Office アドイン

[Office用アプリ]メールアプリの配置方法

OutlookやOutlook Web App上で動作するメールアプリは、マニフェストファイルの配置場所がExchangeだったり、マニフェストファイル自体もメールアプリでしか指定できない要素や属性が多くあったりと、他のOffice 用アプリとは大分事情が異なります。

これまで当ブログでは散々Office 用アプリのことを取り扱ってきたにも関わらず、メールアプリだけは取り扱ってこなかったので、今回はメールアプリの配置方法を紹介します(環境:Office 365 Enterprise E3)。

  1. まずはアプリ本体とマニフェストファイルを準備します。動作確認が目的なので、アプリ本体は「[Office用アプリ]Google ドライブでアプリを公開する方法」に書いてある方法でGoogle ドライブに配置することにしました。マニフェストファイルではメールアプリ用に、Capability要素のName属性で「Mailbox」を指定しています。
  2. ・アプリ本体(afo_mailapp_sample.html)

    <!DOCTYPE html>
    <html>
        <head>
            <meta charset="UTF-8">
            <meta name="robots" content="noindex,nofollow">
            <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
            <title>動作確認用メールアプリ</title>
            <script src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.11.0.min.js"></script>
            <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.0/hosted/office.js"></script>
            <script>
                Office.initialize = function(reason){
                    $(document).ready(function(){
                        var itm = Office.context.mailbox.item;
                        $("#subject").text($("#subject").text() + itm.subject);
                        var from;
                        if(itm.itemType === Office.MailboxEnums.ItemType.Message){
                            from = itm.from;
                        }else{
                            from = itm.organizer;
                        }
                        $("#from").text($("#from").text() + from.displayName);
                    });
                }
            </script>
        </head>
        <body style="font-size:14px;">
            <h3>■ 動作確認用メールアプリ</h3>
            <h4 id="subject">subject:</h4>
            <h4 id="from">from:</h4>
        </body>
    </html>

    ・マニフェストファイル

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="MailApp">
      <Id>8145b1dd-d2c9-470a-a5e5-368846d358bd</Id>
      <Version>1.0</Version>
      <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
      <DefaultLocale>ja-jp</DefaultLocale>
      <DisplayName DefaultValue="テスト用メールアプリ" />
      <Description DefaultValue="テスト用のメールアプリです。" />
      <Capabilities>
        <Capability Name="Mailbox" />
      </Capabilities>
      <DesktopSettings>
        <SourceLocation DefaultValue="https://googledrive.com/host/0B-qBxi46CCaVVXJRQVhyME85SWM/afo_mailapp_sample.html" />
        <RequestedHeight>250</RequestedHeight>
      </DesktopSettings>
      <Permissions>ReadItem</Permissions>
      <Rule xsi:type="RuleCollection" Mode="Or">
        <Rule xsi:type="ItemIs" ItemType="Message" />
      </Rule>
    </OfficeApp>
  3. アプリ本体とマニフェストファイルの準備ができたら、次はアプリの配置です。Office 365にサインインし、「管理者」から「Exchange」をクリックします。
  4. AppsForOffice_MailApp_01_01

  5. Exchange 管理センター画面が表示されるので「組織」をクリックします。
  6. AppsForOffice_MailApp_01_02

  7. 組織画面が表示されるので「アプリ」をクリックします。
  8. AppsForOffice_MailApp_01_03

  9. 新規作成」から「ファイルから追加」をクリックします。
  10. AppsForOffice_MailApp_01_04

    AppsForOffice_MailApp_01_05

  11. ファイルから追加画面が表示されるので、1.で用意したマニフェストファイルを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  12. AppsForOffice_MailApp_01_06

  13. アプリの一覧画面に戻ると、新しくアプリが追加されていることが確認できます。
  14. AppsForOffice_MailApp_01_07

  15. 追加されたアプリを選択し「編集」をクリックします。
  16. AppsForOffice_MailApp_01_08

  17. アプリの設定画面が表示されるので「このアプリを組織のユーザーが利用できるようにする」にチェックを入れ、「オプション、既定で有効」を選択した後「保存」ボタンをクリックします。
  18. AppsForOffice_MailApp_01_09

  19. アプリの一覧画面に戻ると、追加したアプリの「ユーザーの規定値」が「有効」になっていることが確認できます。
  20. AppsForOffice_MailApp_01_10

  21. 以上で作業は終了です。Outlook Web Appで適当なメールを開くと、追加したアプリが動作することが確認できます。
  22. AppsForOffice_MailApp_01_11

    AppsForOffice_MailApp_01_12

【編集後記】

メールアプリは共有フォルダ(ローカル環境)で簡単に試せないので、他のアプリに比べると若干敷居が高いかもしれません。
ただ、その分メールアプリでしかできないことも多く有り、非常に遊び甲斐があるので、Office 365含めてExchangeが使える環境にある人は是非一度お試しください。

[Office用アプリ]Napaのショートカットキー一覧前のページ

[Office用アプリ]PowerPointでもコンテンツアプリが使えるようになりました。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    VBAでインターネット上のファイルをダウンロードする方法をまとめてみました。

    「VBA ファイル ダウンロード」といったキーワード検索でのアクセスが…

  2. Office関連

    IEサポート終了でVBAマクロはどうなるの?(2)

    ※下記情報は2021年5月時点の情報で、今後状況が変わっていく可能性が…

  3. Office関連

    コマンドマクロ一覧(Word 2013 Customer Preview)

    Word 2013 CP版に組み込まれている「コマンドマクロ」のコマン…

  4. Office関連

    Microsoft MVP for Outlook を初受賞しました。

    2010年7月から「Office System」分野でMicrosof…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP