Windows 10

SeleniumBasic(Selenium VBA)がMicrosoft Edgeに対応しました。

言わずと知れたWebブラウザーの自動制御ツール「Selenium」のVBA向けラッパー「SeleniumBasic」(旧Selenium VBA)が v2.0.6.0 でMicrosoft Edgeに対応しました。

Option Explicit

Public Sub SeleniumBasicSample()
  With CreateObject("Selenium.EdgeDriver")
    .Start
    .Get "http://www.bing.com/"
    .FindElementById("sb_form_q", 5000).SendKeys "Microsoft MVP"
    .FindElementById("sb_form_go").Click
    .TakeScreenshot(1000).ToExcel ActiveSheet.Range("C3")
    .Quit
  End With
End Sub

SeleniumBasicWithMicrosoftEdge_01

EdgeがCOMオートメーション非サポートで、外部から制御するにはWebDriverを使う必要があると知り、SeleniumBasicの対応はまだかまだかと待ち望んでいましたが、ここにきてようやく対応です。
これでVBAからEdgeの制御がしやすくなりますね!!

2018/7/26 追記:
改めて動作確認してみました。


2019/6/5 追記:
Windows 10 May 2019 Updateでも動作確認を行いました。

2015年10月の人気記事前のページ

[リボン・カスタマイズ]dynamicMenu要素から任意のマクロを実行する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    PowerPointの自動実行マクロ

    ExcelのAuto_OpenやWordのAutoOpenのように、P…

  2. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]カスタムタブを共有する。

    ※ 2015/2/18 コードに一部誤りがあったので修正しました。…

  3. Office関連

    名前付きセル(範囲)にコメントを付けるVBAマクロ

    Excelでマニュアルを作成する際、名前付きセル範囲を明記する必要があ…

  4. Office関連

    Excel 2016でマップグラフを作成する。

    12月6日、Office Insider向けに、Office 2016…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP