Windows関連

2020年12月31日にAdobe Flash Playerのサポートが終了します。

下記サイトにある通り、2020年12月31日でAdobe Flash Playerのサポートが終了し、以降、セキュリティパッチも配布されなくなります。

Adobe公式の案内によると、今年後半にはアンインストールを促す警告画面を表示するとのことでしたが、ついに私のPCでも表示されました。

Flash Playerをご利用いただきありがとうございます。

Flash Player に対するアドビのサポートは、2020 年 12 月 31 日で終了します。詳しくは、Adobe Flash Player サポート終了情報ページを参照してください。Flashコンテンツにアクセスする必要がない場合は、下の「アンインストール」ボタンをクリックして、お使いのシステムからFlash Player を削除することをお勧めします。

「アンインストール」ボタンをクリックしたところ、下図のUACダイアログが表示され、「プログラムの場所」が下記になっていました。

"C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashUtil32_32_0_0_445_Plugin.exe" -eoluninstall

これを見る限り、サポート終了の警告画面からは、「-eoluninstall」オプションを付けて、FlashUtilを実行するようです。

サポート終了前にアンインストールすることが推奨

下記の通り公式からは、サポート終了日前にFlash Playerをアンインストールすることが推奨されています。
(機械翻訳なのか、一部日本語が怪しいですが・・・)

サポート終了日後は、Flash Playerのアップデートとセキュリティパッチは発行しません。サポート終了日より前にFlash Playerヲアンインストールすることを推奨します(WindowsユーザーおよびMacユーザー向け手動アンインストール手順をご確認ください)。今年の後半には、ユーザーのマシンにインストールされているFlash Playerのアンインストールを促すプロンプトを表示します。また、Flashベースのコンテンツは、サポート終了日以降、Adobe Flash Playerでの実行がブロックされます。

https://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/end-of-life.html

Update on Adobe Flash Player End of Support」によると、Windows環境では、Flash Playerを削除するための更新プログラム、「Update for Removal of Adobe Flash Player」が今年の秋からMicrosoft Update カタログで提供されるとのことでしたが、10月20日時点ではまだ公開されていないようなので、まずはこの更新プログラムの公開を待って、配信されたら検証を進めようと思います。

ちなみに、2021年の初めには、この更新プログラムがWindowsUpdateとWSUSでも配信されるようになるとのことです。

【感想】標本バカ(著・川田伸一郎)前のページ

2020年10月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    ICONIATABの画面が自動的に回転しない?

    前々回の記事でICONIATAB-W500P1にWindows 8 D…

  2. Windows関連

    [Windows 8]シャットダウンはどこ?

    2012/03/01 追記:Windows 8 Consumer Pr…

  3. Windows関連

    [Windows 8]アプリをアンインストールする。

    今回はWindows 8でストアからインストールしたアプリをアンインス…

  4. Windows関連

    Windows 8 Consumer Previewをインストールしてみました。

    先日、ついにWindows 8 Consumer Previewがリリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP