Office関連

Excel 2013版URLエンコードマクロ

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

これまでVBAでURLエンコード処理をする際は、ScriptControlを使うなり代替手段を用いるなり(64ビット環境でのScriptControlの代わり64ビット版OfficeでURLエンコード処理ができない?参照)することが多かったのですが、「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも書いた通り、Excel 2013では「ENCODEURL」関数が追加されたので、そういった工夫は必要なくなりました。

下記コードのようにWorksheetFunctionからENCODEURL関数を呼び出せば、それだけでURLエンコード処理ができます。

Private Function EncodeURLFnc(ByVal sWord As String) As String
  EncodeURLFnc = Application.WorksheetFunction.EncodeURL(sWord)
End Function

URLエンコードが必要なWeb絡みのコードを書く機会が多い方には嬉しい新機能ですね!

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。前のページ

関数一覧(Excel 2013 Customer Preview)次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    [Officeアドイン]アドイン コマンド(Add-In Commands)の紹介(2)

    昨年末に書いた記事で「アドイン コマンド」を紹介しているのですが、知ら…

  2. Office関連

    PDFファイル上のフィールドの値を操作するVBAマクロ

    「PDFファイルに差し込み印刷するVBAマクロ」で、Acrobatを操…

  3. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(A)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP