Office関連

[PowerPoint]テーブルを「変形」して値の変化を強調

前回の記事と同じく、Insider版のバージョン 1903 (ビルド 11406.20002)でテーブルの「変形」機能が強化されたので、実際に試してみました。

テーブルに画面切り替え効果「変形」を適用する方法

  1. スライドにテーブルを挿入します。
  2. 手順1.のスライドをコピーし、新しいスライドを追加します。スライドに限らずオブジェクトを複製するときは、ショートカットキーCtrl + Dが便利です。
  3. 手順2.で複製したスライドのテーブルを編集します。
  4. 画面切り替えタブ > 画面切り替えグループ から、手順2.のスライドに「変形」効果を設定します。
  5. プレビュー」ボタンで動作を確認します。

以上のように、テーブルを変形させることで値の変化を強調することができるようになります。

2019/2/20 時点ではInsider版での機能追加なので、今後仕様が変更される可能性がありますが、訴求力の高いプレゼンテーションを作成するのに非常に役立つ機能ですので、是非一度お試しください!

[PowerPoint]シェイプの名前を指定して「変形」ができるようになりました。前のページ

【感想】出動!イルカ・クジラ110番次のページ

関連記事

  1. Office関連

    文書が互換モードかどうかを判定するWordマクロ

    古いバージョンのWordで作成された文書を開くと、タイトル バーに「互…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(C)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ

    Outlookには「ユーザー設定フォーム」(Custom Forms)…

  4. Office関連

    MicrosoftのDictateアドインを試してみました。

    Microsoftがハンズフリー入力をサポートするOffice用(Wo…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]JavaScript API for Office ライブラリ v1.1

    2014/01/24 追加記事を書きました。・JavaScript…

  6. Office関連

    Office 2013で追加・変更されたコントロールID

    2013/03/25 追記:Office 2013のコントロールI…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP