Office関連

Excel 2013版URLエンコードマクロ

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

これまでVBAでURLエンコード処理をする際は、ScriptControlを使うなり代替手段を用いるなり(64ビット環境でのScriptControlの代わり64ビット版OfficeでURLエンコード処理ができない?参照)することが多かったのですが、「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」でも書いた通り、Excel 2013では「ENCODEURL」関数が追加されたので、そういった工夫は必要なくなりました。

下記コードのようにWorksheetFunctionからENCODEURL関数を呼び出せば、それだけでURLエンコード処理ができます。

Private Function EncodeURLFnc(ByVal sWord As String) As String
  EncodeURLFnc = Application.WorksheetFunction.EncodeURL(sWord)
End Function

URLエンコードが必要なWeb絡みのコードを書く機会が多い方には嬉しい新機能ですね!

関連記事

  1. Office関連

    Microsoft MVP for Outlook を初受賞しました。

    2010年7月から「Office System」分野でMicrosof…

  2. Office関連

    [Excel]XLOOKUP関数でより簡単に値を検索できるようになりました!

    下記記事の通り、2019年8月末にVLOOKUP関数やHLOOKUP関…

  3. Office関連

    [VBA]自動的にフォントサイズを調整する疑似テキストボックス

    前回と同様、環境依存つながりでmougの給湯室に書いたコードを載せてお…

  4. Office関連

    Office クリップボードをマクロで操作する(UI Automation)

    以前MSAAを利用してOffice クリップボードを操作するマクロを書…

  5. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(R)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  6. Office関連

    スライドマスターのフォントを一括変更するPowerPointマクロ

    PowerPointでスライドを作成中、マスターのフォントをまとめて変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP