Office関連

IEを操作するVBAマクロ実行中にオートメーションエラーが発生する場合の対処法

下記コードのような、Internet Explorerを操作する簡単なマクロを実行したところ、ReadyStateプロパティの値を取得しようとした時点でシステム エラーやオートメーション エラーが発生しました。

Public Sub Sample()
  Const READYSTATE_COMPLETE = 4
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = True
    .Navigate "https://ja.wikipedia.org/wiki/"
    Do While (.Busy = True) Or (.ReadyState <> READYSTATE_COMPLETE)
      Sleep 100
    Loop
    Stop
  End With
End Sub

システム エラーです: &H80010108 (-2147417848) 起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。

実行時エラー ‘-2147417848 (80010108)’:

オートメーション エラーです。
起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。

インターネットオプションを確認したところ、“目的のURLが「信頼済みサイト」に登録されていたことが原因”で、外したらすぐにエラーが発生しなくなりました。

何年か前にも同じことが原因で引っ掛かったことがありましたが、すっかり忘れていました・・・。
これからは忘れないように、対応策をメモしておきます。

関連Webページ

上記関連Webページを見る限り、「信頼済みサイト」の設定でも上手くいかない場合は、

  1. 「管理者権限」で実行する。
  2. 「保護モードを有効にする」をオン・オフする。

といった方法も試すと良さそうです。

関連記事

  1. Windows 10

    続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事…

  2. Office関連

    格子状にガイドを追加するPowerPointマクロ

    前回の記事で、PowerPoint 2013で追加されたGuide、G…

  3. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(Q)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  4. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  5. Office関連

    プログラムのソースコードを別の言語に変換するVBAマクロ

    SharpDevelopが公開している、ソースコードを変換するAPI「…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP