Office関連

VBAの力量をはかる3つの質問

先日、Twitterはけた氏の面白いツイートがありました。

VBAの力量をはかる3つの質問を考えてみよう、というものです。
質問する際のシチュエーション等の縛りは無いので、私は「会社でExcel VBA案件を外注するときの面接」を想定して、3つの質問を考えてみました。
(そもそも外に出すほどのVBAマクロの開発案件があるのかどうかは置いておきます。)

  1. バージョン管理してますか?
  2. 周知の通り、Excelマクロの場合、コードがファイルに埋め込まれているのでバージョン管理しづらいです。

    結果として、「ファイル名(1).xlsm」「ファイル名(2).xlsm」「(日付)_ファイル名.xlsm」といったファイルが乱雑に生成され、どのファイルが最新で誰がどこに手を入れたのか分からなくなってしまうことも多々あるわけですが、そんな中、「テキストに落としてGitで管理しています」なんて回答がくると、心の中でいいね!ボタンを押したくなります。

    もちろんGitにこだわる必要は無いので、いつ・誰が・どこに手を入れたのかが分かるような工夫をしているかどうか、この辺りを聞くことで、相手がどのような意識でもってマクロの管理をしているのかを判別できます。

  3. ドキュメント残してますか?
  4. 私の経験上、VBAマクロで大掛かりなものを作ることはあまりないのですが、業務で使用するマクロを開発する上で重要だと思っているのが“ドキュメントを残すこと”です。

    コードの内容はもちろんですが、(1)いつ、誰からの依頼でマクロを作ったのか、(2)誰がマクロを使っているのか、(3)何のためにマクロを作ったのか、そういった経緯も含めて残しておかないと、数年後自分が苦労することになります。

    マクロを書いて何年か経った後、ユーザー部門から「ウチで使ってるこのマクロなんだけど・・・」なんて相談がきたとき、何の資料も残っていないと、「えっ?なにそれ!?全然覚えが無いんだけど・・・」、自分が書いたマクロにも関わらず←こうなります。

    しっかりしたドキュメントでなくても、依頼された時のメールを印刷したもの、簡単なメモ書き、そんな程度でも構いません。
    何かしら残っていないと自分(もしくは後任の誰か)が苦労することになります(戒め)。

  5. これまで書いたマクロで一番大規模なものは?
  6. 私としては上2つの質問さえ聞ければ後は適当に雑談でも良いと思うのですが、話を広げるためにもザックリと答えやすい質問も考えてみました。

    WordやOutlookといった他のOfficeアプリケーションと連携するマクロ、Internet Explorerを操作するマクロ、SQL Server等のDBと連携するマクロ等々、VBAでは幅広い処理を行える分、様々な回答が期待でき、そこから次の質問へと繋げやすいのではないかと思います。

以上のように、私はあくまでも業務利用を前提とした質問を考えてみたのですが、下記のような質問を考えた方もいらっしゃいました。

むぎさんはブログ記事も書かれています。

様々な観点があって実に面白いです!

指定したフォルダ内で最も更新日時の新しいファイルのパスを取得するVBScript前のページ

[Google Apps Script]スライド画面いっぱいの大きさで動画を挿入する次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(V)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    Internet Explorerのタブを切り替えるVBAマクロ

    前回の記事でInternet Explorerを操作するVBAマクロを…

  4. Office関連

    PHPPresentationを使ってPHPからPowerPointファイルを出力してみる。

    久しぶりにPHPOfficeを覗いてみたら「PHPPresentati…

  5. Office関連

    Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

    「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って…

  6. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ

    「「Gmail API」β版公開、連動アプリ開発を支援」にもあるように…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP