Office アドイン

[Office用アプリ]「ActiveViewChanged」イベントと「getActiveViewAsync」メソッド

v1.1で追加された、ビューが変更された時に発生するイベント「ActiveViewChanged」と、ビューの状態を取得する「getActiveViewAsync」メソッドの動作をPowerPoint 2013 SP1でテストしてみました。

・Document.ActiveViewChanged event (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482501.aspx
・DocumentActiveViewChangedEventArgs object (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482504.aspx
・Document.getActiveViewAsync method (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482495.aspx

■ マニフェストファイル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.1" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="TaskPaneApp">
  <Id>97dec43d-61ee-4354-94ca-7d99be051152</Id>
  <Version>1.0</Version>
  <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
  <DefaultLocale>ja-jp</DefaultLocale>
  <DisplayName DefaultValue="ActiveViewChangedのテスト用アプリ" />
  <Description DefaultValue="ActiveViewChangedのテストです。"/>
  <Hosts>
    <Host Name="Presentation" />
  </Hosts>
  <Requirements>
    <Sets>
      <Set Name="ActiveView" />
    </Sets>
  </Requirements>
  <DefaultSettings>
    <SourceLocation DefaultValue="http://localhost/ActiveViewChanged.html" />
  </DefaultSettings>
  <Permissions>ReadWriteDocument</Permissions>
</OfficeApp>

■ アプリ本体(ActiveViewChanged.html)

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta name="robots" content="noindex,nofollow">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
        <title>ActiveViewChange</title>
        <script src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.11.0.min.js"></script>
        <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js"></script>
        <script>
            Office.initialize = function(reason){
                $(document).ready(function(){
                    Office.context.document.addHandlerAsync(Office.EventType.ActiveViewChanged, document_ActiveViewChange, function(asyncResult){
                        msg("1." + asyncResult.status);
                    });
                });
            }
            
            function document_ActiveViewChange(eventArgs){
                msg("2." + eventArgs.type);
                Office.context.document.getActiveViewAsync(function(asyncResult){
                    msg("3." + asyncResult.status);
                    if(asyncResult.status == Office.AsyncResultStatus.Succeeded){
                        msg("4." + asyncResult.value);
                    }
                });
            }
            
            function msg(txt){
                var s = $("#result").val();
                if(s == ""){
                    $("#result").val(txt);
                }else{
                    $("#result").val(s + "\n" + txt);
                }
            }
        </script>
    </head>
    <body>
        <p>
            <textarea id="result" cols="30" rows="30"></textarea>
        </p>
    </body>
</html>

アプリを読み込んで、スライドショーを実行したり表示形式を色々変更したりしたところ、ActiveViewChangedイベントは、スライドショー開始時と終了時、閲覧表示開始時と終了時に発生することが分かりました。

AppsForOffice_v1.1_02_01

AppsForOffice_v1.1_02_02

VBAで言うところのApplication.WindowSelectionChangeイベントと同じなのかと思っていましたが、どうやら違うようです。

また、getActiveViewAsyncメソッドで取得したビューの状態は、スライドショーや閲覧表示開始時には「read」、終了時には「edit」となっていました。

というわけで、ActiveViewChangedイベントとgetActiveViewAsyncメソッドを使えば、スライドショーの実行時や終了時に何かしらの処理を行うことができそうです。

関連記事

  1. Excel

    64ビット環境かどうかを判別するVBAマクロ

    2年以上前にMicrosoft Community(当時はMicros…

  2. Excel

    「カレンダーから日付入力」をUserFormに移植してみました。

    前回の記事では、Office 用アプリ「カレンダーから日付入力」と同様…

  3. Office アドイン

    [Officeアドイン]Word JavaScript APIの機能紹介

    Office Dev Center - Changelogを見ると分か…

  4. Excel

    選択している行の高さを増やすExcelマクロ

    Excelの表を印刷しようとしたとき、ビミョーに文字が切れていてイラッ…

  5. Office アドイン

    Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法

    当ブログでもカテゴリー:JavaScript API for Offi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP