Office関連

マクロに割り当てたショートカットキーをCSVファイルとして出力するWordマクロ

Word MVPの新田さんが書かれた以下の記事を見て思いついたマクロです。

ユーザー登録をしたキーボードのショートカットを書き出すマクロ
ユーザー登録をしたキーボードのショートカットを書き出すマクロ(その2)
ユーザー登録をしたキーボードのショートカットを印刷する方法

下記「OutPutKeyBindings」を実行すると、標準テンプレート含めたテンプレートファイル(有効になっているもののみ)に登録されているキー定義一覧をCSVファイルとしてデスクトップに出力します。

Option Explicit

Public Sub OutPutKeyBindings()
'キー定義出力
  Dim OutputFilePath As String
  Dim tp As Word.Template
  Dim tmp As Word.Template
  Dim kb As Word.KeyBinding
  Dim ff As Integer
  
  '出力先ファイル準備(デスクトップにCSVファイルとして出力)
  OutputFilePath = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders("Desktop") & _
                   Application.PathSeparator & "WordKeyBindings.csv"
  ff = FreeFile
  Open OutputFilePath For Output As #ff
  Print #ff, "テンプレート名,テンプレートのパス,コマンド,キーコード,キーの組み合わせ"
    
  Set tmp = Application.CustomizationContext '現在の保存先テンプレート取得
  '標準テンプレート
  Application.CustomizationContext = NormalTemplate
  For Each kb In Application.KeyBindings
    Print #ff, "標準テンプレート(" & NormalTemplate.Name & ")," & _
               NormalTemplate.FullName & "," & _
               kb.Command & "," & _
               kb.KeyCode & "," & _
               kb.KeyString
  Next
  
  '標準テンプレート以外
  For Each tp In Application.Templates
    If tp.FullName <> NormalTemplate.FullName Then
      If IsInstalledTemplate(tp) = True Then
        Application.CustomizationContext = tp
        For Each kb In Application.KeyBindings
           Print #ff, tp.Name & "," & _
                      tp.FullName & "," & _
                      kb.Command & "," & _
                      kb.KeyCode & "," & _
                      kb.KeyString
        Next
      End If
    End If
  Next
  
  Application.CustomizationContext = tmp '保存先テンプレートを元に戻す
  Set tmp = Nothing
  Close #ff
  MsgBox "処理が終了しました。" & vbCrLf & vbCrLf & _
         "[" & OutputFilePath & "]" & vbCrLf & vbCrLf & _
         "にキー定義一覧が出力されました。", vbInformation + vbSystemModal
End Sub

Private Function IsInstalledTemplate(ByVal tp As Word.Template) As Boolean
'テンプレートが有効になっているかどうかを判断
  Dim ad As Word.AddIn
  Dim ret As Boolean
  
  ret = False '初期化
  '標準テンプレートであればTrue
  If tp.FullName = NormalTemplate.FullName Then
    ret = True
  Else
    On Error Resume Next
    Set ad = Application.AddIns(tp.FullName)
    On Error GoTo 0
    If Not ad Is Nothing Then
      'Wordアドインライブラリ(WLL)ではない = テンプレートの場合のみ処理
      If ad.Compiled = False Then
        If ad.Installed = True Then
          ret = True
        End If
      End If
      Set ad = Nothing
    End If
  End If
  IsInstalledTemplate = ret
End Function

CSVファイルとして出力しておけば、Excelやテキストエディタで自分の好きな形に加工することが容易にできます。

右クリックメニューを非表示にするExcelマクロ前のページ

Google TTSで文字列を読み上げるマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    PowerPointのマクロを共有化して使う方法

    記事のタイトルだけ見るとちょっと分かりづらいですが、要するにWordの…

  2. Office関連

    ExcelのWebクエリからのアクセス情報

    mougに面白い質問がありました。・Querytables.a…

  3. Office関連

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

  4. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるマクロ

    2012/02/09 追記:関連記事・Google翻訳…

  5. Office関連

    ビジネスITアカデミーの無料VBAセミナーに行ってきました。

    Excel MVPの伊藤さんやWord MVPの新田さんのブログ記事で…

  6. Office関連

    [Office 2013]コントロール日英比較表

    日本語版と英語版のOffice 2013でコントロール(コマンド)名や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP