Office関連

[Word 2013]表形式のデータ入力にはコレが便利!?「コンテンツ繰り返しコントロール」の紹介

Wordにはユーザー入力フォームを作るのに便利な機能「コンテンツ コントロール」があります。

Word 2013ではこのコンテンツ コントロール機能が強化され、表形式の入力フォームを作るのに役立つ「セクション コンテンツ繰り返しコントロール」も追加されました。

今回はこのコンテンツ繰り返しコントロールの使い方を紹介します。

まず注意点として、この機能は下図のように「互換モード」では使うことができませんので、Wordが互換モードになっている場合は、「ファイル」タブの「情報」にある「変換」から、互換モードを解除してください。

RepeatingSectionContentControls_01

■ コンテンツ繰り返しコントロールの使い方

  1. 開発」タブを表示します。
  2. 下図のように適当に表を挿入します。今回の例では「名前」「写真」「誕生日」列を用意しました。
  3. RepeatingSectionContentControls_02

  4. 表の2行目の名前列に「文書パーツ ギャラリー コンテンツ コントロール」、誕生日列に「画像コンテンツ コントロール」、誕生日列に「日付選択コンテンツ コントロール」を挿入します。
  5. ※ 今回は分かりやすいようにコンテンツ コントロールを挿入していますが、この作業は必須ではありません。

    RepeatingSectionContentControls_03

  6. 表の2行目全体を選択し、「開発」タブの「コントロール」から「セクション コンテンツ繰り返しコントロール」を挿入します。
  7. RepeatingSectionContentControls_04

  8. 表右下に「」ボタンが表示され、行全体が1つのコントロールのようになれば作業終了です。
  9. RepeatingSectionContentControls_05

  10. あとはこの+ボタンをクリックしていくだけで、同じコンテンツ コントロールが挿入された状態の行がどんどん追加されていきます。
  11. RepeatingSectionContentControls_06

    RepeatingSectionContentControls_07

あまり馴染みのない機能かもしれませんが、入力フォームをテンプレート化して配布するときには便利に使えるだろうと思います。

■ 関連Webページ

UI Automationの参考資料前のページ

[Office 2013]コントロール日英比較表次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    Office 用アプリの開発資料(日本語)が公開されました。

    Office 用アプリの開発資料(日本語)が公開されました。・…

  2. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ

    「「Gmail API」β版公開、連動アプリ開発を支援」にもあるように…

  3. Office関連

    Windows 10 Technical PreviewにOffice XPをインストールしてみまし…

    「最新ビルドを詳細レビュー! Windows 10 Technical…

  4. Office関連

    ドラッグ&ドロップでExcelのアドインを登録するVBScript

    「ドラッグ&ドロップでWordのテンプレートを登録・解除する(VBS)…

  5. Office関連

    「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」レビュー

    @ateitexeさんの下記ツイートで、高橋宣成氏が執筆された「Exc…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP