Office関連

[Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。

埋め込んだExcelワークブックの、選択範囲が変更されたときのイベントに関するコードです。
選択範囲を変更すると、新しい選択範囲の情報をalertで表示します。

[Excel Services ECMAScript]アクティブセルが変更されたときのイベントを利用する。」で紹介している「activeCellChanged」イベントと非常によく似ていますが細かい動作が異なります。
Ewa.EwaControl.add_activeSelectionChanged(function)」によると、その違いは下記の通りです。

The activeCellChanged event is distinct from the activeSelectionChanged event. The active cell is the cell that will receive input from the keyboard. The active selection is the range of cells that is currently selected. The active cell can change while the active range remains the same.

複数のセルを選択した状態でタブキーを押して動作を確認してみると、その違いが分かるでしょう。

<script type="text/javascript" src="http://r.office.microsoft.com/r/rlidExcelWLJS?v=1&kip=1"></script>
<script type="text/javascript">
    var fileToken = "SD92A165759188B352!265/-7880906317294423214/";

    if (window.attachEvent) {
        window.attachEvent("onload", loadEwaOnPageLoad);
    } else {
        window.addEventListener("DOMContentLoaded", loadEwaOnPageLoad, false);
    }

    function loadEwaOnPageLoad() {
        var props = {
            uiOptions: {
                showGridlines: false,
                showRowColumnHeaders: false,
                selectedCell: "'Sheet1'!A1"
            },
            interactivityOptions: { }
        };

        Ewa.EwaControl.loadEwaAsync(fileToken, "myExcelDiv", props, onEwaLoaded);
    }

    function onEwaLoaded(result) {
        ewa = Ewa.EwaControl.getInstances().getItem(0);
        ewa.add_activeSelectionChanged(selectionChanged);
    }
    
    function selectionChanged(rangeArgs) {
        var n = "シート名:" + rangeArgs.getRange().getSheet().getName() + "\n";
        n = n + "位置:" + rangeArgs.getRange().getRow() + " , " +  rangeArgs.getRange().getColumn() + "\n";
        n = n + "値:" + rangeArgs.getFormattedValues();
        alert(n);
    }
</script>
<div id="myExcelDiv" style="width: 400px; height: 150px"></div>


・Ewa.EwaControl.add_activeSelectionChanged(function)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee589017.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getRange()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660134.aspx
・Ewa.Range.getSheet()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660133.aspx
・Ewa.Range.getRow()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660091.aspx
・Ewa.Range.getColumn()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660063.aspx
・Ewa.RangeEventArgs.getFormattedValues()
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee660060.aspx

[Excel Services ECMAScript]アクティブなシート名を取得する。前のページ

[Excel Services ECMAScript]アクティブセルが変更されたときのイベントを利用する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    マクロに割り当てたショートカットキーをCSVファイルとして出力するWordマクロ

    Word MVPの新田さんが書かれた以下の記事を見て思いついたマクロで…

  2. Office アドイン

    [Officeアドイン]枠線(目盛線)の表示・非表示を切り替える方法

    ここ二週間ほど体調を崩していたので久しぶりのブログ更新です。久…

  3. Office関連

    「ちゃうちゃう!」で2つの文書を比較するWordマクロ

    2014/08/10 追記:ちゃうちゃう!がバージョンアップされま…

  4. Office関連

    [PowerPoint]Applicationオブジェクトのイベントを利用する

    PowerPointのApplicationオブジェクトには、スライド…

  5. Office関連

    [Office VBA]リボンのカスタマイズ環境の紹介

    Office開発に携われている方ならご存じの方も多いと思いますが、Of…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP