Office関連

[Excel Services ECMAScript]アクティブセルが変更されたときのイベントを利用する。

埋め込んだExcelワークブックの、アクティブセルが変更されたときのイベントに関するコードです。
アクティブセルを変更すると、そのセルの情報をalertで表示します。

[Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。」で紹介している「activeSelectionChanged」イベントと非常によく似ていますが細かい動作が異なります。
Ewa.EwaControl.add_activeCellChanged(function)」によると、その違いは下記の通りです。

The activeCellChanged event is distinct from the activeSelectionChanged event. The active cell is the cell that will receive input from the keyboard. The active selection is the range of cells that is currently selected. The active cell can change while the active range remains the same.

複数のセルを選択した状態でタブキーを押して動作を確認してみると、その違いが分かるでしょう。

<script type="text/javascript" src="http://r.office.microsoft.com/r/rlidExcelWLJS?v=1&kip=1"></script>
<script type="text/javascript">
    var fileToken = "SD92A165759188B352!265/-7880906317294423214/";

    if (window.attachEvent) {
        window.attachEvent("onload", loadEwaOnPageLoad);
    } else {
        window.addEventListener("DOMContentLoaded", loadEwaOnPageLoad, false);
    }

    function loadEwaOnPageLoad() {
        var props = {
            uiOptions: {
                showGridlines: false,
                showRowColumnHeaders: false,
                selectedCell: "'Sheet1'!A1"
            },
            interactivityOptions: { }
        };

        Ewa.EwaControl.loadEwaAsync(fileToken, "myExcelDiv", props, onEwaLoaded);
    }

    function onEwaLoaded(result) {
        ewa = Ewa.EwaControl.getInstances().getItem(0);
        ewa.add_activeCellChanged(cellChanged);
    }
    
    function cellChanged(rangeArgs) {
        var n = "シート名:" + rangeArgs.getRange().getSheet().getName() + "\n";
        n = n + "位置:" + rangeArgs.getRange().getRow() + " , " +  rangeArgs.getRange().getColumn() + "\n";
        n = n + "値:" + rangeArgs.getFormattedValues();
        alert(n);
    }
</script>
<div id="myExcelDiv" style="width: 400px; height: 150px"></div>


・Ewa.EwaControl.add_activeCellChanged(function)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee589067.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getRange()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660134.aspx
・Ewa.Range.getSheet()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660133.aspx
・Ewa.Range.getRow()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660091.aspx
・Ewa.Range.getColumn()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660063.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getFormattedValues()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660060.aspx

[Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。前のページ

[Excel Services ECMAScript]セルにデータを入力する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    VBE用のCOMアドインをメモ帳で作ってみる。

    “Officeアプリケーション用のCOMアドインをVisual Stu…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(R)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    [Word]隠し文字をクイックアクセスツールバーから設定する。

    Wordで、部分的に印刷したくない文字列がある場合には「隠し文字」がよ…

  4. Office関連

    組み込み定数を列挙するVBAマクロ

    定数の名前や値を調べたい、そんなときはTypeLib Informat…

  5. Office関連

    代替テキストを削除するPowerPointマクロ

    PowerPointの図やSmartArt、グループやグラフといった視…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP