Office関連

ZIP形式で圧縮・解凍を行うVBAマクロ

この記事のように、処理の中でZIP形式のファイルを扱うことはありましたが、圧縮・解凍処理だけを記事にすることは無かったので、簡単にコードをまとめてみました。

Option Explicit

Public Sub ZipSample()
  ZipFileOrFolder "C:\Test\Files" 'フォルダ圧縮
  MsgBox "処理が終了しました。", vbInformation + vbSystemModal
End Sub

Public Sub UnZipSample()
  UnZipFile "C:\Test\Files\Test.zip"
  MsgBox "処理が終了しました。", vbInformation + vbSystemModal
End Sub

Public Sub ZipFileOrFolder(ByVal SrcPath As Variant, _
                           Optional ByVal DestFolderPath As Variant = "")
'ファイル・フォルダをZIP形式で圧縮
'SrcPath:元ファイル・フォルダ
'DestFolderPath:出力先、指定しない場合は元ファイル・フォルダと同じ場所
  Dim DestFilePath As Variant
  
  With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If IsFolder(DestFolderPath) = False Then
      If IsFolder(SrcPath) = True Then
        DestFolderPath = SrcPath
      ElseIf IsFile(SrcPath) = True Then
        DestFolderPath = .GetFile(SrcPath).ParentFolder.Path
      Else: Exit Sub
      End If
    End If
    DestFilePath = AddPathSeparator(DestFolderPath) & _
                     .GetBaseName(SrcPath) & ".zip"
    '空のZIPファイル作成
    With .CreateTextFile(DestFilePath, True)
      .Write ChrW(&H50) & ChrW(&H4B) & ChrW(&H5) & ChrW(&H6) & String(18, ChrW(0))
      .Close
    End With
  End With
  
  With CreateObject("Shell.Application")
    With .NameSpace(DestFilePath)
      .CopyHere SrcPath
      While .Items.Count < 1
        DoEvents
      Wend
    End With
  End With
End Sub

Public Sub UnZipFile(ByVal SrcPath As Variant, _
                     Optional ByVal DestFolderPath As Variant = "")
'ZIPファイルを解凍
'SrcPath:元ファイル
'DestFolderPath:出力先、指定しない場合は元ファイルと同じ場所
'※出力先に同名ファイルがあった場合はユーザー判断で処理
  With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If .FileExists(SrcPath) = False Then Exit Sub
    If LCase(.GetExtensionName(SrcPath)) <> "zip" Then Exit Sub
    If IsFolder(DestFolderPath) = False Then
      DestFolderPath = .GetFile(SrcPath).ParentFolder.Path
    End If
  End With
  
  With CreateObject("Shell.Application")
    .NameSpace(DestFolderPath).CopyHere .NameSpace(SrcPath).Items
  End With
End Sub

Private Function IsFolder(ByVal SrcPath As String) As Boolean
  IsFolder = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").FolderExists(SrcPath)
End Function

Private Function IsFile(ByVal SrcPath As String) As Boolean
  IsFile = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").FileExists(SrcPath)
End Function

Private Function AddPathSeparator(ByVal SrcPath As String) As String
  If Right(SrcPath, 1) <> ChrW(92) Then SrcPath = SrcPath & ChrW(92)
  AddPathSeparator = SrcPath
End Function

Shellで処理するため、外部のアプリケーションやDLLが不要な点はメリットとして挙げられるのですが、上記コードの処理は“サポート対象外”となっているので、場合によっては上手く処理できないかもしれません。

関連記事

2016年10月の人気記事前のページ

【感想】なんと染め抜く次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    YO OFFICE(Yeoman)を使ってOffice アドインのひな型を作成する方法

    Webアプリのひな型を一発で作ってくれる便利ツール「Yeoman」には…

  2. Office関連

    [Excel VBA]PrintPreview後に印刷するとCtrl+;の日付形式が変わる?

    MSDNフォーラムで面白い質問がありました。・Excel …

  3. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]選択範囲が変更されたときのイベントを利用する。…

    埋め込んだExcelワークブックの、選択範囲が変更されたときのイベント…

  4. Office関連

    Office クリップボードをマクロで操作する(UI Automation)

    以前MSAAを利用してOffice クリップボードを操作するマクロを書…

  5. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]ループによる入力と一括入力の処理時間について

    埋め込んだExcelワークブックのセルに対して、ループで1セルずつ入力…

  6. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(S)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP