関数の他にも、Excel 2013ではいくつかの新しい関数が追加されました(「Excel 2013 新関数一覧」参照)。
今回はその中の一つ「UNICHAR」関数を紹介します。

まずは関数の説明から。

・UNICHAR(数値):指定された数値により参照される Unicode 文字を返します。

使い方は上記説明の通りで、引数にUnicode番号を指定すると、その番号に対応した文字が表示されます。

たとえばセルに、

と入力すると、下図のように雪だるまが表示されます(MS Pゴシックの場合)。

Office2013_56_01

さらにこの関数はExcel Web Appでも使えるので、下記のようにページに埋め込んだブック内で文字を表示させることもできます。

シート上で特殊文字を表示したいときには便利な関数ですね。
ただし、フォントによっては指定した番号の文字が表示できませんので、その点はご注意ください。

■ 関連Webページ

UNICHAR 関数
http://office.microsoft.com/ja-jp/HA102753273.aspx

関連記事

  1. Office関連

    VALUE DOMAINで管理しているドメインをOffice 365で使用する。

    Office 365をセットアップすると設定される初期ドメイン「onm…

  2. Office関連

    ファイルをBase64エンコード・デコードするVBAマクロ

    以前書いたファイルのBase64エンコード・デコード処理を行うVBAマ…

  3. Office関連

    Adobe Readerを利用してPDFファイルのページ数を取得するVBAマクロ

    mougの回答用に書いたコードです。mougは半年でログが消えてし…

  4. Office関連

    Excel Services JavaScript APIを試してみました(1)

    前回の記事で紹介した「ExcelMashup.com」、このサイトによ…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]User Agent他を調べてみました。

    ふと気になったので、Office 用アプリをローカル環境にインストール…

  6. Office関連

    PDFファイルに差し込み印刷するVBAマクロ

    このページにもあるように、AcrobatはOLEオートメーション機能に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP