Office関連

Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも紹介しているWEBSERVICE関数の他にも、Excel 2013ではいくつかの新しい関数が追加されました(「Excel 2013 新関数一覧」参照)。
今回はその中の一つ「UNICHAR」関数を紹介します。

まずは関数の説明から。

・UNICHAR(数値):指定された数値により参照される Unicode 文字を返します。

使い方は上記説明の通りで、引数にUnicode番号を指定すると、その番号に対応した文字が表示されます。

たとえばセルに、

と入力すると、下図のように雪だるまが表示されます(MS Pゴシックの場合)。

Office2013_56_01

さらにこの関数はExcel Web Appでも使えるので、下記のようにページに埋め込んだブック内で文字を表示させることもできます。

シート上で特殊文字を表示したいときには便利な関数ですね。
ただし、フォントによっては指定した番号の文字が表示できませんので、その点はご注意ください。

■ 関連Webページ

UNICHAR 関数
http://office.microsoft.com/ja-jp/HA102753273.aspx

[Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。前のページ

「マイクロソフト Office 用アプリ開発スタートアップガイド」レビュー次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Word 2013では右クリックからBing検索できるようになりました。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  2. Office関連

    [Office 2016]コマンド検索即実行、便利な「Tell Me」機能

    ※ 下記情報はOffice 2016 Preview版を元にしています…

  3. Office関連

    OneNoteの指定したセクションをページごとに指定した形式で出力するマクロ

    今回はOneNoteの指定したセクションをページごとに指定した形式で出…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]野良アプリのススメ

    「Office 用アプリの概要」にもある通り、Office用アプリを公…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]Bing Maps for Accessの紹介

    Microsoft Download CenterでAccess向けO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP