Office関連

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。

Microsoft Office 2013が登場し、Excelにも新しい関数がいくつか追加されました。
その中でも私が特に注目したいのが「Web」関連の関数です。

WEBSERVICE」「ENCODEURL」「FILTERXML」の3つの関数が追加され、これらの関数を使うと、Webサービス、つまり公開されているWeb APIをVBAでコードを書くことなく利用できるようになります。

まずは関数の説明から。

・ENCODEURL(文字列):URL にエンコードされた文字列を返します。
・FILTERXML(xml,xpath):指定された XPath に従って、XML コンテンツの特定データを返します。
・WEBSERVICE(url):Web サービスからデータを返します。

使い方としては、ENCODEURL関数でエンコードしたクエリ文字列を、WEBSERVICE関数で指定したURLに渡し、結果として得られるXMLからFILTERXML関数を使って任意の値を取得する(値はXPath式で指定)、という流れになります。

例えば、SimpleAPI「WikipediaAPI」を利用してWikipediaの記事内容を取得する場合は下記のようになります。

セルA1:キーワードを入力
セルA2:

セルA2の式では上記の説明通り、APIのリクエスト先URL[http://wikipedia.simpleapi.net/api?output=xml&keyword=]に対して、ENCODEURL関数でエンコードしたクエリ文字列をWEBSERVICE関数で渡し、結果として得られるXMLから、目的となるデータ(body要素の値)をFILTERXML関数を使って抽出しています。

これまでのExcelではWeb APIを利用するのにコーディングを必要としていましたが、今バージョンからはコードを書くことなくAPIを利用することができます(もちろん、より柔軟にAPIを利用したい場合は自分でコードを書く必要がありますが…)。

“Webの世界では広く利用されている、便利なWeb APIをExcelからコーディング不要で簡単に利用できる”

とても便利だと思いませんか?
ちなみに、郵便番号検索APIを利用すれば、下記のように郵便番号から住所を取得することもできます。

2012/07/27 追記:WEBSERVICE関数は下記のような注意事項もあるので記載しておきます。
2013/01/10 追記:注意事項を一部変更しました。

・引数がデータを返せない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。
・引数が無効な文字列と判明した場合、または引数がセルの許容範囲である 32767 文字を超える文字列になった場合、エラー値 #VALUE! が返されます。
・URL の文字列が GET 要求の許容範囲である 2048 文字を超える場合、エラー値 #VALUE! が返されます。
・ftp:// または file:// などのサポートされていないプロトコルの場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

WEBSERVICE 関数より

■ 関連Webページ

・[Excel 2013]Web関数を使ってマッシュアップ
https://www.ka-net.org/blog/?p=2462
・[Excel 2013]Web関数を使ってXMLデータから複数のレコードをまとめて抽出する。
https://www.ka-net.org/blog/?p=3266

関連記事

  1. Office関連

    [Office用アプリ]開発ツール「Napa」のインストール方法

    Office 365にはブラウザー上で直接Office用アプリの開発が…

  2. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(D)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  3. Excel

    Microsoft Translator APIで文字列を翻訳するVBAマクロ

    以前書いた記事で、Google翻訳を使って文字列を翻訳するマクロを紹介…

  4. Office関連

    Visio Onlineで図の作成・編集ができるようになりました。

    しばらくVisio Onlineを使っていなかったので気が付かなかった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP