Windows 10

SeleniumBasic(Selenium VBA)がMicrosoft Edgeに対応しました。

言わずと知れたWebブラウザーの自動制御ツール「Selenium」のVBA向けラッパー「SeleniumBasic」(旧Selenium VBA)が v2.0.6.0 でMicrosoft Edgeに対応しました。

Option Explicit

Public Sub SeleniumBasicSample()
  With CreateObject("Selenium.EdgeDriver")
    .Start
    .Get "http://www.bing.com/"
    .FindElementById("sb_form_q", 5000).SendKeys "Microsoft MVP"
    .FindElementById("sb_form_go").Click
    .TakeScreenshot(1000).ToExcel ActiveSheet.Range("C3")
    .Quit
  End With
End Sub

SeleniumBasicWithMicrosoftEdge_01

EdgeがCOMオートメーション非サポートで、外部から制御するにはWebDriverを使う必要があると知り、SeleniumBasicの対応はまだかまだかと待ち望んでいましたが、ここにきてようやく対応です。
これでVBAからEdgeの制御がしやすくなりますね!!

2018/7/26 追記:
改めて動作確認してみました。


2019/6/5 追記:
Windows 10 May 2019 Updateでも動作確認を行いました。

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(R)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  2. Windows関連

    ダウンロードフォルダーのパスを取得するVBScript

    ダウンロードフォルダーのパスを取得する必要があったので、過去に書いた記…

  3. Office関連

    [VBA]DataObjectを使ったクリップボード操作が上手くいかない場合の対処法

    VBAマクロからクリップボードを操作する場合、定番となっているのがDa…

  4. Office関連

    WordBasicマクロの資料

    Word 97でVBA機能が搭載される以前のWordでは、WordBa…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP