Windows 10

Microsoft Edgeの場所

Edge 本体 場所」「Microsoft Edge EXE どこ」といったキーワード検索によるアクセスが結構あるので、記事として書いておきます。

Microsoft Edge本体の場所

Microsoft Edgeがどのようなプロセスなのかはタスク マネージャーを見ると分かります。
(プロセス > 詳細 > プロパティ)

プロセスのプロパティを表示すると、Edge本体の名前は「MicrosoftEdge.exe」、ファイルの場所は「C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe」となっています。

エクスプローラーで上記のフォルダを開くと、たしかに「MicrosoftEdge.exe」(「MicrosoftEdgeCP.exe」はタブを追加するたび開かれるプロセス)があることが確認できますが、このままダブルクリックしてもEdgeは起動しません。

Edgeを起動する場合は、「shell:AppsFolder」や「microsoft-edge:」を使うと良いでしょう。

Internet Explorerのお気に入りを列挙するVBScript前のページ

Lhaplusのバージョンを取得するVBScript次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    VivoTab RT TF600TにWindows RT 8.1をインストールしました。

    Windows ストアからWindows RT 8.1がダウンロードで…

  2. Windows 10

    [Selenium]ExecuteScriptで指定した要素のIDを取得する。

    MSDN フォーラムにあった質問「Edge向けWebDriverでDO…

  3. Windows 10

    ストアアプリを起動するPowerShellコード

    ストアアプリ(UWPアプリ)は実行ファイルをダブルクリックする等して直…

  4. VBScript

    Microsoft Edgeのバージョン情報をクリップボードにコピーするVBScript

    前回の記事に引き続き、自分の手間を減らすためのスクリプト、今回はMic…

  5. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP