Office関連

コマンドマクロ一覧(Word 2013)

Word 2013に組み込まれている「コマンドマクロ」のコマンド名、説明、ショートカットキーをリスト化してみました。
コマンド名が分かると、下記のようにApplicationオブジェクトのRunメソッドから任意のコマンドを実行することができます。

Public Sub Sample()
  Application.Run "Bold"
End Sub


No. コマンド 説明 キー1 キー2 キー3 キー4
1 AcceptAllChangesInDoc 文書の変更内容をすべて反映しますが、フィルターの設定は無視します。        
2 AcceptAllChangesInDocAndStopTracking 文書の変更内容をすべて反映しますが、フィルターの設定は無視し、変更履歴の記録を停止します。        
3 AcceptAllChangesShown フィルターの設定で強調表示された変更内容をすべて反映します。        
4 AcceptAllConflictsInDoc 文書内のすべての競合内容を反映します。        
5 AcceptChangesAndAdvance 選択した箇所の変更内容を反映します。        
6 AcceptChangesOrAdvance 選択した箇所の変更内容を反映します。        
7 AcceptChangesSelected 選択した箇所の変更内容を反映します。        
8 AcceptConflict 現在の選択範囲の競合内容を反映します。        
9 AcceptConflictAndAdvance 現在の選択範囲の競合内容を反映します。        
10 AccessibilityChecker アクセシビリティ チェック作業ウィンドウを開きます。        
11 ActivateObject オブジェクトを選択します。        
12 AddDigitalSignature デジタル署名を追加します。        
13 AdditionalActions 追加操作        
14 AddObjectText テキストを追加します。        
15 AddToContacts 選択した名刺を連絡先に追加します。        
16 AdjustListIndents リストの位置を変更します。        
17 AdvancedBrightnessContrast 選択した描画オブジェクトのプロパティを変更します。        
18 AdvertisePublishAs PDF および XPS 形式での発行について説明します。        
19 AlignBottom 選択した描画オブジェクトを下端に揃えて配置します。        
20 AlignCenterHorizontal 選択した描画オブジェクトを水平方向の中央に揃えて配置します。        
21 AlignCenterVertical 選択した描画オブジェクトを垂直方向の中央に揃えて配置します。        
22 AlignLeft 選択した描画オブジェクトを左端に揃えて配置します。        
23 AlignRight 選択した描画オブジェクトを右端に揃えて配置します。        
24 AlignTop 選択した描画オブジェクトを上端に揃えて配置します。        
25 AllCaps 選択した文字列にすべて大文字を設定/解除します。 Ctrl+Shift+A      
26 AnnotationEdit コメントを編集します。        
27 AnnotationInkingSplitButton 閲覧モードの注釈インクのポップアップ アンカー        
28 AnnotInkEraser インク コメントの消しゴム        
29 AnnotInkPen インク コメントのペン        
30 ApplyHeading1 文字列を見出し 1 のスタイルにします。 Alt+Ctrl+1      
31 ApplyHeading2 文字列を見出し 2 のスタイルにします。 Alt+Ctrl+2      
32 ApplyHeading3 文字列を見出し 3 のスタイルにします。 Alt+Ctrl+3      
33 ApplyLigatures 選択範囲に合字を適用します。        
34 ApplyListBullet 文字列を箇条書きのスタイルにします。 Ctrl+Shift+L      
35 ApplyNumberStyles 番号のスタイルを選択範囲に適用します。        
36 ApplyQFSetInitial 初期のクイック スタイル セットを適用します。        
37 ApplyQFSetTemplate 文書テンプレートのクイック スタイル セットを適用します。        
38 ApplyStylisticSets 選択範囲にスタイル セットを適用します。        
39 AppMaximize アプリケーション ウィンドウを画面いっぱいに拡大します。        
40 AppMinimize アプリケーション ウィンドウをアイコン化します。        
41 AppMove アプリケーション ウィンドウを画面の別の位置に移動します。        
42 AppRestore アプリケーション ウィンドウを元のサイズに戻します。 Alt+F5      
43 AppSize アプリケーション ウィンドウのサイズを変更します。        
44 AutoFitContent 表のサイズを表内の文字列などに合わせて自動的に調整します。        
45 AutoFitFixed 表のサイズを固定された列幅で設定します。        
46 AutoFitWindow 表のサイズをウィンドウに合わせて自動的に調整します。        
47 AutoMarkIndexEntries 索引登録ファイルを使って索引登録フィールドを挿入します。        
48 AutomaticChange オートフォーマットによる変更を元に戻します。 あるいはオートフォーマットの機能を自動的にオンにします。        
49 AutoScroll 作業中の文書のスクロールを開始します。        
50 AutoSummarizeClose お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
51 AutoSummarizePercentOfOriginal          
52 AutoSummarizeToggleView お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
53 AutoSummarizeUpdateFileProperties お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
54 AutoText 定型句を登録、または登録した定型句を挿入します。        
55 BackHistoryItem お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
56 BBPropertiesDlg [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ        
57 Bevel 選択範囲に面取りの設定を適用します。        
58 BibInsertSource 新しい資料文献の挿入        
59 BibliographyBibliographyToText 文献目録を固定テキストに変換します。        
60 BibliographyCitationToText 引用文献を固定テキストに変換します。        
61 BibliographyCreateSource [資料文献の作成] ダイアログ ボックスを開きます。        
62 BibliographyEditCitationButton 引用文献の編集        
63 BibliographyEditCitationToolbar 引用文献の編集        
64 BibliographyEditSource [資料文献の編集] ダイアログ ボックスを開きます。        
65 BibliographyEditSourceButton [資料文献の編集] ダイアログ ボックスを開きます。        
66 BibliographyEditSourceToolbar [資料文献の編集] ダイアログ ボックスを開きます。        
67 BibliographyFilterLanguages 言語のフィルター        
68 BibliographySourceManager [資料文献の管理] ダイアログ ボックスを開きます。        
69 BlockAuthors 他のユーザーが現在の段落を編集できないようにブロックします。        
70 BlogBlogAccountOptionsDlg ブログ アカウントの設定を変更します。        
71 BlogBlogInsertCategories 文書に分類を挿入します。        
72 BlogBlogInsertCategory 文書に分類のドロップダウン リストを挿入します。        
73 BlogBlogOpenBlogSite ブログの Web サイトを開きます。        
74 BlogBlogOpenExistingDlg 既存のブログを開きます。        
75 BlogBlogPublish 作業中の文書をブログに送信します。        
76 BlogBlogPublishDraft 作業中の文書をブログに送信します。        
77 Bold 選択した文字列に太字を設定/解除します。 Ctrl+B Ctrl+Shift+B    
78 BoldRun 選択した文字列に太字を設定/解除します。        
79 BorderAll 選択したセルのすべての罫線を変更します。        
80 BorderBottom 選択した段落、表のセル、図の下の罫線を変更します。        
81 BorderColorPicker 罫線の色を選択するダイアログ ボックスを表示します。        
82 BorderHoriz 選択したセルの横の罫線を変更します。        
83 BorderInside 選択した段落、表のセル、図の内側の罫線を変更します。        
84 BorderLeft 選択した段落、表のセル、図の左側の罫線を変更します。        
85 BorderLineColor 選択した段落、表のセル、図の罫線の色を変更します。        
86 BorderLineStyle 選択した段落、表のセル、図の罫線の種類を変更します。        
87 BorderLineWeight 選択した段落、表のセル、図の罫線の太さを変更します。        
88 BorderNone 選択した段落、表のセル、図の罫線を削除します。        
89 BorderOutside 選択した段落、表のセル、図の外枠の罫線を変更します。        
90 BorderRight 選択した段落、表のセル、図の右側の罫線を変更します。        
91 Borders: 選択した段落、表のセル、図の罫線を変更します。        
92 BorderTLtoBR 表のセルに右下がりの斜め罫線を引きます。 または、罫線を削除します。        
93 BorderTop 選択した段落、表のセル、図の上の罫線を変更します。        
94 BorderTRtoBL 表のセルに右上がりの斜め罫線を引きます。 または、罫線を削除します。        
95 BorderVert 選択したセルの縦の罫線を変更します。        
96 BottomAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの下部に配置します。        
97 BottomCenterAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの中央下に配置します。        
98 BottomLeftAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの左下に配置します。        
99 BottomRightAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの右下に配置します。        
100 BringForward 選択した描画オブジェクトを前面へ移動します。        
101 BringToFront 選択した描画オブジェクトを最前面へ移動します。        
102 BrowseNext 次の検索対象にジャンプします。 Ctrl+PageDown      
103 BrowsePrev 前の検索対象にジャンプします。 Ctrl+PageUp      
104 BrowseSel 検索対象を選択します。 Alt+Ctrl+Home      
105 BuildingBlockOrganizer 文書パーツを管理します。        
106 BulletsGallery 箇条書きギャラリーを開きます。        
107 BulletsNumberingStyleDialog 箇条書きと段落番号スタイル定義ダイアログ ボックス        
108 Cancel 操作を中止します。 Esc      
109 CancelHighlightMode 選択した範囲を蛍光ペンで強調します。        
110 CellOptions セルのオプションを変更します。        
111 CenterAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの中央に配置します。        
112 CenterPara 段落を左右のインデントの中央に配置します。 Ctrl+E      
113 ChangeByte 選択した文字列の全角/半角を変更します。        
114 ChangeCase 選択した範囲内の英字の大文字/小文字を変更します。 Shift+F3      
115 ChangeKana 選択した文字列のひらがな/カタカナを変更します。        
116 CharacterClearFormatting 書式から文字のプロパティをクリアします。        
117 CharacterRemoveStyle 選択範囲から文字スタイルをクリアします。        
118 CharLeft 指定した文字数分だけカーソルを左へ移動します。 Left      
119 CharLeftExtend 指定した文字数分だけ選択範囲を左へ拡張します。 Shift+Left      
120 CharRight 指定した文字数分だけカーソルを右へ移動します。 Right      
121 CharRightExtend 指定した文字数分だけ選択範囲を右へ拡張します。 Shift+Right      
122 CharScale 選択した文字列の倍率を変更します。        
123 CharScaleDialog 文字の拡大/縮小率の一覧を表示します。        
124 CheckBoxFormField チェック ボックス フォーム フィールドを挿入します。        
125 CheckCompatibility 文書の互換性をチェックします。        
126 CheckDocumentParts Office.com にアクセスして、新しい文書パーツがあるかどうかを確認します。        
127 ClearAllFormatting 選択した文字列の書式とスタイルをクリアします。        
128 ClearFormatting 選択した文字列の書式とスタイルをクリアします。        
129 ClearFormField 選択したフォーム フィールドを削除します。        
130 ClearTableStyle 表の書式設定を解除します。        
131 CloseConflict 競合の表示を閉じます。        
132 ClosePane アクティブ ウィンドウ枠を閉じます。 Alt+Shift+C      
133 CloseParaAbove 選択した段落の前の余分なスペースを削除します。        
134 CloseParaBelow 選択した段落の下の余分なスペースを削除します。        
135 ClosePreview 印刷プレビューを終了します。        
136 CloseReadingMode 全画面閲覧を終了します。        
137 CloseReadingModeImmersive 閲覧モードでイマーシブ ビューを閉じます        
138 CloseUpPara 選択した段落の前の余分なスペースを削除します。        
139 CloseViewHeaderFooter 文書に戻ります。        
140 CmdEnterConflictMode 競合解決モードを開始します。        
141 CollapseAllHeadings 文書内のすべての見出しを折りたたみます。        
142 CollapseHeading 見出しを折りたたみ、見出しの下位に含まれる内容を非表示にします。 Alt+Shift+Num –      
143 Color: 選択した文字列の色を変更します。        
144 Columns: 段組みの設定を変更します。        
145 ColumnSelect 文字列をブロック選択します。 Ctrl+Shift+F8      
146 CommaAccent 選択した文字列に読点の傍点を設定/解除します。        
147 CompareDocumentsCombine 複数の編集者による変更を 1 つの文書に組み込みます。        
148 CompareDocumentsCompare 文書の 2 つの版を比較します (比較結果を保存)。        
149 CompareDocumentsLastMajor サーバーに発行されている最新のメジャー バージョンと、この文書を比較します。        
150 CompareDocumentsLastMinor サーバーに保存されている最新のバージョンと、この文書を比較します。        
151 CompareDocumentsVersion サーバーに保存されている特定のバージョンと、この文書を比較します。        
152 CompareTranslationBaseDocuments 元の文書の変更内容を表示します。        
153 CompatChkr 互換性をチェックします。        
154 Condensed: 選択範囲の文字間隔を狭くします。        
155 ConflictPane 競合のウィンドウを表示し、文書の競合を確認、編集します。        
156 Connect ネットワーク ドライブに接続します。        
157 ContentControlBuildingBlockGallery 文書パーツ コンテンツ コントロールを挿入します。        
158 ContentControlCheckBox チェック ボックス コンテンツ コントロールを挿入します。        
159 ContentControlComboBox コンボ ボックス コンテンツ コントロールを挿入します。        
160 ContentControlDate 日付選択コンテンツ コントロールを挿入します。        
161 ContentControlDropdownList ドロップダウン コンテンツ コントロールを挿入します。        
162 ContentControlGroup 選択範囲をグループ化して、コンテンツをロックした BB リッチ テキスト コントロールにします。        
163 ContentControlPicture 画像コンテンツ コントロールを挿入します。        
164 ContentControlRepeating 繰り返しコンテンツ コントロールの挿入        
165 ContentControlRichText リッチ テキスト コンテンツ コントロールを挿入します。        
166 ContentControlText テキスト コンテンツ コントロールを挿入します。        
167 ContentControlUngroup コンテンツ コントロール グループを削除します。        
168 ContextHelp F1 キーでヘルプを表示する機能のオン/オフを切り替えます。        
169 ContinueNumbering 連続した段落番号を振ります。        
170 ControlProperties 現在のコントロールのプロパティを表示します。        
171 ControlRun コントロール パネルまたはクリップボードを表示します。        
172 ConvertObject オブジェクトを別のタイプに変換するか、またはアクティブにします。        
173 ConvertTextBoxToFrame 選択したテキスト ボックスをレイアウト枠に変換します。        
174 CopyFormat カーソル位置の文字書式をコピーして指定する範囲に貼り付けます。 Ctrl+Shift+C      
175 CopyInkAsText 選択したインク オブジェクトに対応する文字列をクリップボードにコピーします。        
176 CopyText 指定した位置に選択範囲をコピーします。 Shift+F2      
177 CreateAutoText 新しい定型句を作成します。 Alt+F3      
178 CreateAutoTextBlockFromSel 現在の選択範囲から定型句の文書パーツを作成します。        
179 CreateBibliographyFromSel 現在の選択範囲から文献目録の文書パーツを作成します。        
180 CreateBuildingBlockFromSel 現在の選択範囲から文書パーツを作成します。        
181 CreateCommonFieldBlockFromSel 現在の選択範囲から標準フィールドの文書パーツを作成します。        
182 CreateCoverPageBlockFromSel 現在の選択範囲から表紙の文書パーツを作成します。        
183 CreateEquationBlockFromSel 現在の選択範囲から数式の文書パーツを作成します。        
184 CreateFooterBlockFromSel 現在の選択範囲からフッターの文書パーツを作成します。        
185 CreateHeaderBlockFromSel 現在の選択範囲からヘッダーの文書パーツを作成します。        
186 CreateLayoutBlockFromSel 現在の選択範囲からレイアウトの文書パーツを作成します。        
187 CreatePageNumBottomFromSel 現在の選択範囲から新しいページ番号 (下) を作成します。        
188 CreatePageNumFromSel 現在の選択範囲からページ番号の文書パーツを作成します。        
189 CreatePageNumPageBlockFromSel 現在の選択範囲からページ番号 (ページ) の文書パーツを作成します。        
190 CreatePageNumTopFromSel 現在の選択範囲から新しいページ番号 (上) を作成します。        
191 CreateSharedWorkspace 共有ワークスペースを作成します。        
192 CreateSubdocument 選択したアウトライン項目をサブ文書に変更します。        
193 CreateTable マウスをドラッグして罫線を使った表を作成します。        
194 CreateTableBlockFromSel 現在の選択範囲から表の文書パーツを作成します。        
195 CreateTableOfContentsFromSel 現在の選択範囲から目次の文書パーツを作成します。        
196 CreateTask 選択した範囲から、Microsoft Outlook のタスクを作成します。        
197 CreateTextBoxBlockFromSel 現在の選択範囲からテキスト ボックスの文書パーツを作成します。        
198 CreateWaterMarkBlockFromSel 現在の選択範囲から透かしの文書パーツを作成します。        
199 CssLinks 外部 CSS リンクを管理します。        
200 CustomParagraphSpacing [スタイルの管理] ダイアログ ボックスを表示して、ユーザー設定の段落間隔を指定します。        
201 DecreaseIndent インデントを小さくします、または選択範囲を 1 レベル上げます。        
202 DecreaseParagraphSpacing 段落の間隔を 6 ポイント狭くします。        
203 DefaultCharBorder 文字に囲み線を設定します。        
204 DefaultCharShading 文字に網かけを設定します。        
205 DefaultCondensed 選択範囲の文字間隔を狭くします。        
206 DefaultExpanded 選択範囲の文字間隔を広くします。        
207 Define 選択したテキストを定義します。 Ctrl+F7      
208 DefineNewBullet 新しい行頭文字を定義します。        
209 DefineNewList 新しいリストを定義します。        
210 DefineNewListStyle 新しいリストのスタイルを定義します。        
211 DefineNewNumber 新しい番号書式を定義します。        
212 DefinitionsCallout 用語定義の吹き出しを表示します。        
213 DefinitionsPane [辞書の定義] ウィンドウを開きます。        
214 DeleteAllCommentsInDoc 文書のコメントをすべて削除し、フィルターの設定を無視します。        
215 DeleteAllCommentsShown フィルターの設定で強調表示されたコメントをすべて削除します。        
216 DeleteAllInkAnnotations すべてのインク注釈を削除します。        
217 DeleteAnnotation コメントを削除します。        
218 DeleteBackWord カーソル位置の直前の単語をクリップボードに残さずに削除します。 Ctrl+BackSpace      
219 DeleteBuildingBlock 周囲の文書パーツを削除します。        
220 DeleteHyperlink ハイパーリンクを削除します。        
221 DeleteStyle 現在のスタイルを削除します。        
222 DeleteWord カーソル位置の直後の単語をクリップボードに残さずに削除します。 Ctrl+Del      
223 DemoteList 選択範囲を 1 レベル下げます。        
224 DemoteToBodyText 選択した見出しを本文に戻し、標準スタイルを設定します。        
225 DiacriticColor Diacritic の色を変更します。        
226 DiscardOfficeCachedFile キャッシュに保存されているすべての変更を破棄して、Web からファイルを再度読み込みます。        
227 DisplayAlignmentGuides 配置ガイドを有効または無効にします。        
228 DisplayDetails 選択した宛先の情報を表示します。        
229 DisplayDocumentManagementPane ドキュメント管理のウィンドウを表示します。        
230 DisplayFinalDoc 挿入を本文中に表示し、削除を吹き出しで表示します。        
231 DisplayForReview 変更履歴とコメントの表示モードを選択します。        
232 DisplayOriginalDoc 削除を本文中に表示し、挿入を吹き出しで表示します。        
233 DisplaySharedWorkspacePane ドキュメント管理のウィンドウを表示します。        
234 DistributeColumn 選択した列の幅を揃えます。        
235 DistributeGeneral 選択した行または列の幅を揃えます。        
236 DistributeHorizontally 選択した描画オブジェクトを左右に整列します。        
237 DistributePara 段落を均等割り付けします。 Ctrl+Shift+J      
238 DistributeRow 選択した行の高さを揃えます。        
239 DistributeVertically 選択した描画オブジェクトを上下に整列します。        
240 DocClose 保存の確認のメッセージを表示してから、作業中のウィンドウを閉じます。 Ctrl+W Ctrl+F4    
241 DocEncryption 文書を暗号化します。        
242 DocExport 現在の文書を XPS または PDF 形式で発行します。        
243 DocInspector ドキュメント検査        
244 DocMaximize 作業中のウィンドウを最大表示します。 Ctrl+F10      
245 DocMinimize 作業中のウィンドウをアイコン化します。        
246 DocMove 作業中のウィンドウの位置を変更します。        
247 DocRestore ウィンドウを標準サイズに戻します。 Ctrl+F5      
248 DocSize 作業中のウィンドウのサイズを変更します。 Ctrl+F8      
249 DocSplit 作業中のウィンドウを水平に分割、または分割を解除します。 Alt+Ctrl+S      
250 DocumentActionsPane [ドキュメント アクション] ウィンドウ        
251 DocumentBroadcast Word 文書のブロードキャスト        
252 DocumentBroadcastEdit ブロードキャスト時に文書を編集        
253 DocumentBroadcastGeneric ブロードキャスト サービスの選択        
254 DocumentBroadcastInvitation ブロードキャストへの招待を送信        
255 DocumentBroadcastNotes ブロードキャストの会議ノート        
256 DocumentBroadcastOpenNotes ブロードキャストの共有ノートを開く        
257 DocumentBroadcastShareNotes ブロードキャストでのノートの共有        
258 DocumentEndBroadcast ブロードキャストの終了        
259 DocumentResumeBroadcast 編集後にブロードキャストを再開        
260 DoFieldClick ボタン フィールドに関連する操作を実行します。 Alt+Shift+F9      
261 DoNotDistribute ツールバーのアクセス許可トグル ボタン        
262 DotAccent 選択した文字列にピリオドの傍点を設定/解除します。        
263 DottedUnderline 選択した文字列に点線の下線を設定/解除します。        
264 DoubleStrikethrough 選択した文字列に二重取り消し線を設定/解除します。        
265 DoubleUnderline 選択した文字列に二重下線を設定/解除します。 Ctrl+Shift+D      
266 DownloadPictures 電子メール メッセージを再度読み込んで、リンクされている画像をインターネットからダウンロードします。        
267 Draw3DColor 選択したオブジェクトの 3-D 効果に設定できるその他の色を表示します。        
268 Draw3DCustomize [3-D の設定] ツールバーを表示します。 このツールバーのボタンを使用して、さまざまな 3-D 効果を設定できます。        
269 Draw3DDepth0 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果の奥行きを 0 pt に設定します。        
270 Draw3DDepth1 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果の奥行きを 36 pt (0.5 インチ) に設定します。        
271 Draw3DDepth2 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果の奥行きを 72 pt (1 インチ) に設定します。        
272 Draw3DDepth3 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果の奥行きを 144 pt (2 インチ) に設定します。        
273 Draw3DDepth4 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果の奥行きを 288 pt (4 インチ) に設定します。        
274 Draw3DDepthInfinite 3-D 効果の奥行きが無限に広がって見えるように設定します。        
275 Draw3DLightingFlat 3-D 効果の光源を明るくすると、選択したオブジェクトに対する色や影の白の配分が最も多くなります。        
276 Draw3DLightingHarsh 3-D 効果の光源を暗くすると、選択したオブジェクトに対する色や影の白の配分が最も少なくなります。        
277 Draw3DLightingNormal 3-D 効果の光源を標準に設定すると、選択したオブジェクトに対する色や影の白の配分が適切な量になります。        
278 Draw3DParallel 3-D 効果のすべての側面が、互いに平行になるように延長します。        
279 Draw3DPerspective 3-D 効果を 1 つの点に向けて延長し、遠近感を持たせます。        
280 Draw3DSurfaceMatte 選択したオブジェクトの表面に、光を反射しない、曇ったような効果を設定します。        
281 Draw3DSurfaceMetal 選択したオブジェクトの表面に、磨かれた金属のような効果を設定します。        
282 Draw3DSurfacePlastic 選択したオブジェクトの表面に、プラスチックのような効果を設定します。        
283 Draw3DTiltDown 3-D 効果を、水平軸を中心に前方へ 6 度回転します。        
284 Draw3DTiltLeft 3-D 効果を、垂直軸を中心に左へ 6 度回転します。        
285 Draw3DTiltRight 3-D 効果を、垂直軸を中心に右へ 6 度回転します        
286 Draw3DTiltUp 3-D 効果を、水平軸を中心に後方へ 6 度回転します。        
287 Draw3DToggle 選択したオブジェクトに対する 3-D 効果のオンとオフを切り替えます。 3-D 効果をオンにすると、既定の設定を使用して 3-D 効果が設定されます。        
288 Draw3DWireFrame 選択したオブジェクトからすべての表面を削除し、枠組みだけが表示されるようにします。        
289 DrawAlign 描画オブジェクトを整列します。        
290 DrawAlignDistributeRelativeToCanvas 選択したオブジェクトをキャンバスに合わせて配置します。        
291 DrawAlignDistributeRelativeToContainer 選択したオブジェクトをコンテナーに合わせて配置します        
292 DrawAlignDistributeRelativeToDiagram 選択したオブジェクトを図表と相対的な位置に配置します        
293 DrawAlignDistributeRelativeToOrgChart 選択したオブジェクトを組織図と相対的な位置に配置します        
294 DrawAlignDistributeRelativeToPage 選択したオブジェクトを用紙に合わせて配置します。        
295 DrawAlignDistributeRelativeToSelection 選択したオブジェクトを選択範囲に合わせて配置します        
296 DrawAttachText テキスト編集モードをオンにします。選択したオートシェイプにテキストを挿入できます。        
297 DrawAutoFormatDiagram 図表のオートフォーマットを切り替えます        
298 DrawAutoLayoutDiagram 図表のオートレイアウトを切り替えます        
299 DrawAutoLayoutOrgChart 組織図のオートレイアウトを切り替えます        
300 DrawBringInFrontOfText 選択した描画オブジェクトをテキストの前面へ移動します。        
301 DrawCallout 吹き出しを挿入します。        
302 DrawChangeToCycle 図表をドーナツ型に変換します        
303 DrawChangeToPyramid 図表をピラミッド型に変換します        
304 DrawChangeToRadial 図表を放射型に変換します        
305 DrawChangeToTarget 図表をターゲット方に変換します        
306 DrawChangeToVenn 図表をベン図形型に変換します        
307 DrawCloseFreeform 開いた曲線の始点と終点を線分で結び、閉じた曲線にします。        
308 DrawCompressPictures 図の圧縮        
309 DrawDeleteAllInkComments ドキュメントから、すべてのインク注釈を削除します。        
310 DrawDeleteDiagramNode 図表ノードを削除します        
311 DrawDeleteFreeformSegment 選択した線分を削除します。        
312 DrawDeleteOrgChartNode 図表を放射型に変換します        
313 DrawDiagramStyle 図表のスタイルを適用        
314 DrawDisassemblePicture メタファイルを描画オブジェクトに分解します。        
315 DrawDistributeHorizontally 選択した複数のオブジェクトを、左右の間隔が等しくなるように整列します。        
316 DrawDistributeRelativeToPage 選択したオブジェクトを用紙に合わせて配置します。        
317 DrawDistributeVertically 選択した複数のオブジェクトを、上下の間隔が等しくなるように整列します。        
318 DrawDuplicate 選択した描画オブジェクトのコピーを作成します。        
319 DrawEditPicture 選択した図を開いて編集できるようにします。        
320 DrawEditWordArt [ワードアート テキストの編集] ダイアログ ボックスを表示します。 このダイアログ ボックスを使用して、選択したワードアート オブジェクトのテキストを編集できます。        
321 DrawExitInkMode インクまたは消去の中止        
322 DrawExpandCanvas キャンバスの拡張 (描画)        
323 DrawExpandDiagram キャンバスの拡張 (図表)        
324 DrawExpandOrgChart キャンバスの拡張 (組織図)        
325 DrawEyedropper 文書から色を選択します        
326 DrawFillColor コマンドの説明は必要ありません。        
327 DrawFillToggle 選択したオブジェクトの塗りつぶしを解除します。 または、選択したオブジェクトに既定の塗りつぶしパターンを設定します。        
328 DrawFitCanvasToContents キャンバスを描画に合わせる        
329 DrawFitDiagramToContents キャンバスを図表に合わせる        
330 DrawFitOrgChartToContents キャンバスを組織図に合わせる        
331 DrawFlipHorizontal 描画オブジェクトを左右に反転します。        
332 DrawFlipVertical 描画オブジェクトを上下に反転します。        
333 DrawGroup 選択した描画オブジェクトをグループ化して 1 つのオブジェクトにまとめます。        
334 DrawingAdvancedLayout 選択した描画オブジェクトの詳細レイアウト プロパティを変更します。        
335 DrawingAdvancedLayoutPosition 選択した描画オブジェクトの詳細レイアウト プロパティを変更します。        
336 DrawingAdvancedLayoutSize 選択した描画オブジェクトの詳細レイアウト プロパティを変更します。        
337 DrawingAdvancedLayoutWrapping 選択した描画オブジェクトの詳細レイアウト プロパティを変更します。        
338 DrawInsertAccentBorderCallout1 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
339 DrawInsertAccentBorderCallout2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
340 DrawInsertAccentBorderCallout3 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
341 DrawInsertAccentBorderCallout4 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
342 DrawInsertAccentCallout1 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
343 DrawInsertAccentCallout2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
344 DrawInsertAccentCallout3 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
345 DrawInsertAccentCallout4 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
346 DrawInsertArc 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、円弧を描きます。        
347 DrawInsertArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、矢印を挿入します。        
348 DrawInsertBalloon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
349 DrawInsertBentArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
350 DrawInsertBentUpArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
351 DrawInsertBevel 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
352 DrawInsertBlockArc 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
353 DrawInsertBorderCallout1 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
354 DrawInsertBorderCallout2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
355 DrawInsertBorderCallout3 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
356 DrawInsertBorderCallout4 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
357 DrawInsertBracePair 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
358 DrawInsertBracketPair 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
359 DrawInsertBullsEyeChart 新しいターゲット型の図表を挿入します        
360 DrawInsertCallout1 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
361 DrawInsertCallout2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
362 DrawInsertCallout3 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
363 DrawInsertCallout4 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
364 DrawInsertCan 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
365 DrawInsertChevron 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
366 DrawInsertCircularArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
367 DrawInsertCloudCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
368 DrawInsertCube 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
369 DrawInsertCurve 作業中のウィンドウでクリックした点どうしを滑らかに結ぶ曲線を挿入します。        
370 DrawInsertCurvedDownArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
371 DrawInsertCurvedDownRibbon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
372 DrawInsertCurvedLeftArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
373 DrawInsertCurvedRightArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
374 DrawInsertCurvedUpArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
375 DrawInsertCurvedUpRibbon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
376 DrawInsertCycleChart 新しいドーナツ型の図表を挿入します        
377 DrawInsertDiagram 新しい図表を挿入します        
378 DrawInsertDiagramShape 図表内に図形を挿入します        
379 DrawInsertDiamond 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
380 DrawInsertDonut 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
381 DrawInsertDoubleArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、双方向の矢印を描きます。        
382 DrawInsertDoubleWave 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
383 DrawInsertDownArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
384 DrawInsertDownArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
385 DrawInsertDrawingCanvas 新しい描画キャンバス オブジェクトを挿入します        
386 DrawInsertExplosion1 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
387 DrawInsertExplosion2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
388 DrawInsertFilledFreeform 塗りつぶされた多角形を描きます。        
389 DrawInsertFilledPolygon 塗りつぶされた多角形を描きます。        
390 DrawInsertFlowchartAlternateProcess 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
391 DrawInsertFlowchartCollate 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
392 DrawInsertFlowchartConnector 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
393 DrawInsertFlowchartDecision 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
394 DrawInsertFlowchartDelay 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
395 DrawInsertFlowchartDisplay 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
396 DrawInsertFlowchartDocument 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
397 DrawInsertFlowchartExtract 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
398 DrawInsertFlowchartInputOutput 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
399 DrawInsertFlowchartInternalStorage 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
400 DrawInsertFlowchartMagneticDisk 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
401 DrawInsertFlowchartMagneticDrum 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
402 DrawInsertFlowchartMagneticTape 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
403 DrawInsertFlowchartManualInput 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
404 DrawInsertFlowchartManualOperation 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
405 DrawInsertFlowchartMerge 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
406 DrawInsertFlowchartMultidocument 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
407 DrawInsertFlowchartOfflineStorage 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
408 DrawInsertFlowchartOffpageConnector 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
409 DrawInsertFlowchartOnlineStorage 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
410 DrawInsertFlowchartOr 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
411 DrawInsertFlowchartPredefinedProcess 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
412 DrawInsertFlowchartPreparation 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
413 DrawInsertFlowchartProcess 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
414 DrawInsertFlowchartPunchedCard 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
415 DrawInsertFlowchartPunchedTape 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
416 DrawInsertFlowchartSort 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
417 DrawInsertFlowchartSummingJunction 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
418 DrawInsertFlowchartTerminator 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
419 DrawInsertFoldedCorner 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
420 DrawInsertFreeform 直線と曲線の両方を含むオブジェクトを描きます。        
421 DrawInsertHeart 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
422 DrawInsertHexagon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
423 DrawInsertHomePlate 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
424 DrawInsertHorizontalScroll 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
425 DrawInsertInkSpace インク領域の挿入        
426 DrawInsertIsoscelesTriangle 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
427 DrawInsertLeftArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
428 DrawInsertLeftArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
429 DrawInsertLeftBrace 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
430 DrawInsertLeftBracket 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
431 DrawInsertLeftRightArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
432 DrawInsertLeftRightArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
433 DrawInsertLeftUpArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
434 DrawInsertLightningBolt 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
435 DrawInsertLine 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、直線を描きます。        
436 DrawInsertMoon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
437 DrawInsertNoSmoking 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
438 DrawInsertNotchedCircularArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
439 DrawInsertNotchedRightArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
440 DrawInsertOctagon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
441 DrawInsertOrgChart 新しい組織図を挿入します        
442 DrawInsertOrgChartAssistant 組織図にアシスタントを挿入します        
443 DrawInsertOrgChartCoworker 組織図に従業員を挿入します        
444 DrawInsertOrgChartSubordinate 組織図に部下を挿入します        
445 DrawInsertOval 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
446 DrawInsertParallelogram 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
447 DrawInsertPentagon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
448 DrawInsertPlaque 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
449 DrawInsertPlus 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
450 DrawInsertPolygon 多角形を描きます。        
451 DrawInsertQuadArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
452 DrawInsertQuadArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
453 DrawInsertRadialChart 新しい放射型の図表を挿入します        
454 DrawInsertRectangle 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
455 DrawInsertRectangularCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
456 DrawInsertRibbon 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
457 DrawInsertRibbon2 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
458 DrawInsertRightArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
459 DrawInsertRightArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
460 DrawInsertRightBrace 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
461 DrawInsertRightBracket 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
462 DrawInsertRightTriangle 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
463 DrawInsertRoundedRectangle 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
464 DrawInsertRoundedRectangularCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
465 DrawInsertScribble 作業中のウィンドウでドラッグした位置に、フリーハンドの線を描きます。        
466 DrawInsertSeal16 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
467 DrawInsertSeal24 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
468 DrawInsertSeal32 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
469 DrawInsertSeal4 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
470 DrawInsertSeal8 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
471 DrawInsertSmileyFace 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
472 DrawInsertStackedChart 新しいピラミッド型の図表を挿入します        
473 DrawInsertStar 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
474 DrawInsertStripedRightArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
475 DrawInsertSun 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
476 DrawInsertTrapezoid 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
477 DrawInsertUpArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
478 DrawInsertUpDownArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
479 DrawInsertUpDownArrowCallout 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
480 DrawInsertUTurnArrow 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
481 DrawInsertVennDiagram 新しいベン図形型の図表を挿入します        
482 DrawInsertVerticalScroll 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
483 DrawInsertWave 作業中のウィンドウでクリックまたはドラッグした位置に、オートシェイプを描きます。        
484 DrawInsertWordArt Microsoft Office 描画オブジェクトを挿入して、文字の効果を作成します。        
485 DrawInsertWordPicture 図オブジェクトを作成します、または描画オブジェクトを図に変換します。        
486 DrawLayoutOrgChartHorizontal1 標準のレイアウトを組織図の図形に適用します        
487 DrawLayoutOrgChartHorizontal2 左右に展開するレイアウトを組織図の図形に適用します        
488 DrawLayoutOrgChartVertical1 右に展開するレイアウトを組織図の図形に適用します        
489 DrawLayoutOrgChartVertical2 左に展開するレイアウトを組織図の図形に適用します        
490 DrawLineColor コマンドの説明は必要ありません。        
491 DrawLineToggle 選択したオブジェクトの線を削除します。 または、選択したオブジェクトに既定のスタイルの線を追加します。        
492 DrawMarqueeObjects マウス ポインターを十字形に変更します。 作業中のウィンドウで四角形を描くようにドラッグすると、その中に含まれるオブジェクトをすべて選択できます。        
493 DrawMenu3DColor 選択したオートシェイプに、最近使用した 3-D の色を適用します。        
494 DrawMenuShadowColor 選択したオートシェイプに、最近使用した影の色を適用します。        
495 DrawMoreColorsLines その他の線と色のオプションを表示します。        
496 DrawMoreSize その他のサイズ オプションを表示します。        
497 DrawMoveDiagramShapeBackward 選択した図形を上に移動する        
498 DrawMoveDiagramShapeForward 選択した図形を下に移動する        
499 DrawNudgeDown 描画オブジェクトを下へ移動します。        
500 DrawNudgeDownOnePixel 選択したオブジェクトを 1 ピクセル分下へ移動します。        
501 DrawNudgeLeft 描画オブジェクトを左へ移動します。        
502 DrawNudgeLeftOnePixel 選択したオブジェクトを 1 ピクセル分左へ移動します。        
503 DrawNudgeRight 描画オブジェクトを右へ移動します。        
504 DrawNudgeRightOnePixel 選択したオブジェクトを 1 ピクセル分右へ移動します。        
505 DrawNudgeUp 描画オブジェクトを上へ移動します。        
506 DrawNudgeUpOnePixel 選択したオブジェクトを 1 ピクセル分右へ移動します。        
507 DrawOpenFreeform 閉じた曲線の始点と終点の間に空白を挿入し、開いた曲線にします。        
508 DrawOrgChartFitText 組織図ノード内の文字の均等割り付け        
509 DrawOrgChartSelectAllAssistants すべてのアシスタントを選択します        
510 DrawOrgChartSelectAllConnectors すべてのコネクタを選択します        
511 DrawOrgChartSelectBranch 分岐のすべてのノードを選択します        
512 DrawOrgChartSelectLevel 同じレベルのすべてのノードを選択します        
513 DrawOrgChartStyle 図表のスタイルを適用        
514 DrawPen 選択したインク オブジェクトに対して、インク カラーの追加、修正あるいは削除を行います。        
515 DrawPenStyle 選択したインク オブジェクトに対して、インク カラーの追加、修正あるいは削除を行います。        
516 DrawPicture Fill 図の塗りつぶしを選択できる [図] ダイアログ ボックスを開きます        
517 DrawPictureAutomatic 選択した図の色とコントラストを元の状態に戻します。        
518 DrawPictureBlackAndWhite 選択した図を白黒のイメージ (ライン アート) に変換します。        
519 DrawPictureGrayscale 選択した図をグレースケールのイメージに変換します。        
520 DrawPictureInline 選択した図を、現在の段落の行内に配置し、通常のテキストと同じく扱えるようにします。        
521 DrawPictureLessBrightness 黒の配分を多くして、選択した図の色を暗くします。        
522 DrawPictureLessContrast 選択した図の色の鮮やかさを控えめにします。        
523 DrawPictureMoreBrightness 白の配分を多くして、選択した図の色を明るくします。        
524 DrawPictureMoreContrast 選択した図の色の鮮やかさを多めにします。        
525 DrawPictureReset 選択した図をトリミング前の状態に戻し、色、明るさ、およびコントラストを元の設定に戻します。        
526 DrawPictureWatermark 選択した図を、明るい低コントラストの図に変換します。        
527 DrawPointAdd 曲線上の右クリックした位置に、新しい頂点を追加します。        
528 DrawPointAuto 接線を自動的に計算します。 接点と接線は表示されません。        
529 DrawPointCorner 2 本の接線の長さと角度を個別に変更できるようにします。        
530 DrawPointDelete 選択した曲線の頂点を削除し、その両側にある 2 つの頂点を線で結びます。        
531 DrawPointSmooth 両方の接点が原点から同じ間隔を置いて表示され、互いに 180 度離れるようにします。        
532 DrawPointStraight 接線が常に 180 度になるようにします。ただし、各接線の長さは別々に変更できます。        
533 DrawRegroup [グループ解除] コマンドを使用して分解したグループのオブジェクトを、再び同じグループにまとめます。        
534 DrawResetWordPicture 図の大きさに合わせて外枠を再設定します。        
535 DrawReshape フリー多角形の形状を変更します。        
536 DrawReverseDiagram 図表の方向を反転します        
537 DrawRotateLeft 描画オブジェクトを左に 90 度回転します。        
538 DrawRotateRight 描画オブジェクトを右に 90 度回転します。        
539 DrawRunCag Microsoft クリップ オーガナイザーを起動します        
540 DrawRunCagForMovies Microsoft クリップ オーガナイザーを起動しビデオを検索します        
541 DrawRunCagForPictures Microsoft クリップ オーガナイザーを起動し図を検索します        
542 DrawRunCagForShapes Microsoft クリップ オーガナイザーを起動しオートシェイプを検索します        
543 DrawRunCagForSounds Microsoft クリップ オーガナイザーを起動しサウンドを検索します        
544 DrawSegmentCurved 選択した直線の線分を曲線の線分に変更します。        
545 DrawSegmentStraight 選択した曲線の線分を直線の線分に変更します。        
546 DrawSelectAll 作業中のウィンドウにあるすべてのグラフィックスを選択します。        
547 DrawSelectMultiObjects コマンドの説明は必要ありません。        
548 DrawSelectNext 次の描画オブジェクトを選択します。        
549 DrawSelectPrevious 前の描画オブジェクトを選択します。        
550 DrawSendBehindText 選択した描画オブジェクトをテキストの背面に移動します。        
551 DrawSetArrowStyle 矢印に設定できるスタイルなどのオプションを表示します。        
552 DrawSetFillColor [色の設定] ダイアログ ボックスを表示します。 このダイアログ ボックスのオプションを使用すると、既存の色を選択したり、必要な色を作成することができます。        
553 DrawSetFillEffect [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスを表示します。 このダイアログ ボックスのオプションを使用すると、図、グラデーション、テクスチャ、塗りつぶしパターンなどを設定できます。        
554 DrawSetLineColor 線に設定できるその他の色を表示します。        
555 DrawSetLinePattern 選択したオブジェクトの線に設定できるパターンを表示します。        
556 DrawSetTransparentColor 選択したビットマップに透明な色を設定します。 透明にする色をクリックしてください。 この機能は、ビットマップ イメージが選択されている場合にのみ使用できます。        
557 DrawShadowColor 選択したオブジェクトの影に設定できるその他の色を表示します。        
558 DrawShadowCustomize [影の設定] ツールバーを表示します。 このツールバーを使用して、オブジェクトの影を細かく調整することができます。        
559 DrawShadowNudgeDown 選択したオブジェクトの影を少し下へずらします。        
560 DrawShadowNudgeLeft 選択したオブジェクトの影を少し左へずらします。        
561 DrawShadowNudgeRight 選択したオブジェクトの影を少し右へずらします。        
562 DrawShadowNudgeUp 選択したオブジェクトの影を少し上へずらします。        
563 DrawShadowSemiTransparentToggle 半透明の影を設定または解除します。        
564 DrawShadowToggle 選択したオブジェクトの影を追加または削除します。 影を追加する場合、既定の影の設定が使用されます。        
565 DrawShowAutoShapesAndDrawingToolbars コマンドの説明は必要ありません。        
566 DrawSnapToGrid グリッド線を設定します。        
567 DrawTextBox テキスト ボックスを描画します。 または、選択されている内容をテキスト ボックスで囲みます。        
568 DrawTextBox2 テキスト ボックスを描画します。または、選択されている内容をテキスト ボックスで囲みます。        
569 DrawTextBoxEA テキスト ボックスを描画します。または、選択されている内容をテキスト ボックスで囲みます。        
570 DrawToggleCanvasResize キャンバスの描画領域のサイズを変更する        
571 DrawToggleCanvasScale 描画のサイズ変更        
572 DrawToggleCanvasToolbar キャンバス ツールバーを切り替えます        
573 DrawToggleCropMode 図をトリミングします。または、トリミングした図を元に戻します。        
574 DrawToggleDiagramResize 図表の描画領域のサイズ変更        
575 DrawToggleDiagramScale 図表の描画領域のサイズ変更        
576 DrawToggleEditPointsMode 選択したフリーフォーム オブジェクトの周囲または曲線に頂点を表示します。頂点をドラッグして、オブジェクトや曲線の形を変えることができます。        
577 DrawToggleInkAnnotationToolbar [インク注釈] ツールバーの切り替え        
578 DrawToggleInkToolbar [インク]  ツールバーの切り替え        
579 DrawToggleLayer 描画オブジェクトの配置をテキストの前面にするか背面にするかを切り替えます。        
580 DrawToggleOrgChartResize 組織図の描画領域のサイズ変更        
581 DrawToggleOrgChartScale 組織図のサイズ変更        
582 DrawTogglePictureToolbar [図] ツールバーの表示と非表示を切り替えます。        
583 DrawToggleRotateMode 選択したオブジェクトを任意の角度に回転します。        
584 DrawToggleSelectObjectMode マウス ポインターを選択矢印に変更します。 作業中のウィンドウで四角形を描くようにドラッグすると、その中に含まれるオブジェクトをすべて選択できます。        
585 DrawToggleWordArtToolbar [ワードアート] ツールバーの表示と非表示を切り替えます。        
586 DrawUngroup グループ化した描画オブジェクトを個々の描画オブジェクトに戻します。        
587 DrawUnselect 描画オブジェクトの選択を解除します。        
588 DrawVerticalTextBox 縦書きテキスト ボックスを描画します。 または、選択されている内容を縦書きテキスト ボックスで囲みます。        
589 DrawVerticalTextBox2 縦書きテキスト ボックスを描画します。または、選択されている内容を縦書きテキスト ボックスで囲みます。        
590 DrawWordArtAlignCenter 選択したワードアート オブジェクトのテキストを、各行の中央に揃えて配置します。        
591 DrawWordArtAlignLeft 選択したワードアート オブジェクトのテキストを、各行の左端に揃えて配置します。        
592 DrawWordArtAlignLetterJustify 選択したオブジェクトのテキストを、各行の両端に揃えて配置します。 それぞれの単語および文字の間に適切なスペースが挿入され、テキストが均等に割り付けられます。        
593 DrawWordArtAlignRight 選択したオブジェクトのテキストを、各行の右端に揃えて配置します。        
594 DrawWordArtAlignStretchJustify 選択したオブジェクトのテキストを、各行の両端に揃えて配置します。 テキストが均等に割り付けられるように拡大されます。 単語や文字の間にスペースは挿入されません。        
595 DrawWordArtAlignWordJustify 選択したオブジェクトのテキストを、各行の両端に揃えて配置します。 それぞれの単語の間に適切なスペースが挿入され、テキストが均等に割り付けられます。 文字の間にスペースは挿入されません。        
596 DrawWordArtAutoFormat [ワードアート ギャラリー] ダイアログ ボックスを表示します。 このダイアログ ボックスを使用して、選択したワードアート オブジェクトのスタイルを変更できます。        
597 DrawWordArtKern 単語内の文字間隔を自動的に調整して、単語全体の文字間隔が等しく見えるようにします。        
598 DrawWordArtRotateCharacters 選択したワードアート オブジェクトのテキストを縦方向に配置します。        
599 DrawWordArtSetCharactersToSameHeight 選択したワードアート オブジェクトに含まれるすべての文字を同じ高さに揃えます。        
600 DrawWordArtSpacingLoose オブジェクトのテキストの文字間隔を変更します。        
601 DrawWordArtSpacingNormal オブジェクトのテキストに標準の文字間隔を設定します。        
602 DrawWordArtSpacingTight オブジェクトのテキストの文字間隔を狭くします。        
603 DrawWordArtSpacingVeryLoose オブジェクトのテキストの文字間隔を最も広くします。        
604 DrawWordArtSpacingVeryTight オブジェクトのテキストの文字間隔を最も狭くします。        
605 DrawWordArtStretchToFill 選択したオブジェクトのテキストがオブジェクト全体に表示されるように、テキストを縦および横方向に拡大します。        
606 DropDownFormField ドロップダウン フォーム フィールドを挿入します。        
607 E2oWordArtGallery E2o ワードアート ギャラリー        
608 E2oWordArtGalleryTruncated E2o ワードアート ギャラリー        
609 EditAutoText 定型句を登録、または登録した定型句を挿入します。        
610 EditBookmark 選択範囲に名前を付けます。 Ctrl+Shift+F5      
611 EditCitation 引用文献を編集します。        
612 EditClear カーソル位置の直後または選択範囲をクリップボードにコピーせずに削除します。 Del      
613 EditConvertAllEndnotes すべての文末脚注を脚注に変換します。        
614 EditConvertAllFootnotes すべての脚注を文末脚注に変換します。        
615 EditConvertNotes 選択した脚注を文末脚注に、文末脚注を脚注に変換します。        
616 EditCopy 選択した内容をクリップボードにコピーします。 Ctrl+C Ctrl+Ins    
617 EditCopyAsPicture 選択した内容をクリップボードにピクチャ形式でコピーします。        
618 EditCut 選択した内容をクリップボードに切り取ります。 Ctrl+X Shift+Del    
619 EditFind 指定した文字列または書式を検索します。        
620 EditFindReadingMode 指定した文字列または書式を検索します。        
621 EditGoTo 作業中の文書の指定した位置に移動します。 Ctrl+G F5    
622 EditHyperlink ハイパーリンクを編集します。        
623 EditIMEReconversion 確定されている文字を再変換します。        
624 EditLinks リンク情報を表示、更新、編集、削除できるようにします。        
625 EditMode 編集モードにします。        
626 EditObject 選択したオブジェクトを開いて編集できるようにします。        
627 EditObjectText テキストを編集します。        
628 EditOfficeClipboard Office クリップボードの内容を表示します。        
629 EditPaste クリップボードの内容をカーソル位置に挿入します。 Ctrl+V Shift+Ins    
630 EditPaste2 クリップボードの内容をカーソル位置に挿入します。        
631 EditPasteAppendTable クリップボードの内容をカーソル位置に挿入します。        
632 EditPasteAsHyperlink クリップボードの内容をハイパーリンクとして挿入します。        
633 EditPasteAsNestedTable クリップボードの内容をカーソル位置に挿入します。        
634 EditPasteFromExcel クリップボードの内容をカーソル位置に挿入します。        
635 EditPasteOption 特定の復元オプションを使用してカーソル位置にクリップボードの内容を挿入します。        
636 EditPasteSpecial クリップボードの内容を形式を指定して挿入します。 Alt+Ctrl+V      
637 EditPictureEdit 選択した図を描画キャンバスに変換します。        
638 EditRedo 直前に元に戻した操作をやり直します。 Alt+Shift+BackSpace      
639 EditRedoOrRepeat 直前の操作をもう一度実行します。 Ctrl+Y F4 Alt+Enter  
640 EditReplace 指定した文字列または書式を検索して置換します。 Ctrl+H      
641 EditSelectAll 文書全体を選択します。 Ctrl+A Ctrl+Clear (Num 5) Ctrl+Num 5  
642 EditSource [資料文献の編集] ダイアログ ボックスを開きます。        
643 EditSwapAllNotes すべての脚注を文末脚注に、文末脚注を脚注に変更します。        
644 EditTOACategory 引用文献一覧の分類名を変更します        
645 EditUndo 直前の操作を元に戻します。 Ctrl+Z Alt+BackSpace    
646 EditUpdateIMEDic 日本語入力用のユーザー辞書に単語を登録します。        
647 EditWrapBoundary 図、または描画オブジェクトの折り返しを変更します。        
648 EmailAttachmentOptions 添付ファイルのオプションの作業ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。        
649 EmailCheckNames 電子メールの受取人の名前を確認します。        
650 EmailChooseAccount 電子メール アカウントの選択をアクティブにします。        
651 EmailEnvelope 電子メールを表示します。        
652 EmailFlag 電子メールの [メッセージ フラグ] ダイアログ ボックスを表示します。        
653 EmailFocusIntroduction 電子メールの備考フィールドにフォーカスを移動します。        
654 EmailFocusSubject 電子メールの件名フィールドにフォーカスを移動します。        
655 EmailMessageOptions 電子メールの [オプション] ダイアログ ボックスを表示します。        
656 EmailOptions 電子メール機能のオプションを設定します。        
657 EmailSaveAttachment 電子メールの添付ファイルを保存します。        
658 EmailSelectBccNames 電子メールのアドレス帳を開いて Bcc フィールドに受取人を指定します。        
659 EmailSelectCcNames 電子メールのアドレス帳を開いて Cc フィールドに受取人を指定します。        
660 EmailSelectNames 電子メールのアドレス帳を表示します。        
661 EmailSelectToNames 電子メールのアドレス帳を開いて To フィールドに受取人を指定します。        
662 EmailSend 電子メールの送信コマンドを実行します。        
663 EmailSignatureOptions 自動署名を登録または変更します。        
664 EmailStationeryOptions ひな形を登録または変更します。        
665 EndOfColumn 現在の列の最後のセルへ移動します。 Alt+PageDown Alt+Shift+PageDown    
666 EndOfDocExtend 選択範囲を文書の最終行まで拡張します。 Ctrl+Shift+End      
667 EndOfDocument カーソルを文書の最終行へ移動します。 Ctrl+End      
668 EndOfLine カーソルを現在の行の最後へ移動します。 End      
669 EndOfLineExtend 選択範囲を現在の行の最後まで拡張します。 Shift+End      
670 EndOfRow 現在の行の最後のセルへ移動します。 Alt+End Alt+Shift+End    
671 EndOfWindow カーソルを画面の最終行へ移動します。 Alt+Ctrl+PageDown      
672 EndOfWindowExtend 選択範囲を画面の最終行まで拡張します。 Alt+Ctrl+Shift+PageDown      
673 EndReview 文書の校閲を終了します。        
674 EnglishAssistance 英文を記述するときの追加の情報源とヘルプ        
675 EngWritingAssistant 英文アシスタント        
676 EnvelopeSetup 封筒オプションを設定します。        
677 EnvelopeWizard 封筒作成ウィザードを起動します。        
678 EquationAlignAtEquals 数式に配置ポイントを挿入または削除します。        
679 EquationAlignThisCharacter 数式に配置ポイントを挿入または削除します。        
680 EquationArrayExpansion 複数行の数式を列幅に拡大します。        
681 EquationAutoProfessionalFormat 自動的に 2 次元形式に変換します。        
682 EquationBarLocation 線の位置を変更します。        
683 EquationCenteredAsGroupJustification 数式をグループ化して中央揃えで配置します。        
684 EquationCenteredJustification 数式を中央揃えで配置します。        
685 EquationChangeStyle 数式スタイルを変更します (独立数式または文中数式)。        
686 EquationDecreaseAlignment 任意指定の改行の後の配置ポイントを縮小します。        
687 EquationDecreaseArgumentSize 引数を縮小します。        
688 EquationDeleteArgument 引数を削除します。        
689 EquationDeleteColumn 行列オブジェクトから列を削除します。        
690 EquationDeleteRow 行列オブジェクトから行を削除します。        
691 EquationEquationArraySpacing 複数行の数式の間隔を設定します。        
692 EquationExpansion 数式を複数行の数式の列幅に拡大します。        
693 EquationGroupingCharacterLocation グループ文字の位置を変更します。        
694 EquationHorizontalCenter 左右中央揃えで配置します。        
695 EquationHorizontalLeft 左揃えで配置します。        
696 EquationHorizontalRight 右揃えで配置します。        
697 EquationIncreaseAlignment 任意指定の改行の後の配置ポイントを拡大します。        
698 EquationIncreaseArgumentSize 引数を拡大します。        
699 EquationInsert 数式を挿入します。        
700 EquationInsertArgumentAfter 新しい引数を挿入します。        
701 EquationInsertArgumentBefore 新しい引数を挿入します。        
702 EquationInsertColumnAfter 行列オブジェクトに列を挿入します。        
703 EquationInsertColumnBefore 行列オブジェクトに列を挿入します。        
704 EquationInsertEmptyStructure 数式構造を挿入します。        
705 EquationInsertRowAfter 行列オブジェクトに行を挿入します。        
706 EquationInsertRowBefore 行列オブジェクトに行を挿入します。        
707 EquationInsertStructure 数式構造を挿入します。        
708 EquationInsertSymbol 数式記号を挿入します。        
709 EquationLeftJustification 数式を左揃えで配置します。        
710 EquationLimitLocation 極限の位置を変更します。        
711 EquationLinearFormat 行形式に変換します。        
712 EquationLinearFraction 分数 (横)        
713 EquationManualBreak 数式に任意指定の改行を挿入または削除します。        
714 EquationMatchDelimiters 区切り記号を引数の高さに合わせます。        
715 EquationMathAutoCorrect 数式オートコレクトの項目を追加または削除します。        
716 EquationMatrixSpacing 行列の間隔を設定します。        
717 EquationNaryLimitLocation 極限の位置を変更します。        
718 EquationNoBarFraction 分数 (罫なし)        
719 EquationNormalText 選択した文字列を標準テキストに設定または解除します。        
720 EquationProfessionalFormat 2 次元形式に変換します。        
721 EquationRecognizedFunctions 数式で認識済みの関数を追加または削除します。        
722 EquationRemoveStructure 数式構造を削除します。        
723 EquationRemoveSubscript 下付き文字を削除します。        
724 EquationRemoveSuperscript 上付き文字を削除します。        
725 EquationRightJustification 数式を右揃えで配置します。        
726 EquationScriptAlignment 上付き/下付き文字の位置揃えを変更します。        
727 EquationScriptLocation 上付き/下付き文字の位置を変更します。        
728 EquationShowHideBorderBLTRStrike 左下からの取り消し線を追加または削除します。        
729 EquationShowHideBorderBottom 下端の表示/非表示を切り替えます。        
730 EquationShowHideBorderHorizontalStrike 横の取り消し線を追加または削除します。        
731 EquationShowHideBorderLeft 左端の表示/非表示を切り替えます。        
732 EquationShowHideBorderRight 右端の表示/非表示を切り替えます。        
733 EquationShowHideBorderTLBRStrike 左上からの取り消し線を追加または削除します。        
734 EquationShowHideBorderTop 上端の表示/非表示を切り替えます。        
735 EquationShowHideBorderVerticalStrike 縦の取り消し線を追加または削除します。        
736 EquationShowHideClosingDelimiter 右文字の表示/非表示を切り替えます。        
737 EquationShowHideLowerLimit 下極限の表示/非表示を切り替えます。        
738 EquationShowHideOpeningDelimiter 左文字の表示/非表示を切り替えます。        
739 EquationShowHidePlaceholders 行列内のプレースホルダーの表示/非表示を切り替えます。        
740 EquationShowHideRadicalDegree 根の次数の表示/非表示を切り替えます。        
741 EquationShowHideUpperLimit 上極限の表示/非表示を切り替えます。        
742 EquationSkewedFraction 分数 (斜め)        
743 EquationsOptions 数式オプション        
744 EquationStackedFraction 分数 (縦)        
745 EquationStretchDelimiters 区切り記号を拡大します。        
746 EquationStretchNaryOperator N 項文字を拡大します。        
747 EquationToggle 数式を挿入します。 Alt+=      
748 EquationVerticalBottom 下揃えで配置します。        
749 EquationVerticalCenter 上下中央揃えで配置します。        
750 EquationVerticalTop 上揃えで配置します。        
751 ExpandAllHeadings 文書内のすべての見出しを展開します。        
752 Expanded: 選択範囲の文字間隔を広くします。        
753 ExpandHeading 折りたたんだ見出しを展開します。 Alt+Shift++ Alt+Shift+Num +    
754 ExtendSelection 拡張選択モードをオンにして、方向キーで選択範囲を拡張します。 F8      
755 FaxService インターネット経由でこの文書を FAX に送信します。        
756 FileCheckin 文書をチェックインします。        
757 FileCheckout 文書をチェックアウトします。        
758 FileClose 作業中の文書を閉じます。        
759 FileCloseAll すべての文書を閉じます。        
760 FileCloseOrCloseAll FileClose を実行します。 Shift キーが押されていれば FileCloseAll を実行します。        
761 FileCloseOrExit 作業中の文書を閉じます。開いている文書が 1 つだけの場合は Word を終了します。 Alt+F4      
762 FileConfirmConversions ファイルを開くときに、ファイル変換の確認をする/しないを切り替えます。        
763 FileExit Microsoft Word を終了します。        
764 FileFind ファイルを検索します。        
765 FileMoveCachedChanges 作業中の文書を保存し、Office ドキュメント キャッシュからすべての変更を削除します。        
766 FileNew [新しい文書] 作業ウィンドウを開きます。        
767 FileNewContext 標準テンプレート (Normal.dot) をもとに、新しい文書を作成します。        
768 FileNewDefault 標準テンプレート (Normal.dot) をもとに、新しい文書を作成します。 Ctrl+N      
769 FileNewDialog 標準テンプレート (Normal.dot) をもとに、新しい文書を作成します。        
770 FileNewEmail 新しい電子メール メッセージを作成します。        
771 FileNewPrint 標準テンプレート (Normal.dot) をもとに、新しい文書を作成します。        
772 FileNewWeb 標準テンプレート (Normal.dot) をもとに、新しい文書を作成します。        
773 FileOpen 既存の文書またはテンプレートを開きます。 Ctrl+F12 Alt+Ctrl+F2    
774 FileOpenFile: この文書を開きます。        
775 FileOpenUsingBackstage Backstage で [開く] を使用して文書またはテンプレートを開きます Ctrl+O      
776 FilePageSetup 選択したセクションのページ設定を変更します。        
777 FilePermission 文書へのアクセスの制限        
778 FilePost 作業中の文書を Exchange フォルダーに投稿します。        
779 FilePrint 作業中の文書を印刷します。        
780 FilePrintDefault 作業中の文書を既定の設定で印刷します。        
781 FilePrintPreview ページ全体を印刷時のイメージで表示します。        
782 FilePrintPreviewFullScreen 全画面表示と通常の画面表示を切り替えます。        
783 FilePrintSetup プリンターや印刷オプションを変更します。        
784 FileProperties 作業中の文書についての情報を表示または変更します。        
785 FileSave 作業中の文書またはテンプレートを保存します。 Ctrl+S Shift+F12 Alt+Shift+F2  
786 FileSaveAll 作業中のすべてのファイル、マクロ、文書パーツを保存します。        
787 FileSaveAs 作業中の文書を別の名前で保存します。 F12      
788 FileSaveAsOtherFormats 作業中の文書を別の名前で保存します。        
789 FileSaveAsWebPage 作業中の文書を別の名前で保存します。        
790 FileSaveCopyAs お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
791 FileSaveFilteredWebPage フィルター処理された HTML Web ページ形式でファイルを保存します。        
792 FileSaveFrameAs 作業中のフレーム ドキュメントを別の名前で保存します。        
793 FileSaveHtml 文書を HTML 形式で保存します。        
794 FileSaveOdt OpenDocument テキスト形式でファイルを保存します。        
795 FileSaveRtf リッチ テキスト形式でファイルを保存します。        
796 FileSaveTxt テキスト形式でファイルを保存します。        
797 FileSaveWebPageHtm HTML 形式でファイルを保存します。        
798 FileSaveWord11 文書を Word 97-2003 形式で保存します。        
799 FileSaveWordDocx 文書を DOCX 形式で保存します。        
800 FileSaveWordDotx 文書を DOTX テンプレート形式で保存します。        
801 FileSaveXml Word XML ドキュメント形式でファイルを保存します。        
802 FileSaveXml11 Word 2003 XML ドキュメント形式でファイルを保存します。        
803 FileSendBlog 作業中の文書をブログに送信します。        
804 FileSendMail 電子メール システムを使って、作業中の文書を送信または回覧します。        
805 FileSendPdf 作業中の文書を、PDF 形式の添付ファイルとして電子メールで送信します。        
806 FileSendXps 作業中の文書を、XPS 形式の添付ファイルとして電子メールで送信します。        
807 FileSummaryInfo 作業中の文書についての情報を表示します。        
808 FileTemplates 作業中のテンプレートやテンプレート オプションを変更します。        
809 FileUndoCheckout 文書のチェックアウトを取り消します。        
810 FileVersionsServer 文書のサーバー バージョンを管理します。        
811 FillColorPicker 塗りつぶしの色の選択        
812 FillPolicyLabel ラベルにデータを入力します。        
813 FindOptionsDialog 検索オプションを変更します。        
814 FixMe Office のファイルをチェックして修復します。        
815 FixPositionOnPage 選択した描画オブジェクトを、文字列に追従して動かないようにします。        
816 FlyoutAnchorReviewPeopleFilter 変更履歴をユーザー別に表示するメニュー        
817 FlyoutAnchorReviewTimeFilter 変更履歴を時間別にフィルターするメニュー        
818 Font 選択した文字のフォントを設定します。 Ctrl+Shift+F      
819 FontColor 選択した文字列の色を変更します。        
820 FontColorPicker フォントの色の一覧を表示します。        
821 FontSize: 選択範囲のフォントのサイズを変更します。        
822 FontSizeSelect 選択範囲のフォントのサイズを変更します。 Ctrl+Shift+P      
823 FontSubstitution 文書で使用する代替フォントを変更します。        
824 FormatAddrFonts 宛先のフォントの書式を設定します。        
825 FormatAutoFormat 文書の書式を自動的に設定します。 Alt+Ctrl+K      
826 FormatAutoFormatBegin 文書の書式を自動的に設定します。        
827 FormatBackgroundColor 文書の背景色を設定します。        
828 FormatBackgroundFillEffect 背景色に塗りつぶし効果を設定します。        
829 FormatBackgroundMoreColors 背景色として設定できる色の一覧を表示します。        
830 FormatBackgroundWatermark 背景に透かしを入れます。        
831 FormatBordersAndShading 選択した段落、表のセル、図の罫線/網かけを変更します。        
832 FormatBulletDefault 既定値に基づいて箇条書きを作成します。        
833 FormatBulletsAndNumbering 箇条書きの行頭文字や段落番号を変更します。        
834 FormatCallout 選択した吹き出しの書式を設定します。または、吹き出しの既定の設定を選択します。        
835 FormatChangeCase 選択した範囲内の英字の大文字/小文字を変更します。        
836 FormatChangeCaseFareast 選択した範囲内の文字列の種類を変更します。        
837 FormatColumns 段組みの設定を変更します。        
838 FormatCombineCharacters 組み文字        
839 FormatConsistencyCheck 書式の整合性を調べます。        
840 FormatDrawingObject 選択した描画オブジェクトのプロパティを変更します。        
841 FormatDrawingObjectWrapBehind 選択した描画オブジェクトを文字列の背面に配置するように設定します。        
842 FormatDrawingObjectWrapFront 選択した描画オブジェクトを文字列の前面に配置するように設定します。        
843 FormatDrawingObjectWrapInline 選択した描画オブジェクトを行内に配置するように設定します。        
844 FormatDrawingObjectWrapNone 選択した描画オブジェクトの文字列の折り返しをなしに設定します。        
845 FormatDrawingObjectWrapSquare 選択した描画オブジェクトの周りを文字列が直角に折り返すように設定します。        
846 FormatDrawingObjectWrapThrough 選択した描画オブジェクトの周りを文字列がぎりぎりに折り返すように設定します。        
847 FormatDrawingObjectWrapTight 選択した描画オブジェクトの内部にも、文字列が表示されるように設定します。        
848 FormatDrawingObjectWrapTopBottom 選択した描画オブジェクトの上下に文字列が折り返すように設定します。        
849 FormatDropCap 段落の最初の文字をドロップキャップとして設定します。        
850 FormatEncloseCharacters 囲い文字を挿入します。        
851 FormatField 作業中の文書にフィールドを挿入します。        
852 FormatFillColor 選択したオートシェイプに、最近使用した塗りつぶしの色を適用します。        
853 FormatFitText 文字列に均等割り付けを設定します。        
854 FormatFont 選択した文字列の見た目を変更します。 Ctrl+D      
855 FormatFrame レイアウト枠の書式を設定します。        
856 FormatFrameOrFramePicture レイアウト枠の書式を設定します。        
857 FormatHeaderFooterLink ヘッダー/フッターを前のセクションと同じにします。 Alt+Shift+R      
858 FormatHeadingNumbering 見出し番号 (章番号) を設定します。        
859 FormatHorizontalInVertical 文字列に縦中横を設定します。        
860 FormatLineColor 選択したオートシェイプに、最近使用した線の色を適用します。        
861 FormatMultilevelDefault 既定値に基づいて段落番号を設定します。        
862 FormatNumberDefault 既定値に基づいて段落番号を設定します。        
863 FormatObjectCore 選択した描画オブジェクトのプロパティを変更します。        
864 FormatPageBordersAndShading 選択した段落、表のセル、図の罫線/網かけを変更します。        
865 FormatPageNumber ページ番号の書式を変更します。        
866 FormatParagraph 選択した段落の書式を設定します。        
867 FormatPhoneticGuide 作業中の文書で文字列にルビを追加します。        
868 FormatPicture 図のサイズやトリミングの値を変更します。        
869 FormatRetAddrFonts 差出人住所のフォントの書式を設定します。        
870 FormatSectionLayout 選択したセクションのページ書式を変更します。        
871 FormatSimpleNumberDefault 既定値に基づいて段落番号を設定します。        
872 FormatStyle スタイルの作成、変更、または設定を行います。        
873 FormatStyleByExample 現在選択されている文字列を使用してスタイルを作成します。        
874 FormatStyleGallery テンプレート内のスタイルを確認します、またはテンプレートからスタイルをコピーします。        
875 FormatStyleManagement スタイルシートの管理を行います。        
876 FormatStyleModify 選択したスタイルを変更します。        
877 FormatStyleVisibility 文書のスタイルの表示設定を変更します。        
878 FormatTabs 選択した段落にタブを設定します、または解除します。        
879 FormatTextFlow 縦書き/横書きを切り替えます。        
880 FormattingPane スタイルと書式の作成、変更、または設定を行います。 Alt+Ctrl+Shift+S      
881 FormattingPaneCurrent 文書の現在の書式を一覧表示します。        
882 FormattingProperties 書式の詳細設定の表示/非表示を切り替えます。 Shift+F1      
883 FormattingRestrictions 書式の設定を制限します。        
884 FormatTwoLinesInOne 文字列に割注を設定します。        
885 FormFieldOptions フォーム フィールドのオプションを変更します。        
886 FormShading フォーム フィールドの網かけ表示を切り替えます。        
887 ForwardHistoryItem お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
888 FrameProperties フレームのプロパティを変更します。        
889 FrameRemoveSplit 作業中のフレームを削除します。        
890 FramesetTOC 目次フレームを作成します。        
891 FramesetWizard 現在のウィンドウをフレームに変換します。        
892 FrameSplitAbove 作業中のフレームの上に新しいフレームを追加して分割します。        
893 FrameSplitBelow 作業中のフレームの下に新しいフレームを追加して分割します。        
894 FrameSplitLeft 作業中のフレームの左に新しいフレームを追加して分割します。        
895 FrameSplitRight 作業中のフレームの右に新しいフレームを追加して分割します。        
896 FreezeLayout 折り返し位置を固定します。        
897 GettingStartedPane お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
898 Glow 選択範囲に光彩の設定を適用します。        
899 GoBack 直前のカーソル位置へ戻ります。 Shift+F5 Alt+Ctrl+Z    
900 GotoCommentScope コメントの内容を強調表示します。        
901 GoToFirstPg お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
902 GoToFooter ヘッダーとフッターの間を移動します。        
903 GoToFurthestReadPg お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
904 GoToHeader ヘッダーとフッターの間を移動します。        
905 GoToHeaderFooter ヘッダーとフッター間をジャンプします。        
906 GoToLastPg お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
907 GoToNextComment 作業中の文書の次のコメントにジャンプします。        
908 GoToNextEndnote 作業中の文書の次の文末脚注へジャンプします。        
909 GoToNextFootnote 作業中の文書の次の脚注へジャンプします。        
910 GotoNextLinkedTextBox 次のリンクしたテキスト ボックスを選択します。        
911 GoToNextPage 作業中の文書の次のページへジャンプします。        
912 GoToNextSection 作業中の文書の次のセクションへジャンプします。        
913 GoToPreviousComment 作業中の文書の前のコメントにジャンプします。        
914 GoToPreviousEndnote 作業中の文書の前の文末脚注へジャンプします。        
915 GoToPreviousFootnote 作業中の文書の前の脚注へジャンプします。        
916 GoToPreviousPage 作業中の文書の前のページへジャンプします。        
917 GoToPreviousSection 作業中の文書の前のセクションへジャンプします。        
918 GotoPrevLinkedTextBox 前のリンクしたテキスト ボックスを選択します。        
919 GotoTableOfContents 文書内の最初の目次を選択します。        
920 GreetingSentence あいさつ文ウィザードを起動します。        
921 GrowFont 選択範囲のフォントのサイズを大きくします。 Ctrl+>      
922 GrowFontOnePoint 選択範囲のフォントのサイズを 1 ポイント大きくします。 Ctrl+]      
923 HangingIndent ぶら下げインデントを大きくします。 Ctrl+T      
924 HeadFootDiffFirstPage 最初のページに他のページと異なるヘッダーとフッターを使います。        
925 HeadFootDiffOddEvenPage 偶数ページと奇数ページで異なるヘッダーとフッターを使います。        
926 HeadingSort 範囲をアウトライン レベルごとに並べ替えます。        
927 Help Office アシスタントから、作業の内容に対応したヘルプを表示します。 F1      
928 HelpAbout システム情報、バージョン情報、著作権情報を表示します。        
929 HelpAW 入力した質問に対応するヘルプ トピックを表示します。        
930 HelpCheckForUpdates 更新プログラムのページをインターネット ブラウザーで表示します。        
931 HelpContactUs お問合せ先のページをインターネット ブラウザーで表示します。        
932 HelpContentsArabic アラビア語のヘルプの目次を表示します。        
933 HelpIchitaroHelp 一太郎ヘルプを表示します。        
934 HelpPSSHelp Microsoft Word の製品サポートに関する情報を表示します。        
935 HelpShowHide Office アシスタントの表示/非表示を切り替えます。        
936 HelpTipOfTheDay ワンポイント アドバイスを表示します。        
937 HelpTool コマンドや画面の各部分に対応したオンライン ヘルプを表示します。        
938 HelpUsingHelp ヘルプの使い方を表示します。        
939 Hidden 選択した文字列に隠し文字属性を設定/解除します。 Ctrl+Shift+H      
940 HideOutline アウトライン モードを解除します。        
941 Highlight 選択した範囲を蛍光ペンで強調します。 Alt+Ctrl+H      
942 HighlightColorPicker 蛍光ペンの色を選択するダイアログ ボックスを表示します。        
943 HighlightColorPickerRM 蛍光ペンの色を選択するダイアログ ボックスを表示します。        
944 HighlightUpdates 他のユーザーが変更した箇所の強調表示を適用/解除します。        
945 HyperlinkOpen ハイパーリンクを開きます。        
946 IgnoreAllConsistenceError 書式の整合性のエラーをすべて無視します。        
947 IgnoreConsistenceError 書式の整合性のエラーを無視します。        
948 IMEControl 日本語入力システムをオフにします。        
949 ImmersiveZoom 拡大したオブジェクトをイマーシブ ズーム ビューアーに表示します        
950 ImmersiveZoomGrow イマーシブ ビューの拡大率を上げます。        
951 ImmersiveZoomShrink イマーシブ ビューの拡大率を下げます。        
952 IncreaseIndent インデントを大きくします、または選択範囲を 1 レベル下げます。        
953 IncreaseParagraphSpacing 段落の間隔を 6 ポイント広くします。        
954 Indent 左インデントを次のタブ位置へ移動します。 Ctrl+M      
955 IndentChar 文字幅分ずつインデントします。        
956 IndentFirstChar 1 行目のみ文字幅分ずつインデントします。        
957 IndentFirstLine ぶら下げインデントを 2 文字分大きくします。        
958 IndentLine インデントを 2 文字分大きくします。        
959 InkAnnotationEraser インクの削除        
960 InsertAddCaption 新しい図表番号の種類を追加します。        
961 InsertAddress アドレス帳から住所、名前などを挿入します。        
962 InsertAlignmentTab カーソル位置に整列タブを挿入します。        
963 InsertAnnotation コメントを挿入します。 Alt+Ctrl+M      
964 InsertAnnotationCoAuth コメントを挿入します。        
965 InsertAnnotationInsert コメントの挿入        
966 InsertAutoCaption 図表番号付きでどのオブジェクトを挿入するかを設定します。        
967 InsertAutoText 定型句の登録名に対応する内容を挿入します。 F3 Alt+Ctrl+Shift+V    
968 InsertBibliography 文献目録の挿入        
969 InsertBreak カーソル位置でページ、段、セクションを区切ります。        
970 InsertBuildingBlockBeginDocument 文書の先頭に文書パーツを挿入します。        
971 InsertBuildingBlockBeginSection 現在のセクションの先頭に文書パーツを挿入します。        
972 InsertBuildingBlockEndDocument 文書の最後に文書パーツを挿入します。        
973 InsertBuildingBlockEndSection 現在のセクションの最後に文書パーツを挿入します。        
974 InsertBuildingBlockFooter フッターに文書パーツを挿入します。        
975 InsertBuildingBlockHeader ヘッダーに文書パーツを挿入します。        
976 InsertBuildingBlockIP カーソル位置に文書パーツを挿入します。        
977 InsertCaption 選択したオブジェクトの上または下に図表番号を挿入します。        
978 InsertCaptionNumbering 図表番号の種類を設定します。        
979 InsertChart Microsoft グラフ オブジェクトを挿入します。        
980 InsertChart2 Microsoft グラフ オブジェクトを挿入します。        
981 InsertChartDataGrid Microsoft グラフ オブジェクトを挿入します。        
982 InsertCitation 引用文献の挿入        
983 InsertColumnBreak カーソル位置に段区切りを挿入します。 Ctrl+Shift+Enter      
984 InsertCrossReference 相互参照を設定します。        
985 InsertDatabase 作業中の文書にデータ ファイルからデータを挿入します。        
986 InsertDateField 日付フィールドを挿入します。 Alt+Shift+D      
987 InsertDateTime 現在の日付/時刻を挿入します。        
988 InsertDocInfoAuthor リボン内の文書情報コントロール        
989 InsertDocInfoDocTitle リボン内の文書情報コントロール        
990 InsertDocInfoFileName リボン内の文書情報コントロール        
991 InsertDocInfoFilePath リボン内の文書情報コントロール        
992 InsertDrawing Microsoft 描画 オブジェクトを挿入します。        
993 InsertEmSpace 全角のスペースを挿入します。        
994 InsertEndnoteNow カーソル位置に文末脚注参照を挿入します。 Alt+Ctrl+D      
995 InsertEnSpace 半角のスペースを挿入します。        
996 InsertEquation Microsoft 数式 オブジェクトを挿入します。        
997 InsertExcelTable Microsoft Excel ワークシート オブジェクトを挿入します。        
998 InsertField 作業中の文書にフィールドを挿入します。        
999 InsertFieldChars フィールド記号を挿入します。 Ctrl+F9      
1000 InsertFile 作業中の文書に別のファイルの内容を挿入します。        
1001 InsertFootnote カーソル位置に脚注または文末脚注を挿入します。        
1002 InsertFootnoteNow カーソル位置に脚注参照を挿入します。 Alt+Ctrl+F      
1003 InsertFormField 新しくフォーム フィールドを挿入します。        
1004 InsertFrame レイアウト枠を挿入、または選択した項目にレイアウト枠を設定します。        
1005 InsertGraphicalHorizontalLine 図を使った水平線を挿入します。        
1006 InsertHorizontalLine 水平線を挿入します。        
1007 InsertHyperlink ハイパーリンクを挿入します。 Ctrl+K      
1008 InsertImagerScan スキャナーまたはデジタル カメラからイメージを挿入します。        
1009 InsertIndex 索引登録を集めて索引を作成します。        
1010 InsertIndexAndTables 文書に索引、目次、図表目次、引用文献一覧を挿入します。        
1011 InsertInkAnnotations インク注釈を挿入します。        
1012 InsertInkComment インク コメントを挿入します。        
1013 InsertInkSplitMenu [インク ツール] タブをリボンに追加します。        
1014 InsertListNumField LISTNUM フィールドを挿入します。 Alt+Ctrl+L      
1015 InsertMergeField カーソル位置に差し込み印刷フィールドを挿入します。 Alt+Shift+F      
1016 InsertMovieFromGallery ギャラリーからムービーを挿入        
1017 InsertNewComment コメントを挿入します (コメント サブ メニューも含む)。        
1018 InsertNewPage カーソル位置にページ区切りを挿入します。        
1019 InsertNumber 作業中の文書に番号を挿入します。        
1020 InsertNumberOfPages ページ番号を挿入します。        
1021 InsertObject 数式、グラフなどのオブジェクトを挿入します。        
1022 InsertOCX OCX コントロールを挿入します、または新しい OCX コントロールを登録します。        
1023 InsertOCXButton ボタン コントロールを挿入します。        
1024 InsertOCXCheckbox チェック ボックス コントロールを挿入します。        
1025 InsertOCXDialog 選択した ActiveX コントロールを挿入します。        
1026 InsertOCXDropdownCombo コンボ ボックス コントロールを挿入します。        
1027 InsertOCXFrame フレーム コントロールを挿入します。        
1028 InsertOCXImage イメージ コントロールを挿入します。        
1029 InsertOCXLabel ラベル コントロールを挿入します。        
1030 InsertOCXListBox リスト ボックス コントロールを挿入します。        
1031 InsertOCXOptionButton ラジオ ボタン コントロールを挿入します。        
1032 InsertOCXScrollbar スクロール バー コントロールを挿入します。        
1033 InsertOCXSpin スピン コントロールを挿入します。        
1034 InsertOCXTextBox テキスト ボックス コントロールを挿入します。        
1035 InsertOCXToggleButton トグル ボタン コントロールを挿入します。        
1036 InsertOfficeDrawing Microsoft Draw 8.0 オブジェクトを挿入します。        
1037 InsertOnlinePicture オンライン グラフィック ファイルの画像を挿入します        
1038 InsertPageBreak カーソル位置にページ区切りを挿入します。 Ctrl+Enter      
1039 InsertPageField ページ番号フィールドを挿入します。 Alt+Shift+P      
1040 InsertPageNumbers ページの上部または下部にページ番号を挿入します。        
1041 InsertPicture グラフィック ファイルの図を挿入します。        
1042 InsertPicture3 図を挿入します。        
1043 InsertPictureBullet 図を行頭文字として挿入します。        
1044 InsertPolicyBarcode バーコードを挿入します。        
1045 InsertPolicyLabel ラベルを挿入します。        
1046 InsertSectionBreak カーソル位置でセクションを区切ります。        
1047 InsertSignatureLine 署名欄の挿入        
1048 InsertSound サウンド オブジェクトを挿入します。        
1049 InsertSoundComment サウンド オブジェクトを挿入します。        
1050 InsertSpike スパイクという名前の定型句の内容を空にして文書に挿入します。 Ctrl+Shift+F3      
1051 InsertStyleSeparator 2 つの段落をスタイル区切りでつなげます。 Alt+Ctrl+Enter      
1052 InsertSubdocument ファイルを開き、グループ文書にサブ文書として挿入します。        
1053 InsertSymbol 記号や特殊文字を挿入します。        
1054 InsertTableOfAuthorities 引用文献登録を集めて引用文献一覧を作成します。        
1055 InsertTableOfContents 見出しまたは目次登録を集めて目次を作成します。        
1056 InsertTableOfContentsMenu 見出しまたは目次登録を集めて目次を作成します。        
1057 InsertTableOfFigures 図表番号を集めて図表一覧を作成します。        
1058 InsertTimeField 時刻フィールドを挿入します。 Alt+Shift+T      
1059 InsertVerticalFrame 縦書きのレイアウト枠を挿入、または選択した項目に縦書きのレイアウト枠を設定します。        
1060 Italic 選択した文字列に斜体を設定/解除します。 Ctrl+I Ctrl+Shift+I    
1061 ItalicRun 選択した文字列に斜体を設定/解除します。        
1062 JapaneseGreetingClosingSentence あいさつ文ウィザードで結び言葉を指定します。        
1063 JapaneseGreetingOpeningSentence あいさつ文ウィザードで起こし言葉を指定します。        
1064 JapaneseGreetingPreviousGreeting あいさつ文ウィザードで前回と同じあいさつ文を入力します。        
1065 JoinToPreviousList 前のリストに結合します。        
1066 JumpToHeading お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1067 JustifyPara 左右のインデントに段落を揃えます。 Ctrl+J      
1068 JustifyParaHigh 段落を揃えます (アラビア語用の設定)。        
1069 JustifyParaLow 段落を揃えます (アラビア語用の設定)。        
1070 JustifyParaMedium 段落を揃えます (アラビア語用の設定)。        
1071 JustifyParaSpecial 左右のインデントに段落を揃えます。        
1072 JustifyParaThai 段落を揃えます (アラビア語用の設定)。        
1073 LabelOptions ラベル オプションを設定します。        
1074 Language 選択した文字列の言語書式を変更します。        
1075 LearnWords 音声認識のため文書から単語を学習します。        
1076 LeftPara 左インデントに段落を揃えます。 Ctrl+L      
1077 LettersWizardJToolbar [あいさつ文] ツールバーの表示/非表示を切り替えます        
1078 LicenseVerification Word のライセンス認証を行うダイアログ ボックスを表示します。        
1079 LineColorPicker 線の色の作成        
1080 LineDown カーソルを 1 行下げます。 Down      
1081 LineDownExtend 選択範囲を 1 行下に拡張します。 Shift+Down      
1082 LineSpacing 選択した個所に行間の設定を適用します。        
1083 LineSpacingGallery 選択範囲に行間の設定を適用します。        
1084 LineUp カーソルを 1 行上げます。 Up      
1085 LineUpExtend 選択範囲を 1 行上に拡張します。 Shift+Up      
1086 ListCommands Word のコマンドのメニューやキーボードへの割り当ての一覧を作成します。        
1087 ListIndent 選択範囲を 1 レベル下げます。        
1088 ListOutdent 選択範囲を 1 レベル上げます。        
1089 LoadOssThemeFromTemplate OSS テーマをテンプレートに読み込みます。        
1090 LockDocument 文書のロックを設定、または解除します。        
1091 LockFields 選択したフィールドが更新されないようにロックします。 Ctrl+3 Ctrl+F11    
1092 LockPolicyLabel ラベルをロックします。        
1093 Lowered: 選択範囲をベースラインより下にします。        
1094 LowerTextBaseline テキストのベースラインを下に移動します。        
1095 LTRMacroDialogs マクロのダイアログ ボックスの表示を左から右 (LTR) にします。        
1096 LtrPara 段落の文字列の方向を左から右 (LTR) に設定します。        
1097 LtrRun 文字列の方向を左から右 (LTR) にします。        
1098 Magnifier 拡大/縮小モードを切り替えます。        
1099 MailAsHTML 現在のメッセージを HTML 形式に変換します。        
1100 MailAsPlainText 現在のメッセージをテキスト形式に変換します。        
1101 MailAsRTF 現在のメッセージを HTML 形式に変換します。        
1102 MailCheckNames メール メッセージの受信者の名前を確認します。        
1103 MailHideMessageHeader メール メッセージのヘッダーの表示/非表示を切り替えます。        
1104 MailMerge 差し込みの設定を行い、フォーム、封筒、ラベルなどを作成、印刷します。        
1105 MailMergeAddressBlock 差し込み印刷の住所ブロックを挿入します。        
1106 MailMergeAskToConvertChevrons Macintosh 版 Word の差し込み印刷のデータへ変換するときに、確認する/しないを切り替えます。        
1107 MailMergeCheck 差し込み印刷のエラーをチェックします。 Alt+Shift+K      
1108 MailMergeClearDocumentType 差し込み印刷文書の種類を解除します。        
1109 MailMergeConvertChevrons Macintosh 版 Word の差し込み印刷のデータへ変換する/しないを切り替えます。        
1110 MailMergeCreateDataSource 差し込み印刷のデータ ファイルを新規に作成します。        
1111 MailMergeCreateHeaderSource 差し込み印刷のヘッダー ファイルを新規に作成します。        
1112 MailMergeCreateList Office アドレス帳を作成します。        
1113 MailMergeDataForm データ フォームを編集します。        
1114 MailMergeEditAddressBlock 住所ブロックを編集します。        
1115 MailMergeEditBarcode バーコード フィールドの編集…        
1116 MailMergeEditDataSource 差し込み印刷のデータ ファイルを開きます。 Alt+Shift+E      
1117 MailMergeEditGreetingLine あいさつ文 (英文) を編集します。        
1118 MailMergeEditHeaderSource 差し込み印刷のヘッダー ファイルを開きます。        
1119 MailMergeEditList Office アドレス帳を編集します。        
1120 MailMergeEditMainDocument 差し込み印刷のメイン文書へ切り替えます。        
1121 MailMergeFieldMapping 差し込み印刷のフィールドの対応を設定します。        
1122 MailMergeFindEntry 差し込み印刷のデータ ファイルから指定した項目を検索します。        
1123 MailMergeFindRecord 差し込み印刷のデータ ファイルから指定したレコードを検索します。        
1124 MailMergeFirstRecord 差し込み印刷のデータ ファイル内の最初のレコードを表示します。        
1125 MailMergeGoToRecord 差し込み印刷のデータ ファイル内の指定したレコードを表示します。        
1126 MailMergeGreetingLine あいさつ文 (英文) を挿入します。        
1127 MailMergeHelper メイン文書およびデータ ファイルを準備して差し込み印刷をします。        
1128 MailMergeInsertAsk カーソル位置に Word の ASK フィールドを挿入します。        
1129 MailMergeInsertBarcode フィールドとバーコード タイプの選択…        
1130 MailMergeInsertBarcodeMenu バーコード フィールドの挿入        
1131 MailMergeInsertFields 差し込み印刷フィールドを挿入します。        
1132 MailMergeInsertFieldsFlyout 差し込み印刷フィールドを挿入します。        
1133 MailMergeInsertFillIn カーソル位置に Word の FILLIN フィールドを挿入します。        
1134 MailMergeInsertIf カーソル位置に Word のフィールドを挿入します。        
1135 MailMergeInsertMergeKeyword 差し込み印刷のキーワードを挿入します。        
1136 MailMergeInsertMergeRec カーソル位置に Word の RECORD フィールドを挿入します。        
1137 MailMergeInsertMergeSeq カーソル位置に Word の SEQUENCE フィールドを挿入します。        
1138 MailMergeInsertNext カーソル位置に Word の NEXT フィールドを挿入します。        
1139 MailMergeInsertNextIf カーソル位置に Word の NEXT IF フィールドを挿入します。        
1140 MailMergeInsertSet カーソル位置に Word の SET フィールドを挿入します。        
1141 MailMergeInsertSkipIf カーソル位置に Word の SKIP IF フィールドを挿入します。        
1142 MailMergeJPPostFromAddr 郵便番号バーコード (日本) の生成…        
1143 MailMergeLastRecord 差し込み印刷のデータ ファイル内の最後のレコードを表示します。        
1144 MailMergeNextRecord 差し込み印刷のデータ ファイル内の次のレコードを表示します。        
1145 MailMergeOpenDataSource 差し込み印刷のデータ ファイルを開きます、またはデータベースを挿入します。        
1146 MailMergeOpenHeaderSource 差し込み印刷のヘッダー ファイルを開きます。        
1147 MailMergePrevRecord 差し込み印刷のデータ ファイル内の前のレコードを表示します。        
1148 MailMergePropagateLabel 複数のラベルに反映します。        
1149 MailMergeQueryOptions 差し込み印刷のクエリ オプションを設定します。        
1150 MailMergeRecipients 差し込み印刷の宛先を指定します。        
1151 MailMergeReset 差し込み印刷のメイン文書を標準の文書にします。        
1152 MailMergeSetDocTypeDirectory 差し込み印刷文書の種類を名簿に設定します。        
1153 MailMergeSetDocTypeEmail 差し込み印刷文書の種類を電子メールに設定します。        
1154 MailMergeSetDocTypeEnvelope 差し込み印刷文書の種類を封筒に設定します。        
1155 MailMergeSetDocTypeFax 差し込み印刷文書の種類を FAX に設定します。        
1156 MailMergeSetDocTypeFormLetter 差し込み印刷文書の種類をレターに設定します。        
1157 MailMergeSetDocTypeLabel 差し込み印刷文書の種類をラベルに設定します。        
1158 MailMergeSetDocumentType 差し込み印刷文書の種類を設定またはクリアします。        
1159 MailMergeShadeFields 差し込み印刷フィールドを強調表示するかどうかを切り替えます。        
1160 MailMergeToDoc 差し込み印刷の結果を文書として作成します。 Alt+Shift+N      
1161 MailMergeToEMail 差し込み印刷の結果を電子メールで送信します。        
1162 MailMergeToPrinter 差し込み印刷の結果をプリンターに出力します。 Alt+Shift+M      
1163 MailMergeUseAddressBook アドレス帳を開きメール メッセージを作成します。        
1164 MailMergeUseOutlookContacts 差し込み印刷のデータ ファイルとして Outlook の連絡先を開きます。        
1165 MailMergeViewData 差し込み印刷のフィールドと実際のデータの表示を切り替えします。        
1166 MailMergeWizard 差し込み印刷        
1167 MailMessageDelete メッセージを削除します。        
1168 MailMessageForward メッセージを転送します。        
1169 MailMessageMove メッセージを移動します。        
1170 MailMessageNext 次のメッセージへ移動します。        
1171 MailMessagePrevious 前のメッセージへ移動します。        
1172 MailMessageProperties メッセージのプロパティを設定します。        
1173 MailMessageReply 返信を作成します。        
1174 MailMessageReplyAll 受信者全員への返信を作成します。        
1175 MailSelectNames メッセージの受信者を指定します。        
1176 MarkAsReadOnly 最終版に設定します。        
1177 MarkCitation 引用文献一覧に追加する文字列を登録します。 Alt+Shift+I      
1178 MarkIndexEntry 索引にする文字列を登録します。 Alt+Shift+X      
1179 MarkTableOfContentsEntry 目次にする文字列を登録します。 Alt+Shift+O      
1180 MenuOrgChartInsert 組織図に追加のボックスを挿入します。        
1181 MergeSplitGeneral 選択したセル範囲を分割または結合します。        
1182 MergeSubdocument 2 つのサブ文書を 1 つのサブ文書にします。        
1183 MicrosoftAccess Microsoft Access を起動、または Microsoft Access に切り替えます。        
1184 MicrosoftExcel Microsoft Excel を起動、または Microsoft Excel に切り替えます。        
1185 MicrosoftFoxPro Microsoft FoxPro を起動、または Microsoft FoxPro に切り替えます。        
1186 MicrosoftMail Microsoft Outlook を起動、または Microsoft Outlook に切り替えます。        
1187 MicrosoftOnTheWeb1 Microsoft Web ページ 1        
1188 MicrosoftOnTheWeb10 Microsoft Web ページ 10        
1189 MicrosoftOnTheWeb11 Microsoft Web ページ 11        
1190 MicrosoftOnTheWeb12 Microsoft Web ページ 12        
1191 MicrosoftOnTheWeb13 Microsoft Web ページ 13        
1192 MicrosoftOnTheWeb14 Microsoft Web ページ 14        
1193 MicrosoftOnTheWeb15 Microsoft Web ページ 15        
1194 MicrosoftOnTheWeb16 Microsoft Web ページ 16        
1195 MicrosoftOnTheWeb17 Microsoft Web ページ 17        
1196 MicrosoftOnTheWeb2 Microsoft Web ページ 2        
1197 MicrosoftOnTheWeb3 Microsoft Web ページ 3        
1198 MicrosoftOnTheWeb4 Microsoft Web ページ 4        
1199 MicrosoftOnTheWeb5 Microsoft Web ページ 5        
1200 MicrosoftOnTheWeb6 Microsoft Web ページ 6        
1201 MicrosoftOnTheWeb7 Microsoft Web ページ 7        
1202 MicrosoftOnTheWeb8 Microsoft Web ページ 8        
1203 MicrosoftOnTheWeb9 Microsoft Web ページ 9        
1204 MicrosoftPowerPoint Microsoft PowerPoint を起動、または Microsoft PowerPoint に切り替えます。        
1205 MicrosoftProject Microsoft Project を起動、または Microsoft Project に切り替えます。        
1206 MicrosoftPublisher Microsoft Publisher を起動、または Microsoft Publisher に切り替えます。        
1207 MicrosoftSchedule Microsoft Schedule+ を起動、または Microsoft Schedule+ に切り替えます。        
1208 MicrosoftSystemInfo Microsoft システム情報を起動します。 Alt+Ctrl+F1      
1209 MiddleCenterAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの中心に配置します。        
1210 MiddleLeftAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの左中央に配置します。        
1211 MiddleRightAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの右中央に配置します。        
1212 MMEmailOptions 差し込み印刷の電子メールへの差し込みのオプションを設定します。        
1213 MMNewDocOptions 差し込み印刷の新規文書への差し込みのオプションを設定します。        
1214 MMPrintOptions 差し込み印刷のプリンターへの差し込みのオプションを設定します。        
1215 ModifyTableStyle 表のスタイルを変更します。        
1216 MoreRotationOption 選択した描画オブジェクトの詳細レイアウト プロパティを変更します。        
1217 MoveText 指定した位置に選択範囲を移動します。 F2      
1218 MoveWithText 選択した描画オブジェクトを、文字列に追従して動くようにします。        
1219 MSWordBibAddNewPlaceholder 新しいプレースホルダーの追加        
1220 NavigateMove 反対の移動場所に移動します。        
1221 NavPane ナビゲーション ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。        
1222 NavPaneSearch 指定されたテキストを検索します。 Ctrl+F      
1223 NeverUseBalloons 吹き出しを使用しません。        
1224 NewStyle 現在選択されている文字列を使用してクイック スタイルを作成します。        
1225 NextCell 表の次のセルへ移動します。        
1226 NextChangeOrComment 次の挿入、削除、またはコメントに移動します。        
1227 NextComment 次のコメントへ移動します。        
1228 NextConflict 次の競合に移動します。        
1229 NextField 次のフィールドへ移動します。 F11 Alt+F1    
1230 NextInsert 次のカーソル位置に移動します。        
1231 NextMisspelling 次のスペル ミスの単語を検索します。 Alt+F7      
1232 NextObject ページ内の次のオブジェクトへ移動します。 Alt+Down      
1233 NextPage 次のページへ移動します。        
1234 NextPane 次のウィンドウ枠または作業ウィンドウへ切り替えます。 F6      
1235 NextWindow 次の文書ウィンドウへ切り替えます。 Ctrl+F6 Alt+F6    
1236 NoInsertionDeletionBalloons 吹き出しの挿入/削除なし        
1237 nonpublic 編集記号の表示/非表示を切り替えます。        
1238 NormalFontPosition 文字位置の属性を解除します。        
1239 NormalFontSpacing 文字間隔の属性を解除します。        
1240 NormalizeText 他の文字列の書式と合わせます。        
1241 NormalStyle 標準スタイルに設定します。 Ctrl+Shift+N Alt+Shift+Clear (Num 5)    
1242 NormalViewHeaderArea ヘッダー/フッターの編集領域を表示します。        
1243 NoteOptions 脚注または文末脚注のオプションを変更します。        
1244 NumberingGallery 段落番号ギャラリーを開きます。        
1245 OfficeCenter Word のさまざまなオプションを変更します。        
1246 OfficeFeedbackFrown フィードバック タイプを不機嫌顔にして、Office のフィードバック ダイアログを起動します Alt+Ctrl+8      
1247 OfficeFeedbackSmile フィードバック タイプをスマイルにして、Office フィードバック ダイアログを起動します Alt+Ctrl+7      
1248 OfficeOnTheWeb Office のホームページを表示します。        
1249 OK 選択範囲のコピー先および移動先を確認します。        
1250 OnlineMeeting お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1251 OpenOrCloseParaAbove 選択した段落の前の余分なスペースを削除、または設定します。        
1252 OpenOrCloseParaBelow 選択した段落の前の余分なスペースを削除、または設定します。        
1253 OpenOrCloseUpPara 選択した段落の前の余分なスペースを削除、または設定します。 Ctrl+0      
1254 OpenParaAbove 選択した段落の前に余分なスペースを追加します。        
1255 OpenParaBelow 選択した段落の下に余分なスペースを追加します。        
1256 OpenSubdocument サブ文書を別のウィンドウで開きます。        
1257 OpenUpPara 選択した段落の前に十分なスペースを設定します。        
1258 Organizer 定型句、スタイル、マクロ、ツールバーを設定します。        
1259 OSCDocEncryption 文書を暗号化します。        
1260 OtherPane 別のウィンドウ枠へ切り替えます。        
1261 OutlineCollapse 選択範囲のサブ文字列を隠します。        
1262 OutlineDemote 選択した段落を 1 見出しレベル分下げます。 Alt+Shift+Right      
1263 OutlineExpand 選択範囲の次のレベルのサブ文字列を表示します。        
1264 OutlineLevel 選択した段落に見出しレベルを設定します。        
1265 OutlineMoveDown 選択範囲をアウトラインの次の項目の下へ移動します。 Alt+Shift+Down      
1266 OutlineMoveUp 選択範囲をアウトラインの前の項目の上へ移動します。 Alt+Shift+Up      
1267 OutlinePromote 選択した段落を 1 見出しレベル分上げます。 Alt+Shift+Left      
1268 OutlinePromoteHeading1 文字列を見出し 1 のスタイルに変更します。        
1269 OutlineShowFirstLine アウトラインの最初の行のみ表示するか本文すべてを表示するかを切り替えます。 Alt+Shift+L      
1270 OutlineShowFormat アウトライン モードの文字書式の表示/非表示を切り替えます。        
1271 OutlookInsertFile WordMail のファイル挿入ダイアログ ボックス        
1272 OutlookInsertFile2 作業中の文書に別のファイルの内容を挿入します。        
1273 OutlookViewZoom 編集画面を拡大/縮小します。        
1274 Overtype 入力モードの上書き/置換を切り替えます。 Ins      
1275 PageDown 1 画面分次へカーソルと文書表示を移動します。 PageDown      
1276 PageDownExtend 1 画面分次へ選択範囲を拡張し、次の画面を表示します。 Shift+PageDown      
1277 PageSetupLayout 選択したセクションのページ設定を変更します。        
1278 PageSetupMargins 選択したセクションのページ設定を変更します。        
1279 PageSetupPaper 選択したセクションのページ設定を変更します。        
1280 PageUp 1 画面分前へカーソルと文書表示を移動します。 PageUp      
1281 PageUpExtend 1 画面分前へ選択範囲を拡張し、前の画面を表示します。 Shift+PageUp      
1282 PaintBorder 表罫線を適用します。        
1283 ParaDown カーソルを次の段落の先頭へ移動します。 Ctrl+Down      
1284 ParaDownExtend 選択範囲を次の段落の先頭まで拡張します。 Ctrl+Shift+Down      
1285 ParagraphRemoveStyle 選択範囲から段落スタイルをクリアして、標準スタイルに戻します。        
1286 ParaKeepLinesTogether 段落をページ区切りで分割されないようにします。        
1287 ParaKeepWithNext 次に続く段落を同じページ内に収めます。        
1288 ParaPageBreakBefore 現在の段落を新しいページにします。        
1289 ParaUp カーソルを前の段落の先頭へ移動します。 Ctrl+Up      
1290 ParaUpExtend 選択範囲を前の段落の先頭まで拡張します。 Ctrl+Shift+Up      
1291 ParaWidowOrphanControl ページ区切りで段落の 1 行だけがページ内に残らないようにします。        
1292 PasteAsPicture 図として貼り付けます。        
1293 PasteBitmap ビットマップ形式で貼り付けます。        
1294 PasteColumns 新しい列として表を貼り付け        
1295 PasteContentControls コンテンツ コントロールとともに貼り付けます。        
1296 PasteContinueList 直前のリストの続きとしてリストを貼り付けます。        
1297 PasteDestinationFormatting 貼り付け先の書式で貼り付けます。        
1298 PasteDestinationStyle 貼り付け先のスタイルで貼り付けます。        
1299 PasteDestinationTheme 貼り付け先のテーマで貼り付けます。        
1300 PasteDontMergeList リストを貼り付けますが、既存のリストには結合しません。        
1301 PasteExcelChartDestinationTheme 貼り付け先のテーマで Excel グラフを貼り付けます。        
1302 PasteExcelChartSourceFormatting 元の書式で Excel グラフを貼り付けます。        
1303 PasteExcelTableDestinationTableStyle 貼り付け先の表のスタイルで Excel の表を貼り付けます。        
1304 PasteExcelTableSourceFormatting 元の書式で Excel の表を貼り付けます。        
1305 PasteFormat 選択範囲にあらかじめコピーされた書式を設定します。 Ctrl+Shift+V      
1306 PasteGIF GIF 形式で貼り付けます。        
1307 PasteJPEG JPEG 形式で貼り付けます。        
1308 PasteLinkedExcelChartDestinationTheme リンクされた Excel グラフを貼り付け先のテーマで貼り付けます。        
1309 PasteLinkedExcelChartSourceFormatting リンクされた Excel グラフを元の書式で貼り付けます。        
1310 PasteLinkedExcelTableDestinationTableStyle リンクされた Excel の表を貼り付け先の表のスタイルで貼り付けます。        
1311 PasteLinkedExcelTableSourceFormatting リンクされた Excel の表を元の書式で貼り付けます。        
1312 PasteLinkedSingleCellExcelTableDestinationFormatting リンクされた Excel の単一セルの表を貼り付け先の書式で貼り付けます。        
1313 PasteMergeList リストを貼り付けて、既存のリストに結合します。        
1314 PasteNewList 新しいリストとしてリストを貼り付けます。        
1315 PasteOriginalTableFormatting 元の表の書式で表を貼り付けます。        
1316 PasteOverwriteCells 既存の表のセルに上書きして表を貼り付けます。        
1317 PastePNG PNG 形式で貼り付けます。        
1318 PasteSingleCellExcelTableDestinationFormatting 貼り付け先の書式で Excel の単一セルの表を貼り付けます。        
1319 PasteSingleCellTableAsTable 表として単一セルの表を貼り付けます。        
1320 PasteSingleCellTableAsText テキストとして単一セルの表を貼り付けます。        
1321 PasteSourceFormatting 元の書式で貼り付けます。        
1322 PasteTableAsNewRows 既存の表の新しい行として表を貼り付けます。        
1323 PasteTextOnly テキストのみ貼り付けます。        
1324 PasteXmlStructure XML データ構造とともに貼り付けます。        
1325 PauseRecorder マクロの記録を中断または継続します。        
1326 PlayVideo ビデオの再生        
1327 PlayVideoInBrowser ブラウザーでビデオを再生        
1328 PostcardCreateAddressSide はがき宛名面の作成        
1329 PostcardCreateLetterSide はがき文面の作成        
1330 PostcardWizard お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1331 PPPropertyEditorDlg プロパティ エディター ダイアログ ボックスを表示します。        
1332 PresentIt 作業中の文書をもとに、Microsoft PowerPoint のプレゼンテーションを作成します。        
1333 PrevCell 表の前のセルへ移動します。        
1334 PrevField 前のフィールドへ移動します。 Shift+F11 Alt+Shift+F1    
1335 PreviousChangeOrComment 前の挿入、削除、またはコメントに移動します。        
1336 PreviousComment 前のコメントへ移動します。        
1337 PreviousConflict 前の競合に移動します。        
1338 PrevObject ページ内の前のオブジェクトへ移動します。 Alt+Up      
1339 PrevPage 前のページへ移動します。        
1340 PrevPane 前のウィンドウ枠または作業ウィンドウへ切り替えます。 Shift+F6      
1341 PrevWindow 前の文書ウィンドウへ戻ります。 Ctrl+Shift+F6 Alt+Shift+F6    
1342 PrintPreviewAndPrint Backstage ビューに [印刷] タブを表示します。 Ctrl+P Ctrl+F2 Ctrl+Shift+F12 Alt+Ctrl+I
1343 PrintPreviewEditMode ページ全体を印刷時のイメージで表示します。        
1344 PromoteList 選択範囲を 1 レベル上げます。        
1345 ProofingForcePane 作業中の文書で文章の校正を行い、強制的に文章校正ウィンドウを使います。        
1346 ProtectForm 作業中の文書の保護の設定を切り替えます。        
1347 Raised: 選択範囲をベースラインより上にします。        
1348 RaiseTextBaseline テキストのベースラインを上に移動します。        
1349 ReadingMode 全画面閲覧と通常の画面表示を切り替えます。        
1350 ReadingMode1Page お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1351 ReadingMode2Pages お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1352 ReadingModeAllowEditing お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1353 ReadingModeColumnWidthDefault 閲覧モード 段の幅 既定        
1354 ReadingModeColumnWidthNarrow 閲覧モード 段の幅 狭い        
1355 ReadingModeColumnWidthWide 閲覧モード 段の幅 広い        
1356 ReadingModeGrowFont 全画面閲覧でのフォントのサイズを大きくします。        
1357 ReadingModeInkOff お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1358 ReadingModeLayout 全画面閲覧に切り替えます。        
1359 ReadingModeLayoutFlyoutColumn 閲覧モードの列のレイアウト        
1360 ReadingModeLayoutFlyoutPage 閲覧モードのページ レイアウト        
1361 ReadingModeLookup 閲覧用ルックアップ ツール        
1362 ReadingModeMini 全画面閲覧に切り替えます。        
1363 ReadingModeNavPane 閲覧モードでナビゲーション ウィンドウを開きます        
1364 ReadingModePageAutoMargins お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1365 ReadingModePageColorInverse 閲覧モード ページ色 反転        
1366 ReadingModePageColorNone 閲覧モード ページ色 なし        
1367 ReadingModePageColorSepia 閲覧モード ページ色 セピア        
1368 ReadingModePageMargins お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1369 ReadingModePageNoMargins お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1370 ReadingModePageview 印刷時の状態でページを表示します。        
1371 ReadingModeReadingLayout 文書を閲覧レイアウトで表示します。        
1372 ReadingModeShrinkFont 全画面閲覧でのフォントのサイズを小さくします。        
1373 RedefineStyle 選択した文字列をもとに設定されているスタイルを定義し直します。        
1374 Reflection 選択範囲に反射の設定を適用します。        
1375 RefList 参照設定        
1376 RejectAllChangesInDoc 文書の変更内容をすべて取り消し、フィルターの設定を無視します。        
1377 RejectAllChangesInDocAndStopTracking 文書の変更内容をすべて元に戻し、フィルターの設定を無視して、変更履歴の記録を停止します。        
1378 RejectAllChangesShown フィルターの設定で強調表示された変更内容をすべて取り消します。        
1379 RejectAllConflictsInDoc 文書内のすべての競合内容を元に戻します。        
1380 RejectChangesAndAdvance 選択した箇所の変更内容を取り消し、コメントを削除します。        
1381 RejectChangesOrAdvance 選択した箇所の変更内容を取り消し、コメントを削除します。        
1382 RejectChangesSelected 選択した箇所の変更内容を取り消し、コメントを削除します。        
1383 RejectConflict 現在の選択範囲の競合内容を元に戻します。        
1384 RejectConflictAndAdvance 現在の選択範囲の競合内容を元に戻します。        
1385 ReleaseAllMyLocks ロックをすべて解除します。        
1386 RemoveBulletsNumbers 選択範囲の段落番号や箇条書きを解除します。        
1387 RemoveCellPartition セルを分割する罫線を削除します。        
1388 RemoveCitation 引用文献の削除        
1389 RemoveCoverPage 文書から表紙を削除します。        
1390 RemoveCurrentBuildingBlock 現在の文書パーツを文書から削除します。        
1391 RemoveFooter 現在のセクションのフッターを削除します。        
1392 RemoveFrames 選択範囲のレイアウト枠の書式設定を解除します。        
1393 RemoveHeader 現在のセクションのヘッダーを削除します。        
1394 RemovePageNumbers 文書からページ番号文書パーツを削除します。        
1395 RemoveSimilarFormatting 類似した書式をすべて解除します。        
1396 RemoveSubdocument 選択したサブ文書をメイン文書内に組み込みます。        
1397 RemoveTableOfContents 文書から目次文書パーツを削除します。        
1398 RemoveWatermark 現在のセクションから透かしを削除します。        
1399 RenameStyle 現在のスタイル名を変更します。        
1400 ReopenFromServer サーバーから再度文書を開きます。        
1401 RepeatContentControlAfter 新しい繰り返し項目の追加        
1402 RepeatContentControlBefore 新しい繰り返し項目の追加        
1403 RepeatContentControlDelete 繰り返し項目の削除        
1404 RepeatFind ジャンプまたは検索の内容を繰り返します。 Shift+F4 Alt+Ctrl+Y    
1405 Research [リサーチ] 作業ウィンドウを表示します。        
1406 ResearchLookup リサーチ ツールで単語を検索します。 Ctrl+Shift+O      
1407 ResearchLookupFavorite リサーチ ツールで単語を検索します。        
1408 ResearchLookupNoIcon リサーチ ツールで単語を検索します。        
1409 ResearchOptions リサーチや検索のオプションに関連するダイアログボックスを表示します。        
1410 ResetChar 選択範囲に設定されたスタイルの文字書式を既定値に戻します。 Ctrl+Space Ctrl+Shift+Z    
1411 ResetFormField 選択したフォーム フィールドの値を既定値に戻します。        
1412 ResetNoteSepOrNotice 脚注/文末脚注の境界線、注、継続時の注を既定値に戻します。        
1413 ResetPara 選択範囲に設定されたスタイルの段落書式を既定値に戻します。 Ctrl+Q      
1414 ResetParagraphFormatting 段落書式をリセットします。        
1415 ResetSideBySide ウィンドウの位置を元に戻します。        
1416 RestartNumbering 段落番号を振り直します。        
1417 RestoreCharacterStyle 文字スタイルを元に戻して、直接適用されている書式を削除します。        
1418 RestoreParagraphStyle 段落スタイルを元に戻して、直接適用されている書式を削除します。        
1419 ReturnReview 校閲中の文書を送信します。        
1420 ReviewFilterByCustom 指定の日付の変更履歴をフィルターします。        
1421 ReviewFilterByEver 現在までのすべての変更履歴をフィルターします。        
1422 ReviewFilterByEveryone すべてのユーザーの変更履歴を表示します。        
1423 ReviewFilterByLastWeek 先週の変更履歴をフィルターします。        
1424 ReviewFilterByMe 自分の変更履歴を表示します。        
1425 ReviewFilterByOthers 他のユーザーの変更履歴を表示します。        
1426 ReviewFilterByToday 今日の変更履歴をフィルターします。        
1427 ReviewFilterByYesterday 昨日の変更履歴をフィルターします。        
1428 ReviewingPane 要約のウィンドウを開き、文書の変更履歴の表示/編集を切り替えます。        
1429 ReviewingPaneHorizontal 要約のウィンドウ (横長) の表示/非表示を切り替えます。このウィンドウでは、文書の変更履歴を表示および編集します。        
1430 ReviewingPaneVertical 要約のウィンドウ (縦長) の表示/非表示を切り替えます。このウィンドウでは、文書の変更履歴を表示および編集します。        
1431 ReviewPeopleFilter ユーザー別の変更履歴を表示します。        
1432 ReviewTimeFilter 変更履歴を時間別にフィルターします。        
1433 RightPara 右インデントに段落を揃えます。 Ctrl+R      
1434 RTLMacroDialogs マクロのダイアログ ボックスの表示を右から左 (RTL) にします。        
1435 RtlPara 段落の文字列の方向を右から左 (RTL) に設定します。        
1436 RtlRun 文字列の方向を右から左 (RTL) にします。        
1437 RunPrintManager プリント マネージャーを表示します。        
1438 RunToggle 文字列の方向によってカーソル位置を切り替えます。        
1439 SampleBorder 既存の表罫線の書式を収集します。        
1440 SaveAndCloseConflict 保存して競合解決用の表示を閉じます。        
1441 SaveAsPicture 選択した図をファイルに保存します。        
1442 SaveAsQuickFormatSet 現在のクイック スタイルの一覧を新しいクイック スタイル セットとして保存します。        
1443 SaveBibliographyBlock 現在の文献目録を新しい文書パーツとして保存します。        
1444 SaveCoverPageBlock 現在の表紙を新しい文書パーツとして保存します。        
1445 SaveEquation 現在の数式を新しい文書パーツとして保存します。        
1446 SaveFooterBlock 現在のフッターを新しい文書パーツとして保存します。        
1447 SaveHeaderBlock 現在のヘッダーを新しい文書パーツとして保存します。        
1448 SaveOssThemeToTemplate OSS テーマをテンプレートに保存します。        
1449 SavePageNumBlock 現在のページ番号を新しい文書パーツとして保存します。        
1450 SavePageNumBottomBlock 現在のページ番号 (下) を新しい文書パーツとして保存します。        
1451 SavePageNumTopBlock 現在のページ番号 (上) を新しい文書パーツとして保存します。        
1452 SaveTableOfContentsBlock 現在の目次を新しい文書パーツとして保存します。        
1453 SaveTemplate 作業中の文書テンプレートを保存します。        
1454 SaveToDocMgmtServer ドキュメント管理サーバーに保存します。        
1455 ScheduleMeeting お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1456 ScreenRefresh 画面の内容を更新して再表示します。        
1457 SearchOnWeb 現在選択されているテキストを Web で検索します        
1458 SecureReaderEdit 保護ビューで開かれた文書の編集機能を有効にします。        
1459 SelectCurAlignment 同じ配列の段落をすべて選択します。        
1460 SelectCurColor 同じ色の文字列をすべて選択します。        
1461 SelectCurFont 同じフォント名、ポイント サイズの文字列をすべて選択します。        
1462 SelectCurIndent 同じインデントの段落をすべて選択します。        
1463 SelectCurSpacing 同じ行間の段落をすべて選択します。        
1464 SelectCurTabs 同じタブが設定されている段落をすべて選択します。        
1465 SelectDrawingObjects 描画オブジェクトを選択します。        
1466 SelectNumber 段落番号を選択します。        
1467 SelectSimilarFormatting 類似した書式をすべて選択します。        
1468 SendBackward 選択した描画オブジェクトを背面に移動します。        
1469 SendForReview 校閲者に文書を送信します。        
1470 SendToBack 選択した描画オブジェクトを最背面へ移動します。        
1471 SendToFax 文書を FAX で送信します。        
1472 SendToHeight 選択した描画オブジェクトを特定の高さに送ります。        
1473 SendToOnlineMeetingParticipants お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1474 SentLeft カーソルを前のセクションの先頭へ移動します。        
1475 SentLeftExtend 選択範囲を前のセクションの先頭まで拡張します。        
1476 SentRight カーソルを次のセクションの先頭へ移動します。        
1477 SentRightExtend 選択範囲を次のセクションの先頭まで拡張します。        
1478 SeparateList リストを分割します。        
1479 SetDefaultLayout 現在の折り返しオプションと配置オプションを既定に設定します。        
1480 SetDrawingDefaults 描画オブジェクトの既定値に設定します。        
1481 SetNumberingValue 番号を設定します。        
1482 Shading: 段落や表のセルに設定されている網かけの背景を変更します。        
1483 ShadingColor 選択した文字列の網かけの色を変更します。        
1484 ShadingColorPicker 網かけの色の選択        
1485 ShadingPattern 選択した段落、表のセル、図の網かけの模様を変更します。        
1486 Shadow 選択範囲に影の設定を適用します。        
1487 ShowAddInsXDialog [アドイン マネージャー] ダイアログ ボックスを表示します。        
1488 ShowAll 編集記号の表示/非表示を切り替えます。 Ctrl+(      
1489 ShowAllAuthors すべての校閲者による変更を表示する吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1490 ShowAllConsistency 表記ゆれチェックの結果に関連する項目をすべて表示します。        
1491 ShowAllHeadings 見出しレベルと本文すべてを表示します。 Alt+Shift+A      
1492 ShowChangesAndComments 変更履歴/コメント用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1493 ShowComments コメント用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1494 ShowConsistency 表記ゆれチェックの結果に関連する項目を表示します。        
1495 ShowContactCard 作成者の連絡先カードを表示します。        
1496 ShowFormatting 変更履歴用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1497 ShowHeading1 見出しレベル 1 だけを表示します。 Alt+!      
1498 ShowHeading2 見出しレベル 1 と 2 を表示します。 Alt+"      
1499 ShowHeading3 見出しレベル 1 から 3 を表示します。 Alt+#      
1500 ShowHeading4 見出しレベル 1 から 4 を表示します。 Alt+$      
1501 ShowHeading5 見出しレベル 1 から 5 を表示します。 Alt+%      
1502 ShowHeading6 見出しレベル 1 から 6 を表示します。 Alt+      
1503 ShowHeading7 見出しレベル 1 から 7 を表示します。 Alt+’      
1504 ShowHeading8 見出しレベル 1 から 8 を表示します。 Alt+(      
1505 ShowHeading9 見出しレベル 1 から 9 を表示します。 Alt+)      
1506 ShowInkAnnotations インク注釈の表示/非表示を切り替えます。        
1507 ShowInsertionsAndDeletions 変更履歴用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1508 ShowLanguagePreferences 言語設定を表示します。        
1509 ShowLevel 選択したレベルの見出しのみ表示します。        
1510 ShowMarkupArea 変更箇所の強調表示/非表示を切り替えます。        
1511 ShowMe ヒントの内容のより詳しい説明を表示します。        
1512 ShowNextHeaderFooter 次のセクションのヘッダー/フッターを印刷レイアウト モードで表示します。        
1513 ShowOriginalMarkup 通常表示モードで初版をその変更箇所とコメントと共に表示するメニュー項目        
1514 ShowOtherAuthors その他の校閲者の表示/非表示を切り替えます。        
1515 ShowPara 段落記号の表示/非表示を切り替えます。        
1516 ShowPeople コメントを付けたユーザーの画像の表示/非表示を切り替える        
1517 ShowPictureTools リボンに図のツールを表示します。        
1518 ShowPrevHeaderFooter 前のセクションのヘッダー/フッターを印刷レイアウト モードで表示します。        
1519 ShowPropertyBrowser プロパティ ブラウザーを表示します。        
1520 ShowRepairs 復元された文書で修復された部分をすべて表示します。        
1521 ShowReviewerFilter 校閲者を表示するためのメニューです。        
1522 ShowSmPane [ドキュメントの更新] ウィンドウを表示します。        
1523 ShowTableGridlines リボンで表のグリッド線の表示/非表示を切り替えます。        
1524 ShowTableTools リボンに表のツールを表示します。        
1525 ShowTasks この文書のワークフロー タスクを表示します。        
1526 ShrinkFont 選択範囲のフォントのサイズを小さくします。 Ctrl+<      
1527 ShrinkFontOnePoint 選択範囲のフォントのサイズを 1 ポイント小さくします。 Ctrl+[      
1528 ShrinkSelection 選択範囲を次の単位まで縮小します。 Shift+F8      
1529 SignDocument この文書に署名します。        
1530 SigningServices 署名サービス        
1531 SignOutOfPassport Microsoft Passport からサインアウトします。        
1532 SkipNumbering 選択した段落の段落番号を飛ばします。        
1533 SmallCaps 選択した文字列に小型大文字を設定/解除します。 Ctrl+Shift+K      
1534 SpacePara1 行間を 1 行に設定します。 Ctrl+1      
1535 SpacePara15 行間を 1.5 行に設定します。 Ctrl+5      
1536 SpacePara2 行間を 2 行に設定します。 Ctrl+2      
1537 SpeakStopSpeaking 読み上げ/読み上げの停止        
1538 SpecialTextEffects [文字の効果の設定] ダイアログ ボックスを起動します。        
1539 Spike 選択範囲を削除して、スパイクという名前の定型句に追加します。 Ctrl+F3      
1540 SplitSubdocument 選択したサブ文書の一部を同じレベルのサブ文書に分割します。        
1541 SqmDialog 品質監視のオプション        
1542 StartInkingE2o          
1543 StartOfColumn 現在の列の最初のセルへ移動します。 Alt+PageUp Alt+Shift+PageUp    
1544 StartOfDocExtend 選択範囲を文書の先頭まで拡張します。 Ctrl+Shift+Home      
1545 StartOfDocument カーソルを文書の先頭へ移動します。 Ctrl+Home      
1546 StartOfLine カーソルを現在の行の先頭へ移動します。 Home      
1547 StartOfLineExtend 選択範囲を現在の行の先頭まで拡張します。 Shift+Home      
1548 StartOfRow 現在の行の最初のセルへ移動します。 Alt+Home Alt+Shift+Home    
1549 StartOfWindow カーソルを画面の先頭へ移動します。 Alt+Ctrl+PageUp      
1550 StartOfWindowExtend 選択範囲を画面の先頭まで拡張します。 Alt+Ctrl+Shift+PageUp      
1551 StartWorkflow この文書のワークフローを開始します。        
1552 StatusBarNavPane ナビゲーション ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。ナビゲーション ウィンドウが開いている場合は、縮小表示ビューが表示されます。        
1553 Strikethrough 選択した文字列に取り消し線を設定/解除します。        
1554 Style 既存のスタイルを設定します、または選択範囲の書式をスタイルとして登録します。        
1555 StyleApplyPane スタイルと書式の作成、変更、適用を行います。 Ctrl+Shift+S      
1556 StylePaneNewStyle 現在選択されている文字列を使用して新しいスタイルを作成します。        
1557 StyleQuickFormat クイック スタイルの一覧に現在のスタイルを追加または削除します。        
1558 Subscript 選択した文字列を下付き文字にします、または下付き文字を解除します。 Ctrl+=      
1559 Superscript 選択した文字列を上付き文字にします、または上付き文字を解除します。 Ctrl+Shift++      
1560 Symbol: 上の [記号の変更] をクリックして指定した記号を挿入します。        
1561 SymbolFont 選択範囲に Symbol フォントを設定します。 Ctrl+Shift+Q      
1562 SyncScrollSideBySide 2 つのウィンドウを並べて同時にスクロールします。        
1563 TableAutoFormat 表にあらかじめ用意された書式を設定します。        
1564 TableAutoFormatStyle 表にあらかじめ用意されたスタイルを適用します。        
1565 TableAutoSum 表の列や行を自動的に計算する数式フィールドを挿入します。        
1566 TableColumnWidth 表の列の幅を変更します。        
1567 TableDeleteCells 選択したセルを表から削除します。        
1568 TableDeleteColumn 選択した列を表から削除します。        
1569 TableDeleteGeneral 選択したセルを表から削除します。        
1570 TableDeleteRow 選択した行を表から削除します。        
1571 TableDeleteTable 選択した表を削除します。        
1572 TableFormatCell 表の行の高さや列の幅を変更します。        
1573 TableFormula 表のセルに数式フィールドを挿入します。        
1574 TableGridlines 表のグリッド線の表示/非表示を切り替えます。        
1575 TableHeadings 表のタイトル行を各ページに表示します。        
1576 TableInsertCells 表にセルを挿入します。        
1577 TableInsertColumn 表に列を挿入します。        
1578 TableInsertColumnRight 現在の列の右に列を挿入します。        
1579 TableInsertGeneral 表を挿入します。        
1580 TableInsertRow 表に行を挿入します。        
1581 TableInsertRowAbove 表に行を挿入します。        
1582 TableInsertRowBelow 現在の行の下に行を挿入します。        
1583 TableInsertTable 表を挿入します。        
1584 TableMergeCells 選択した複数のセルを結合します。        
1585 TableOptions 表のオプションを変更します。        
1586 TableProperties 表のプロパティを変更します。        
1587 TableRowHeight 表の行の高さを変更します。        
1588 TableSelectCell 表の現在のセルを選択します。        
1589 TableSelectColumn 表の現在の列を選択します。        
1590 TableSelectRow 表の現在の行を選択します。        
1591 TableSelectTable 表全体を選択します。 Alt+Clear (Num 5)      
1592 TableSort 選択範囲を指定した順序で並べ替えます。        
1593 TableSortAToZ レコードを昇順 (A-Z) で並べ替えます。        
1594 TableSortZToA レコードを降順 (Z-A) で並べ替えます。        
1595 TableSplit 表の現在の行の前に段落記号を挿入します。        
1596 TableSplitCells 選択したセルを分割します。        
1597 TableToOrFromText 表を文字列に変換します。        
1598 TableToText 表を文字列に変換します。        
1599 TableUpdateAutoFormat 表の書式をあらかじめ用意された書式に更新します。 Alt+Ctrl+U      
1600 TableWizard お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1601 TableWrapping 表の文字列の折り返し設定を変更します。        
1602 TcidBackspace カーソル位置の直後または選択範囲をクリップボードにコピーせずに削除します。        
1603 TextBoxLinking テキスト ボックス のリンクを作成します。        
1604 TextBoxUnlinking テキスト ボックスのリンクを解除します。        
1605 TextEffect 選択範囲にアニメーションの設定を適用します。        
1606 TextFillEffect 選択範囲に文字の塗りつぶしの設定を適用します。        
1607 TextFormField 文字列のフォーム フィールドを挿入します。        
1608 TextOutlineEffect 選択範囲に文字の輪郭の設定を適用します。        
1609 TextToTable 文字列を表にします。        
1610 ToggleAnnotationDone コメントを完了としてマークします (切り替え)。        
1611 ToggleCharacterCode 文字コードと文字を切り替えます。 Alt+X      
1612 ToggleDocumentActionBar メッセージ バーの表示/非表示を切り替えます。        
1613 ToggleDocumentText 印刷レイアウト モードでの本文の表示/非表示を切り替えます。        
1614 ToggleDontOpenAttachInFullScreen お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1615 ToggleFieldDisplay フィールド コードの表示/非表示を切り替えます。 Shift+F9      
1616 ToggleFormsDesign フォーム デザインを実行します。        
1617 ToggleFull 全画面表示のオンとオフを切り替えます。        
1618 ToggleHeaderFooterLink ヘッダー/フッターを前のセクションと同じにする/しないを切り替えます。        
1619 ToggleMainTextLayer 本文の表示/非表示を切り替えます。        
1620 ToggleMasterSubdocs ハイパーリンクとして挿入するか、サブ文書として挿入するかを切り替えます。 Ctrl+\      
1621 ToggleOptimizeForLayout レイアウトを優先して最適化するオプションを切り替えます。        
1622 TogglePanningHand 文書の表示で手のひらツールを使用します。        
1623 TogglePortrait 用紙方向の縦/横のモードを切り替えます。        
1624 ToggleProofingPane 校正ウィンドウのオン/オフを切り替えます。        
1625 TogglePropertyPanel プロパティ エディターの表示/非表示を切り替えます。        
1626 ToggleReadingMode2Pages お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1627 ToggleReadingModeHelp お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1628 ToggleReadingModeInk お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1629 ToggleRibbon リボンの表示/非表示を切り替えます。 Ctrl+F1      
1630 ToggleTextFlow 縦書き/横書きを切り替えます。        
1631 ToggleThumbnail 縮小表示ビューの表示/非表示        
1632 ToggleToolbars ツール バーの表示/非表示を切り替えます。        
1633 ToggleWebDesign Web デザインを実行します。        
1634 ToggleXMLStructure [XML データ構造] ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。        
1635 ToggleXMLTagView XML タグ表示のオンとオフを切り替えます。 Ctrl+Shift+X      
1636 ToolsAddRecordDefault レコードをデータベースに追加します。        
1637 ToolsAutoCorrect オートコレクト項目を登録または削除します。        
1638 ToolsAutoCorrectCapsLockOff オートコレクトの [CapsLock キーの押し間違いを修正する] を選択または解除します。        
1639 ToolsAutoCorrectDays オートコレクトの [曜日の先頭文字を大文字にする] を選択または解除します。        
1640 ToolsAutoCorrectExceptions オートコレクトの例外処理のルールを追加または削除します。        
1641 ToolsAutoCorrectHECorrect ハングル語と英語を自動的に修正します。        
1642 ToolsAutoCorrectInitialCaps オートコレクトの [2 文字目を小文字にする] を選択または解除します。        
1643 ToolsAutoCorrectManager オートコレクトなどの入力補助機能のオプションを設定します。        
1644 ToolsAutoCorrectReplaceText オートコレクトの [入力中に自動修正する] を選択または解除します。        
1645 ToolsAutoCorrectSentenceCaps オートコレクトの [文の先頭文字を大文字にする] を選択または解除します。        
1646 ToolsAutoCorrectSmartQuotes オートコレクトの引用符を修正するオプションを選択または解除します。        
1647 ToolsAutoManager オートコレクトなどの入力補助機能のオプションを設定します。        
1648 ToolsAutoSummarize お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1649 ToolsAutoSummarizeBegin お使いの Windows では、このコマンドは使用できません。        
1650 ToolsBulletListDefault 既定値に基づいて箇条書きを作成します。        
1651 ToolsBulletsNumbers 段落番号や箇条書きの設定を変更します。        
1652 ToolsCalculate 選択範囲の数式を計算します。        
1653 ToolsCoAuthCount Backstage ビューの共同編集領域を表示します。        
1654 ToolsCompareVersions 作業中の文書と古い版を比較します。        
1655 ToolsConsistency 表記のゆれをチェックします。        
1656 ToolsCreateDirectory 新しいフォルダーを作成します。        
1657 ToolsCreateEnvelope 封筒を作成または印刷します。        
1658 ToolsCreateLabels 郵送ラベルやラベル シートを作成または印刷します。        
1659 ToolsCustomize メニューやツールバーの内容、ショートカットキーの割り当てを変更します。        
1660 ToolsCustomizeKeyboard Word のキー定義を変更します。        
1661 ToolsCustomizeKeyboardShortcut ショートカット キーを割り当てます。 Alt+Ctrl+Num +      
1662 ToolsCustomizeMenus Word のメニュー定義を変更します。        
1663 ToolsCustomizeToolbar Word のツールバーを変更します。        
1664 ToolsDictionary 選択した単語を翻訳します。        
1665 ToolsEnvelopesAndLabels 封筒、宛名ラベル、ラベル シートを作成または印刷します。        
1666 ToolsEServices Web 上のツールを開きます        
1667 ToolsGrammar 作業中の文書の文章を校正します。        
1668 ToolsGrammarHide 文章校正の結果の緑の波線を隠します。        
1669 ToolsGramSettings 文章校正の設定を行います。        
1670 ToolsHHC 選択した単語のハングルまたは漢字の単語を検索します。 Alt+Ctrl+F7      
1671 ToolsHyphenation 作業中の文書のハイフネーションの設定を変更します。        
1672 ToolsHyphenationAutoOff 作業中の文書の自動ハイフネーションの設定を変更します。        
1673 ToolsHyphenationAutoOn 作業中の文書の自動ハイフネーションの設定を変更します。        
1674 ToolsHyphenationManual 選択範囲および文書全体にハイフネーションを行います。        
1675 ToolsHyphenationMenu ハイフネーション メニュー        
1676 ToolsLanguage 選択した文字列の言語書式を変更します。        
1677 ToolsLineNumContinuous 現在の文書の行番号を隠します。        
1678 ToolsLineNumOff 現在の文書の行番号を隠します。        
1679 ToolsLineNumResetSection 現在の文書の行番号を隠します。        
1680 ToolsLineNumRestPage 現在の文書の行番号を隠します。        
1681 ToolsLineNumSuppress 現在の文書の行番号を隠します。        
1682 ToolsMacro マクロの実行、作成、削除、編集を行います。 Alt+F8      
1683 ToolsManageFields データベースからフィールドを追加または削除します。        
1684 ToolsMergeRevisions 作業中の文書の変更内容を古い版に反映します。        
1685 ToolsNumberListDefault 既定値に基づいて段落番号を設定します。        
1686 ToolsOptions Word のさまざまなオプションを変更します。        
1687 ToolsOptionsAutoFormat オートフォーマットのオプションを設定します。        
1688 ToolsOptionsAutoFormatAsYouType 入力オートフォーマットのオプションを設定します。        
1689 ToolsOptionsBidi 文字列の方向オプションを変更します。        
1690 ToolsOptionsCompatibility 文書の互換性オプションを設定します。        
1691 ToolsOptionsEdit 編集オプションを設定します。        
1692 ToolsOptionsEditCopyPaste 編集オプションを設定します。        
1693 ToolsOptionsFileLocations ファイルを検索するときの既定値を設定します。        
1694 ToolsOptionsFuzzy あいまい検索のオプションを設定します。        
1695 ToolsOptionsGeneral Word の全般オプションを設定します。        
1696 ToolsOptionsGrammar 文章校正オプションを変更します。        
1697 ToolsOptionsHHC HHC オプションを変更します。        
1698 ToolsOptionsPrint 印刷オプションを設定します。        
1699 ToolsOptionsRevisions 変更履歴オプションを設定します。        
1700 ToolsOptionsSave 保存オプションを設定します。        
1701 ToolsOptionsSecurity セキュリティ オプションを変更します。        
1702 ToolsOptionsSmartTag スマート タグのオプションを変更します。        
1703 ToolsOptionsSpelling スペル チェック オプションを変更します。        
1704 ToolsOptionsTypography 文字体裁オプションを設定します。        
1705 ToolsOptionsUserInfo ユーザー情報オプションを設定します。        
1706 ToolsOptionsView 表示オプションを設定します。        
1707 ToolsProofing 作業中の文章の校正を行います。 F7      
1708 ToolsProtect 作業中の文書または選択範囲を保護します。        
1709 ToolsProtectUnprotectDocument 作業中の文書を保護します。        
1710 ToolsRecordMacroStart マクロの記録をオン/オフします。        
1711 ToolsRecordMacroStop マクロの記録をオン/オフします。        
1712 ToolsRecordMacroToggle マクロの記録をオン/オフします。        
1713 ToolsRemoveRecordDefault データベースからレコードを削除します。        
1714 ToolsRepaginate ページ区切りを再計算します。        
1715 ToolsReviewRevisions 変更の履歴を確認します。        
1716 ToolsRevisionLockTracking 作業中文書の変更履歴のロックを切り替えます。        
1717 ToolsRevisionMarksAccept 選択した箇所の変更内容を反映します。        
1718 ToolsRevisionMarksNext 次の変更箇所を検索します。        
1719 ToolsRevisionMarksPrev 前の変更箇所を検索します。        
1720 ToolsRevisionMarksReject 選択した箇所の変更内容を取り消します。        
1721 ToolsRevisionMarksToggle 変更履歴を記録するかしないかを切り替えます。 Ctrl+Shift+E      
1722 ToolsRevisions 変更履歴の記録を行います。        
1723 ToolsSCTCTranslate 中国語の文字列を翻訳します。        
1724 ToolsShrinkToFit 1 ページ少なくなるように文字を小さくします。        
1725 ToolsSpelling 作業中の文書の英単語のスペルをチェックします。        
1726 ToolsSpellingHide スペル ミスの赤い波線を隠します。        
1727 ToolsSpellingRecheckDocument スペル チェックをもう一度行います。        
1728 ToolsSpellSelection 選択した範囲内の英単語のスペルをチェックします。        
1729 ToolsTCSCTranslate 中国語の文字列を翻訳します。        
1730 ToolsTCSCTranslation 中国語の文字列を翻訳します。        
1731 ToolsThesaurus 選択した英単語の類義語を検索します。        
1732 ToolsThesaurusRR 選択した単語の類義語を [リサーチ] 作業ウィンドウに表示します。 Shift+F7      
1733 ToolsTranslateChinese 中国語の文字列を翻訳します。        
1734 ToolsWordCount 作業中の文書の文字数、単語数などを数えます。        
1735 ToolsWordCountList 作業中の文書の文字数、単語数などを数えます。 Ctrl+Shift+G      
1736 ToolsWordCountRecount 作業中の文書の文字数、単語数などを更新します。 Ctrl+Shift+R      
1737 TopAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの上部に配置します。        
1738 TopCenterAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの中央上に配置します。        
1739 TopLeftAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの左上に配置します。        
1740 TopRightAlign セル内の文字列やグラフィックスをセルの右上に配置します。        
1741 TrackChangesOptions 変更履歴オプションを設定します。        
1742 TrackChangesSimplifiedOptions 変更履歴の詳細オプションを設定します。        
1743 Translate 翻訳を行います。        
1744 TranslatePane [翻訳] 作業ウィンドウを表示します。 Alt+Shift+F7      
1745 TriggerCommentPopout コメントの表示        
1746 TrustCenter セキュリティ オプションとプライバシー オプションを変更します。        
1747 TxbxAutosize 選択した描画オブジェクトを自動でサイズ調整するように設定を変更します。        
1748 Underline 選択した文字列に下線を設定/解除します。 Ctrl+U Ctrl+Shift+U    
1749 UnderlineColor 選択した文字列の下線の色を変更します。        
1750 UnderlineGallery 下線のスタイルの一覧を表示します。        
1751 UnderlineStyle 選択した文字列に下線を設定します。        
1752 UnHang ぶら下げインデントを小さくします。 Ctrl+Shift+T      
1753 UnIndent 左インデントを前のタブ位置へ移動します。 Ctrl+Shift+M      
1754 UnIndentChar 文字幅分ずつインデントを解除します。        
1755 UnIndentFirstChar 1 行目のみ文字幅分ずつインデントを解除します。        
1756 UnIndentFirstLine ぶら下げインデントを 2 文字分小さくします。        
1757 UnIndentLine インデントを 2 文字分小さくします。        
1758 UnlinkFields フィールド コードを実行結果に置き換えます。 Ctrl+6 Ctrl+Shift+F9    
1759 UnlockFields 選択したフィールドのロックを解除します。 Ctrl+4 Ctrl+Shift+F11    
1760 UnlockPolicyLabel ラベルのロックを解除します。        
1761 UpdateBibliography 文献目録の更新        
1762 UpdateFields 選択したフィールドの実行結果を更新して表示します。 F9 Alt+Shift+U    
1763 UpdateFieldsIndex 選択したフィールドの実行結果を更新して表示します。        
1764 UpdateFieldsTable 選択したフィールドの実行結果を更新して表示します。        
1765 UpdateFieldsToa 選択したフィールドの実行結果を更新して表示します。        
1766 UpdateFieldsTof 選択したフィールドの実行結果を更新して表示します。        
1767 UpdatePolicyLabels ポリシー ラベルを更新します。        
1768 UpdateSource リンクされたファイルの変更内容をリンク元ファイルに反映します。 Ctrl+Shift+F7      
1769 UpdateStyle 選択した文字列を基に、現在のスタイルを更新します。        
1770 UpdateTableOfContents 文書内の最初の目次を更新します。        
1771 UpdateToc 目次または図表一覧の更新方法を選択します。        
1772 UpdateTocFull 目次や図表一覧を更新します。        
1773 UpgradeDocument 文書を現在のファイル形式にアップグレードします。        
1774 UseBalloons 吹き出しを常に使用します。        
1775 ViewAnnotations コメント用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1776 ViewChanges 変更履歴用吹き出しの表示/非表示を切り替えます。        
1777 ViewCode 選択したコントロールのコードを表示します。        
1778 ViewCommentPane コメント ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。        
1779 ViewDocumentMap 見出しマップの表示/非表示を切り替えます。        
1780 ViewDocumentMapReadingMode ナビゲーション ウィンドウの状態を切り替えます。        
1781 ViewDraft 高速に表示するために、文字書式や図の表示/非表示を切り替えます。        
1782 ViewEmailSource この電子メール メッセージのソース テキストを表示します。        
1783 ViewEndnoteArea 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、文末脚注を確認、編集します。        
1784 ViewEndnoteContNotice 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、文末脚注の継続時の注を確認、編集します。        
1785 ViewEndnoteContSeparator 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、文末脚注の継続時の境界線を確認、編集します。        
1786 ViewEndnoteSeparator 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、文末脚注の境界線を確認、編集します。        
1787 ViewFieldCodes すべてのフィールド コードの表示/非表示を切り替えます。 Alt+F9      
1788 ViewFooter 印刷レイアウト モードでフッターを表示します。        
1789 ViewFooterOnly 印刷レイアウト モードでフッターを表示します。        
1790 ViewFootnoteArea 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、脚注を確認および編集します。        
1791 ViewFootnoteContNotice 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、脚注の継続時の注を確認、編集します。        
1792 ViewFootnoteContSeparator 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、脚注の継続時の境界線を確認、編集します。        
1793 ViewFootnotes 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、脚注を確認、編集します。        
1794 ViewFootnoteSeparator 脚注ウィンドウ枠の表示/非表示を切り替え、脚注の境界線を確認、編集します。        
1795 ViewGridlines グリッド線の表示/非表示を切り替えます。        
1796 ViewHeader 印刷レイアウト モードでヘッダー/フッターを表示します。        
1797 ViewHeaderOnly 印刷レイアウト モードでヘッダーを表示します。        
1798 ViewMasterDocument グループ文書モードへ切り替えます。        
1799 ViewNormal 下書きモードで表示します。 Alt+Ctrl+N      
1800 ViewOnline 文書をオンラインで作業するのに適したイメージで表示します。        
1801 ViewOutline アウトライン モードで表示します。 Alt+Ctrl+O      
1802 ViewOutlineMaster アウトライン モードで表示します。        
1803 ViewOutlineSplitToolbar [罫線] ツールバーの表示/非表示を切り替えます。        
1804 ViewPage 文書を印刷イメージで編集できるように表示します。 Alt+Ctrl+P      
1805 ViewPageFromOutline 文書を印刷イメージで編集できるように表示します。        
1806 ViewRuler ルーラーの表示/非表示を切り替えます。        
1807 ViewSecurity セキュリティを設定します。        
1808 ViewSignatures この文書の署名を表示します。        
1809 ViewStatusBar ステータス バーの表示/非表示を切り替えます。        
1810 ViewTaskPane 作業ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。        
1811 ViewToggleMasterDocument アウトライン モードとグループ文書モードを切り替えます。        
1812 ViewTogglePageBoundaries 印刷レイアウト表示で、左右の余白の表示/非表示を切り替えます。        
1813 ViewVBCode Visual Basic Editor を起動します。 Alt+F11      
1814 ViewWeb ブラウザーと同様のイメージで文書を表示します。        
1815 ViewXMLStructure [XML データ構造] ウィンドウを表示します。        
1816 ViewZoom 編集対象を拡大または縮小して表示します。        
1817 ViewZoom100 編集画面を通常のサイズで表示します。        
1818 ViewZoom200 編集画面を 200% に拡大して表示します。        
1819 ViewZoom75 編集画面を 75% に縮小して表示します。        
1820 ViewZoomPageWidth 編集画面をページ幅を基準に表示します。        
1821 ViewZoomTwoPage 印刷レイアウト モードで 2 ページの編集画面を表示します。        
1822 ViewZoomWholePage 編集画面を印刷レイアウト モードでページ全体を表示します。        
1823 WebAddHyperlnkToFavorites お気に入りへ追加します。        
1824 WebAddress ハイパーリンクのアドレスを指定します。        
1825 WebAddToFavorites お気に入りへ追加します。        
1826 WebCopyHyperlink ショートカットをコピーします。        
1827 WebGoBack 前のリンク先に戻ります。 Alt+Left      
1828 WebGoForward 次のリンク先に進みます。 Alt+Right      
1829 WebHideToolbars 他のツールバーを隠します。        
1830 WebOpenFavorites お気に入り (Favorites) フォルダーを開きます。        
1831 WebOpenHyperlink 指定したアドレスにジャンプします。        
1832 WebOpenInNewWindow ページを新しいウィンドウで開きます。        
1833 WebOpenSearchPage 検索ページを開きます。        
1834 WebOpenStartPage スタート ページを開きます。        
1835 WebOptions Web オプション ダイアログ ボックスを開きます。        
1836 WebPagePreview Web ブラウザーでページ全体を表示します。        
1837 WebRefresh 最新の情報に更新します。        
1838 WebSelectHyperlink 文字列を編集します。        
1839 WebStopLoading ジャンプを中止します。        
1840 WindowArrangeAll タイトルが重ならないようにウィンドウを整列します。        
1841 WindowArrangeSideBySide 2 つのウィンドウを並べて配置します。        
1842 WindowList 指定した文書のウィンドウに切り替えます。        
1843 WindowNewWindow 作業中の文書のウィンドウをもう 1つ開きます。        
1844 WordLeft カーソルを 1 単語左へ移動します。 Ctrl+Left      
1845 WordLeftExtend 選択範囲を 1 単語左まで拡張します。 Ctrl+Shift+Left      
1846 WordRight カーソルを 1 単語右へ移動します。 Ctrl+Right      
1847 WordRightExtend 選択範囲を 1 単語右まで拡張します。 Ctrl+Shift+Right      
1848 WordSearchLibraries ライブラリの検索        
1849 WordSetDefaultPaste 既定の貼り付けの設定(S)…        
1850 WordTableStylesBandedColumns 縞模様 (列)        
1851 WordTableStylesBandedRows 縞模様 (行)        
1852 WordTableStylesFirstColumn 最初の列        
1853 WordTableStylesHeaderRow タイトル行        
1854 WordTableStylesLastColumn 最後の列        
1855 WordTableStylesTotalRow 集計行        
1856 WordUnderline 選択した範囲のスペースを除く文字列に下線を設定/解除します。 Ctrl+Shift+W      
1857 WW7_DecreaseIndent インデントを小さくします、または選択範囲を 1 レベル上げます。        
1858 WW7_DrawTextBox テキスト ボックスを挿入します。        
1859 WW7_DrawVerticalTextBox 縦書きテキスト ボックスを挿入します。        
1860 WW7_FormatDrawingObject 選択した描画オブジェクトの塗りつぶし、線種、大きさ、位置などの変更を行います。        
1861 WW7_IncreaseIndent インデントを大きくします、または選択範囲を 1 レベル下げます。        
1862 WW7_ToolsOptions Word のさまざまなオプションを変更します。        
1863 XMLDocument XML 変換をこの文書に適用します。        
1864 XmlExpansionPacks XML 拡張パックのオプションを変更します。        
1865 XmlMappingPane XML マッピング ウィンドウの表示/非表示        
1866 XMLOptions この文書の XML 設定を変更します。        
1867 XmlSchema XML スキーマのオプションを変更します。        
1868 Zoom100 100% のサイズで表示します。        

■ 関連Webページ:

・Office 2010のオブジェクトリスト
//www.ka-net.org/blog/?p=1284
・関数一覧(Excel 2007)
//www.ka-net.org/office/of20.html
・関数一覧(Excel 2010)
//www.ka-net.org/blog/?p=1949
・関数一覧(Excel 2013 Customer Preview)
//www.ka-net.org/blog/?p=1943
・関数一覧(Excel 2013)
//www.ka-net.org/blog/?p=2387
・コマンドマクロ一覧(Word 2013 Customer Preview)
//www.ka-net.org/blog/?p=2194

関連記事

  1. Office関連

    オデッセイ コミュニケーションズ主催のExcel VBA入門セミナーに参加しました。

    今月19日に開催されたオデッセイ コミュニケーションズさん主催の「Ex…

  2. Office関連

    [OneNote]クリップボードから新しいページに貼り付け

    何かをメモするとき、ファイルを保存するとき等々、私はよくOneNote…

  3. Office関連

    ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ

    Outlookには「ユーザー設定フォーム」(Custom Forms)…

  4. Office関連

    テキストボックスの中にある表を操作するWordマクロ

    Yahoo!知恵袋で、「Wordマクロでテキストボックスの中にある表の…

  5. Office関連

    「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」のダウンロード先

    ※ 下記に紹介する方法はOfficeのサービスパックからデータ追跡機能…

  6. Office アドイン

    [Office用アプリ]「あいさつ文の挿入」を作業ウィンドウアプリに移植してみる。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 11月 12日
  2. 2013年 11月 12日
  3. 2013年 11月 28日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP