VBScript

ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログを表示するVBScriptをまとめてみました。
OSやIEのバージョンによっては実行できないものもあります。

Option Explicit

'MsgBox GetFilePathMC()
'MsgBox GetFilePathSF()
'MsgBox GetFilePathUACD()
'MsgBox GetFilePathIE()
MsgBox GetFilePathIE2()

Private Function GetFilePathMC()
'Comdlg32.ocxを利用したダイアログ
'※ 要コントロールデザイン時のライセンス(http://support.microsoft.com/kb/281848/ja)
  With CreateObject("MSComDlg.CommonDialog")
    .Filter = "All Files|*.*"
    .InitDir = "."
    .MaxFileSize = 256
    .ShowOpen
    GetFilePathMC = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathSF()
'SAFRCFileDlg.FileOpenを利用したダイアログ
'※ Windows XP限定
  With CreateObject("SAFRCFileDlg.FileOpen")
    If .OpenFileOpenDlg Then GetFilePathSF = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathUACD()
'UserAccounts.CommonDialogを利用したダイアログ
'※ Windows XP限定
  With CreateObject("UserAccounts.CommonDialog")
    .Filter = "All Files|*.*"
    .InitialDir = "."
    If .ShowOpen Then GetFilePathUACD = .FileName
  End With
End Function

Private Function GetFilePathIE()
'IEを利用したダイアログ
'※ Internet Explorer 8以降ではfakepathが返されます。
  Dim iptObj
  Dim ret
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = False
    .Navigate "about:blank"
    
    '表示待ち
    While .Busy Or .readyState <> 4
      WScript.Sleep 100
    Wend
    
    Set iptObj = .document.createElement("input")
    iptObj.setAttribute "type", "file"
    .document.appendChild iptObj
    iptObj.Click
    ret = iptObj.Value
    Set iptObj = Nothing
    .Quit
  End With
  GetFilePathIE = ret
End Function

Private Function GetFilePathIE2()
'IEを利用したダイアログ(2)
'※ Internet Explorer 8以降にも対応
  Dim iptObj
  Dim ret
  
  With CreateObject("InternetExplorer.Application")
    .Visible = False
    .FullScreen = True
    .Navigate "about:blank"
    
    '表示待ち
    While .Busy Or .readyState <> 4
      WScript.Sleep 100
    Wend
    
    Set iptObj = .document.createElement("input")
    iptObj.setAttribute "type", "file"
    .document.body.appendChild iptObj
    iptObj.Click
    If Trim(Len(iptObj.Value)) > 0 Then
      iptObj.Focus
      .ExecWB 17, 0 'OLECMDID_SELECTALL
      .ExecWB 12, 0 'OLECMDID_COPY
      ret = CreateObject("htmlfile").parentWindow.clipboardData.GetData("text")
    End If
    Set iptObj = Nothing
    .Quit
  End With
  GetFilePathIE2 = ret
End Function

関連記事

  1. Windows関連

    ダウンロードフォルダーのパスを取得するVBScript

    ダウンロードフォルダーのパスを取得する必要があったので、過去に書いた記…

  2. VBScript

    clipコマンドを利用してクリップボードに文字列をコピーするVBScript

    clipコマンドを利用して文字列をクリップボードにコピーするVBScr…

  3. VBScript

    Illustratorに登録されたPDFプリセットを列挙するVBScript

    前回の記事で、VBSからIllustratorが操作できることを紹介し…

  4. VBScript

    Expression WebでVBScriptのコードを書いてみる。

    今日たまたま下記の記事を見つけました。10年近く前の古い記事です。…

  5. VBScript

    クリップボードに文字列をコピーする

    2012/4/3 追記:関連記事として「clipコマンドを利用してクリ…

  6. Outlook

    msgファイルから添付ファイルを抽出するVBScript

    「msgファイルから添付ファイルを抽出するスクリプト」といったキーワー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 12月 02日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP