Office関連

IEを操作するVBAマクロ実行中にオートメーションエラーが発生する場合の対処法

下記コードのような、Internet Explorerを操作する簡単なマクロを実行したところ、ReadyStateプロパティの値を取得しようとした時点でシステム エラーやオートメーション エラーが発生しました。

Public Sub Sample()
  Const READYSTATE_COMPLETE = 4
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = True
    .Navigate "https://ja.wikipedia.org/wiki/"
    Do While (.Busy = True) Or (.ReadyState <> READYSTATE_COMPLETE)
      Sleep 100
    Loop
    Stop
  End With
End Sub

システム エラーです: &H80010108 (-2147417848) 起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。

実行時エラー ‘-2147417848 (80010108)’:

オートメーション エラーです。
起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。

インターネットオプションを確認したところ、“目的のURLが「信頼済みサイト」に登録されていたことが原因”で、外したらすぐにエラーが発生しなくなりました。

何年か前にも同じことが原因で引っ掛かったことがありましたが、すっかり忘れていました・・・。
これからは忘れないように、対応策をメモしておきます。

関連Webページ

上記関連Webページを見る限り、「信頼済みサイト」の設定でも上手くいかない場合は、

  1. 「管理者権限」で実行する。
  2. 「保護モードを有効にする」をオン・オフする。

といった方法も試すと良さそうです。

【2017年7月版】ポータブル デバイスからファイルをコピーするVBAマクロ前のページ

Presentation Translatorが公開されました。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    [Office 2013]SkyDriveを無効(非表示)にする。

    「Office 2013 SkyDrive 無効」というキーワードで検…

  2. Office関連

    オフィス祭り 2018 in 東京に参加しました。

    先日書いた下記記事の通り、9月15日(土)に品川にある日本マイクロソフ…

  3. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  4. Office関連

    指定したAccessファイルで「データベースの最適化/修復」を実行するVBAマクロ

    大分前の記事になりますが、開いているデータベースを最適化するマクロのコ…

  5. Office アドイン

    Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法

    当ブログでもカテゴリー:JavaScript API for Offi…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP