Windows 10

Microsoft Edgeの場所

Edge 本体 場所」「Microsoft Edge EXE どこ」といったキーワード検索によるアクセスが結構あるので、記事として書いておきます。

Microsoft Edge本体の場所

Microsoft Edgeがどのようなプロセスなのかはタスク マネージャーを見ると分かります。
(プロセス > 詳細 > プロパティ)

プロセスのプロパティを表示すると、Edge本体の名前は「MicrosoftEdge.exe」、ファイルの場所は「C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe」となっています。

エクスプローラーで上記のフォルダを開くと、たしかに「MicrosoftEdge.exe」(「MicrosoftEdgeCP.exe」はタブを追加するたび開かれるプロセス)があることが確認できますが、このままダブルクリックしてもEdgeは起動しません。

Edgeを起動する場合は、「shell:AppsFolder」や「microsoft-edge:」を使うと良いでしょう。

Internet Explorerのお気に入りを列挙するVBScript前のページ

Lhaplusのバージョンを取得するVBScript次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    プリキュア・プリンセスパーティーってWindowsだったの?

    Office 2016だOffice アドインだと記事を書いておきつつ…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeのショートカットをデスクトップに作成する。

    最近のアクセスログを見ていると「Edge ショートカット デスクトップ…

  3. Windows関連

    [Windows 8.1]Classic Shellをインストールしてみました。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・64ビット)に基づ…

  4. Windows関連

    特殊フォルダーのパスを取得するVBScript

    ファイルのコピーや移動を行う場合に特殊フォルダーのパスが必要になること…

  5. Windows 10

    Microsoft Edgeでリンク先を開く

    Microsoft Edgeでリンク先を開く前々回の記事の関連…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP