Office関連

Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも紹介しているWEBSERVICE関数の他にも、Excel 2013ではいくつかの新しい関数が追加されました(「Excel 2013 新関数一覧」参照)。
今回はその中の一つ「UNICHAR」関数を紹介します。

まずは関数の説明から。

・UNICHAR(数値):指定された数値により参照される Unicode 文字を返します。

使い方は上記説明の通りで、引数にUnicode番号を指定すると、その番号に対応した文字が表示されます。

たとえばセルに、

と入力すると、下図のように雪だるまが表示されます(MS Pゴシックの場合)。

Office2013_56_01

さらにこの関数はExcel Web Appでも使えるので、下記のようにページに埋め込んだブック内で文字を表示させることもできます。

シート上で特殊文字を表示したいときには便利な関数ですね。
ただし、フォントによっては指定した番号の文字が表示できませんので、その点はご注意ください。

■ 関連Webページ

UNICHAR 関数
http://office.microsoft.com/ja-jp/HA102753273.aspx

[Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。前のページ

「マイクロソフト Office 用アプリ開発スタートアップガイド」レビュー次のページ

関連記事

  1. Office関連

    ドラッグ&ドロップしたOfficeファイルをPDFに変換するVBScript

    複数のExcelファイルをPDFに一括変換する必要があったので、簡単な…

  2. Office関連

    2つの文書を比較するWordマクロ

    先日テキスト比較ソフトの「ちゃうちゃう!」がバージョンアップされたこと…

  3. Office関連

    UI Automationの参考資料

    VBAからUI Automationを扱う際に参考になりそうな資料への…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(X,Y,Z)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. Office関連

    PowerPointのマクロを共有化して使う方法

    記事のタイトルだけ見るとちょっと分かりづらいですが、要するにWordの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP