Office関連

Excel 2013版URLエンコードマクロ

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

これまでVBAでURLエンコード処理をする際は、ScriptControlを使うなり代替手段を用いるなり(64ビット環境でのScriptControlの代わり64ビット版OfficeでURLエンコード処理ができない?参照)することが多かったのですが、「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも書いた通り、Excel 2013では「ENCODEURL」関数が追加されたので、そういった工夫は必要なくなりました。

下記コードのようにWorksheetFunctionからENCODEURL関数を呼び出せば、それだけでURLエンコード処理ができます。

Private Function EncodeURLFnc(ByVal sWord As String) As String
  EncodeURLFnc = Application.WorksheetFunction.EncodeURL(sWord)
End Function

URLエンコードが必要なWeb絡みのコードを書く機会が多い方には嬉しい新機能ですね!

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。前のページ

関数一覧(Excel 2013 Customer Preview)次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Acrobatを使ってPDFファイルをNアップするVBAマクロ

    VBAで、B5サイズのPDFファイルを横並びにしてB4サイズのPDFフ…

  2. Office関連

    Excel Services JavaScript APIを試してみました(2)

    前回の記事で、JavaScriptコードを貼り付けてExcelワークブ…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]カレンダーから日付を入力するコンテンツアプリ。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  4. Office アドイン

    JavaScriptで作成した作業ウィンドウアプリを検証してみる。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  5. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。…

    埋め込んだExcelワークブックの、選択範囲が変更されたときのイベント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP