Office関連

Officeのヘルプを単独で開く。

Officeアプリケーションのヘルプが見たいとき、いちいちアプリケーションを起動してヘルプを開いて、というのは面倒くさいものです。
そこで今回はOfficeアプリケーションのヘルプを単独で開く方法を紹介します。

■ Microsoft Office Help Viewerを使用してヘルプを開く方法

まずはヘルプの仕組みですが、Officeのヘルプは「Microsoft Office Help Viewer」というアプリケーションで開かれています。

実行ファイルは”C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\“(※ Office 2010の場合。環境によってはファイルの場所が左記とは異なる場合があります)にある「CLVIEW.EXE」で、このファイルを下記のような引数を指定して実行することで、ヘルプを表示することができます。

第一引数としてヘルプファイル名を、第二引数としてヘルプの表示名を指定しています。
各アプリケーションの引数は私が調べた限りでは下記の通りで、第二引数はユーザーの好みに応じて設定できます。

・Excel 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"EXCEL.DEV" "Microsoft Excel Developer Reference"
・Excel ヘルプと使い方:"EXCEL" "Microsoft Excel"
・Graph ヘルプと使い方:"GRAPH" "Microsoft Graph"
・Access 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"MSACCESS.DEV" "Microsoft Access Developer Reference"
・Access ヘルプと使い方:"MSACCESS" "Microsoft Access"
・Upload Center ヘルプと使い方:"MSOUC" "Microsoft Upload Center"
・Publisher 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"MSPUB.DEV" "Microsoft Publisher Developer Reference"
・Publisher ヘルプと使い方:"MSPUB" "Microsoft Publisher"
・Clip Organizer ヘルプと使い方:"MSTORE" "Microsoft Clip Organizer"
・Picture Manager ヘルプと使い方:"OIS" "Microsoft Picture Manager"
・OneNote ヘルプと使い方:"ONENOTE" "Microsoft OneNote"
・Outlook 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"OUTLOOK.DEV" "Microsoft Outlook Developer Reference"
・Outlook ヘルプと使い方:"OUTLOOK" "Microsoft Outlook"
・PowerPoint 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"POWERPNT.DEV" "Microsoft PowerPoint Developer Reference"
・PowerPoint ヘルプと使い方:"POWERPNT" "Microsoft PowerPoint"
・言語設定 ヘルプと使い方:"SETLANG" "Set the language"
・Microsoft Visual Basic Editor:"VBE.DEV" "Microsoft Visual Basic Editor"
・Word 開発者用リファレンス ヘルプと使い方:"WINWORD.DEV" "Microsoft Word Developer Reference"
・Word ヘルプと使い方:"WINWORD" "Microsoft Word"

ヘルプを開いた際、下図のように白い画面が表示された場合は、「ホーム」ボタンをクリックするとホーム画面が、「目次の表示」ボタンをクリックすると目次が表示されます。

ショートカットファイルを作成しておくと、すぐにヘルプが開けるので便利です。

■ Internet Explorerを使用してヘルプを開く方法

インターネット ショートカットからヘルプを開く方法です。
ショートカットを作成したいヘルプページ上で右クリックメニューの「プロパティ」を実行し、「アドレス」欄に表示された”ms-help“から始まるアドレスをクリップボードにコピーします。

コピーしたアドレスをInternet Explorerのアドレスバーに貼り付けてEnterキーを押すと、ヘルプページが表示されます。後はそのページへのショートカットを作成しておけば、いつでもすぐにヘルプを表示することができます。

上記方法以外にも、IAssistanceオブジェクトのShowHelpメソッドを使った下記のようなマクロでも任意のヘルプページを開くことができますが、上記方法の方が手軽で利用しやすいでしょう。

Public Sub Sample()
  Application.Assistance.ShowHelp "HV10365500", "DEV"
End Sub

Office付属のVBEでVBScriptコードを書くのを助けるVBScript前のページ

コンテンツコントロールに外部XMLのデータをマップするWordマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    [Word VBA]引数の型がVariantになっているのはなぜ?

    インストラクターのネタ帳でお馴染みの伊藤さんが先日下記の記事をアップさ…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]野良アプリのススメ

    「Office 用アプリの概要」にもある通り、Office用アプリを公…

  3. Office関連

    Google翻訳で文字列を翻訳するVBAマクロ(IE操作版)

    下記記事にあるように、ニューラルネット機械翻訳の導入によって、Goog…

  4. Office関連

    類似した書式の文字列を選択するWordマクロ三種

    Wordには、選択中の文字列と似た書式の文字列を一括選択する「類似した…

  5. Office関連

    古い形式のWordテンプレートを新しい形式に一括変換するVBScript

    古い形式のWordテンプレート(dot)を新しい形式(dotx,dot…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 8月 10日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP