VBScript

ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログを表示するVBScriptをまとめてみました。
OSやIEのバージョンによっては実行できないものもあります。

Option Explicit

'MsgBox GetFilePathMC()
'MsgBox GetFilePathSF()
'MsgBox GetFilePathUACD()
'MsgBox GetFilePathIE()
MsgBox GetFilePathIE2()

Private Function GetFilePathMC()
'Comdlg32.ocxを利用したダイアログ
'※ 要コントロールデザイン時のライセンス(http://support.microsoft.com/kb/281848/ja)
  With CreateObject("MSComDlg.CommonDialog")
    .Filter = "All Files|*.*"
    .InitDir = "."
    .MaxFileSize = 256
    .ShowOpen
    GetFilePathMC = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathSF()
'SAFRCFileDlg.FileOpenを利用したダイアログ
'※ Windows XP限定
  With CreateObject("SAFRCFileDlg.FileOpen")
    If .OpenFileOpenDlg Then GetFilePathSF = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathUACD()
'UserAccounts.CommonDialogを利用したダイアログ
'※ Windows XP限定
  With CreateObject("UserAccounts.CommonDialog")
    .Filter = "All Files|*.*"
    .InitialDir = "."
    If .ShowOpen Then GetFilePathUACD = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathIE()
'IEを利用したダイアログ
'※ Internet Explorer 8以降ではfakepathが返されます。
  Dim iptObj
  Dim ret
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = False
    .Navigate "about:blank"
    
    '表示待ち
    While .Busy Or .readyState <> 4
      WScript.Sleep 100
    Wend
    
    Set iptObj = .document.createElement("input")
    iptObj.setAttribute "type", "file"
    .document.appendChild iptObj
    iptObj.Click
    ret = iptObj.Value
    Set iptObj = Nothing
    .Quit
  End With
  GetFilePathIE = ret
End Function

Private Function GetFilePathIE2()
'IEを利用したダイアログ(2)
'※ Internet Explorer 8以降にも対応
  Dim iptObj
  Dim ret
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = False
    .FullScreen = True
    .Navigate "about:blank"
    
    '表示待ち
    While .Busy Or .readyState <> 4
      WScript.Sleep 100
    Wend
    
    Set iptObj = .document.createElement("input")
    iptObj.setAttribute "type", "file"
    .document.body.appendChild iptObj
    iptObj.Click
    If Trim(Len(iptObj.Value)) > 0 Then
      iptObj.Focus
      .ExecWB 17, 0 'OLECMDID_SELECTALL
      .ExecWB 12, 0 'OLECMDID_COPY
      ret = CreateObject("htmlfile").parentWindow.clipboardData.GetData("text")
    End If
    Set iptObj = Nothing
    .Quit
  End With
  GetFilePathIE2 = ret
End Function

関連記事

  1. VBScript

    Illustratorに登録されたPDFプリセットを列挙するVBScript

    前回の記事で、VBSからIllustratorが操作できることを紹介し…

  2. VBScript

    Windowsのバージョン情報を取得する

    小ネタです。verコマンドを利用してWindowsのバージ…

  3. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBScript

    「Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDrive…

  4. VBScript

    動画回転用簡易FFmpegフロントエンド

    アーケードゲームのプレイを録画した際、機器によっては録画した動画の向き…

  5. VBScript

    Office付属のVBEでVBScriptコードを書くのを助けるVBScript

    VBScriptのコードを書くとき、メモ帳等のテキストエディタではイン…

  6. Windows 10

    AppUserModelId(AUMID)を列挙するVBScript

    「「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 12月 02日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP