Office アドイン

[Office用アプリ]「ActiveViewChanged」イベントと「getActiveViewAsync」メソッド

v1.1で追加された、ビューが変更された時に発生するイベント「ActiveViewChanged」と、ビューの状態を取得する「getActiveViewAsync」メソッドの動作をPowerPoint 2013 SP1でテストしてみました。

・Document.ActiveViewChanged event (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482501.aspx
・DocumentActiveViewChangedEventArgs object (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482504.aspx
・Document.getActiveViewAsync method (apps for Office v1.1)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn482495.aspx

■ マニフェストファイル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.1" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="TaskPaneApp">
  <Id>97dec43d-61ee-4354-94ca-7d99be051152</Id>
  <Version>1.0</Version>
  <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
  <DefaultLocale>ja-jp</DefaultLocale>
  <DisplayName DefaultValue="ActiveViewChangedのテスト用アプリ" />
  <Description DefaultValue="ActiveViewChangedのテストです。"/>
  <Hosts>
    <Host Name="Presentation" />
  </Hosts>
  <Requirements>
    <Sets>
      <Set Name="ActiveView" />
    </Sets>
  </Requirements>
  <DefaultSettings>
    <SourceLocation DefaultValue="http://localhost/ActiveViewChanged.html" />
  </DefaultSettings>
  <Permissions>ReadWriteDocument</Permissions>
</OfficeApp>

■ アプリ本体(ActiveViewChanged.html)

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta name="robots" content="noindex,nofollow">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
        <title>ActiveViewChange</title>
        <script src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.11.0.min.js"></script>
        <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js"></script>
        <script>
            Office.initialize = function(reason){
                $(document).ready(function(){
                    Office.context.document.addHandlerAsync(Office.EventType.ActiveViewChanged, document_ActiveViewChange, function(asyncResult){
                        msg("1." + asyncResult.status);
                    });
                });
            }
            
            function document_ActiveViewChange(eventArgs){
                msg("2." + eventArgs.type);
                Office.context.document.getActiveViewAsync(function(asyncResult){
                    msg("3." + asyncResult.status);
                    if(asyncResult.status == Office.AsyncResultStatus.Succeeded){
                        msg("4." + asyncResult.value);
                    }
                });
            }
            
            function msg(txt){
                var s = $("#result").val();
                if(s == ""){
                    $("#result").val(txt);
                }else{
                    $("#result").val(s + "\n" + txt);
                }
            }
        </script>
    </head>
    <body>
        <p>
            <textarea id="result" cols="30" rows="30"></textarea>
        </p>
    </body>
</html>

アプリを読み込んで、スライドショーを実行したり表示形式を色々変更したりしたところ、ActiveViewChangedイベントは、スライドショー開始時と終了時、閲覧表示開始時と終了時に発生することが分かりました。

AppsForOffice_v1.1_02_01

AppsForOffice_v1.1_02_02

VBAで言うところのApplication.WindowSelectionChangeイベントと同じなのかと思っていましたが、どうやら違うようです。

また、getActiveViewAsyncメソッドで取得したビューの状態は、スライドショーや閲覧表示開始時には「read」、終了時には「edit」となっていました。

というわけで、ActiveViewChangedイベントとgetActiveViewAsyncメソッドを使えば、スライドショーの実行時や終了時に何かしらの処理を行うことができそうです。

関連記事

  1. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]セルにデータを入力する。

    埋め込んだExcelワークブックのセルにデータを入力するコードです。…

  2. Office関連

    「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」のダウンロード先

    ※ 下記に紹介する方法はOfficeのサービスパックからデータ追跡機能…

  3. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(T)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(T)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. Office アドイン

    Office アドインの概要と開発方法を学ぶための自習書

    2018年10月27日(土)、品川の日本マイクロソフト本社で「2018…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP