Office関連

[Excel Services ECMAScript]アクティブセルが変更されたときのイベントを利用する。

埋め込んだExcelワークブックの、アクティブセルが変更されたときのイベントに関するコードです。
アクティブセルを変更すると、そのセルの情報をalertで表示します。

[Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。」で紹介している「activeSelectionChanged」イベントと非常によく似ていますが細かい動作が異なります。
Ewa.EwaControl.add_activeCellChanged(function)」によると、その違いは下記の通りです。

The activeCellChanged event is distinct from the activeSelectionChanged event. The active cell is the cell that will receive input from the keyboard. The active selection is the range of cells that is currently selected. The active cell can change while the active range remains the same.

複数のセルを選択した状態でタブキーを押して動作を確認してみると、その違いが分かるでしょう。

<script type="text/javascript" src="http://r.office.microsoft.com/r/rlidExcelWLJS?v=1&kip=1"></script>
<script type="text/javascript">
    var fileToken = "SD92A165759188B352!265/-7880906317294423214/";

    if (window.attachEvent) {
        window.attachEvent("onload", loadEwaOnPageLoad);
    } else {
        window.addEventListener("DOMContentLoaded", loadEwaOnPageLoad, false);
    }

    function loadEwaOnPageLoad() {
        var props = {
            uiOptions: {
                showGridlines: false,
                showRowColumnHeaders: false,
                selectedCell: "'Sheet1'!A1"
            },
            interactivityOptions: { }
        };

        Ewa.EwaControl.loadEwaAsync(fileToken, "myExcelDiv", props, onEwaLoaded);
    }

    function onEwaLoaded(result) {
        ewa = Ewa.EwaControl.getInstances().getItem(0);
        ewa.add_activeCellChanged(cellChanged);
    }
    
    function cellChanged(rangeArgs) {
        var n = "シート名:" + rangeArgs.getRange().getSheet().getName() + "\n";
        n = n + "位置:" + rangeArgs.getRange().getRow() + " , " +  rangeArgs.getRange().getColumn() + "\n";
        n = n + "値:" + rangeArgs.getFormattedValues();
        alert(n);
    }
</script>
<div id="myExcelDiv" style="width: 400px; height: 150px"></div>


・Ewa.EwaControl.add_activeCellChanged(function)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee589067.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getRange()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660134.aspx
・Ewa.Range.getSheet()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660133.aspx
・Ewa.Range.getRow()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660091.aspx
・Ewa.Range.getColumn()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660063.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getFormattedValues()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660060.aspx

[Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。前のページ

[Excel Services ECMAScript]セルにデータを入力する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    ConvertToTextメソッドを使ってテーブルを二次元配列に変換するWordマクロ

    WordのTableオブジェクトには、テーブルを解除して文字列に変換す…

  2. Office関連

    表の特定の列に対して処理を行うWordマクロ

    2015/6/12 追記:下記で紹介しているコードはセルの結合を考…

  3. Office関連

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

  4. Office関連

    コントロールID 一覧(Office 2013)

    2013/03/25 追記:Office 2013のコントロールI…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]開発入門の記事を書かせていただきました。

    日経ソフトウエア 2014年3月号から連載の「Office用アプリ開発…

  6. Office関連

    組み込み定数を列挙するVBAマクロ

    定数の名前や値を調べたい、そんなときはTypeLib Informat…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP