Windows関連

[Windows 8]ライセンス認証時に「DNS名がありません。」とのエラーが表示される。

2012年8月16日(日本時間)にWindows 8のRTM(Release To Manufacturing)版がリリースされました。
MSDN サブスクリプション」や「TechNet サブスクリプション」からEnterprise版もダウンロードできるのですが、OSインストール後のライセンス認証時に「DNS名がありません。」とのエラーが表示される場合があります。

上記エラーが表示された場合は、下記の手順でプロダクトキーの変更を行えば、無事にライセンス認証できるようになります。

  1. Win + X」キーを押して、クイックアクセスメニューから「コマンド プロンプト (管理者)」を実行します。
  2. slmgr.vbs /ipk AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE」(AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE部分は変更後のプロダクトキー)と入力し、Enterキーを押します。
  3. プロダクト キー AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE を正常にインストールしました。」とのメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  4. コマンドプロンプトで続けて「slmgr.vbs -ato」と入力し、Enterキーを押します。
  5. 製品は正常にライセンス認証されました。」とのメッセージが表示されれば作業終了です。

関連記事

  1. Windows 10

    AppUserModelId(AUMID)を列挙するVBScript

    「「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動す…

  2. Windows 10

    [Windows 10]「コマンド ウィンドウをここで開く」を復元する方法

    この記事にあるように、これまではShiftキーを押しながらフォルダを右…

  3. Windows関連

    [Windows 8]WMIでOSの情報を取得してみました。

    WMIでWindows 8 Developer Preview(英語版…

  4. Windows関連

    Windows 8.1をインストールしてみました。

    下記の記事にもあるように、開発者向けにWindows 8.1の製品版(…

  5. Windows 10

    特殊フォルダやプログラムのCLSID一覧とShellコマンド一覧

    「「プログラムと機能」からインストールされているアプリケーションの一覧…

  6. Windows 10

    Microsoft Update カタログから累積更新プログラムをダウンロードするVBScript

    「累積更新プログラム」とは、その名の通りOSを最新の状態に保つための更…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP