Google関連

[Google Apps Script]insertTextBoxメソッドでスライドにテキストボックスを挿入する

昨年の9月にスライド上にテキストボックスを挿入するスクリプトについて記事を書きましたが(下記参照)、Apps Scriptの更新でより簡単にテキストボックスを挿入するための「insertTextBox」メソッドが追加されたので、今回はその使用方法を紹介します。

insertTextBoxメソッドによるテキストボックスの挿入

function myFunction1() {
  var page = SlidesApp.getActivePresentation().getSelection().getCurrentPage();
  var shape = page.insertTextBox("こんにちは、世界!", 50, 100, 200, 30);
}

上記コードを実行すると、選択中のスライドにテキストボックスが挿入されます。
わずか2行、非常に簡単に処理が書けます。

上記コードでは、getCurrentPageメソッドによって取得したPageオブジェクトからinsertTextBoxメソッドを実行しましたが、下記コードのようにSlideオブジェクトからも同メソッドを実行することができます。

function myFunction2() {
  var slide = SlidesApp.getActivePresentation().getSlides()[0];
  var shape = slide.insertTextBox("こんにちは、世界!", 50, 100, 200, 30);
}

insertTextBoxメソッドを実行すると、Shapeオブジェクトが返ってくるので、以前書いた記事のように、文字装飾も簡単に行えます。

function myFunction3() {
  var page = SlidesApp.getActivePresentation().getSelection().getCurrentPage();
  var shape = page.insertTextBox("こんにちは、世界!", 50, 100, 200, 30);
  
  //文字装飾
  shape.getText().getTextStyle().setBackgroundColor("#0000ff")
                                .setForegroundColor("#ffffff")
                                .setFontFamily("M PLUS 1p");
}

Google スライドで簡単にテキストボックスを挿入できるinsertTextBoxメソッド、是非お使いください。

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートをExcelファイル(xlsx)に変換する

    スプレッドシートのファイルメニュー → 形式を指定してダウンロード →…

  2. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]OAuth認証(2.0)が必要なWeb APIを利用する。

    前回の記事ではGoogle Apps Scriptを使ってWebアプリ…

  4. オトカドール

    【オトカドール】あそべるお店マップ「オトカマップ」を作ったよ。

    当ブログで何度も取り上げているオトカ♥ドールですが、公式サ…

  5. Google関連

    「Save to Drive」ボタンを試してみました。

    下記Webページでも紹介されていますが、Webサイト上のファイルを直接…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP