Office アドイン

office-toolboxを使って簡単にOffice アドインを作成する方法

以前「YO OFFICE」を使ってOffice アドインのひな型を作成する方法を紹介しました。

今回はYO OFFICEを使ったひな型作成~ローカル環境でのアドインのテスト(サイドロード)まで簡単に実行できるツール「office-toolbox」を紹介します。

office-toolboxのインストール

office-toolboxはnpmを使ってインストールします。
npmをまだ導入していない場合は、この記事を参考に、まずはNode.jsをインストールしてください。

npm install -g office-toolbox

「npm info」でパッケージのバージョンを確認することができます。
(私が試したときはバージョン0.0.6が最新でした。)

npm info office-toolbox versions

office-toolboxの実行

インストール後、コマンドプロンプトから下記コマンドを実行すると、対話形式でOffice アドインを作成することができます(YO OFFICE)。

office-toolbox

コマンド実行後対象フォルダを開くと、マニフェストファイル含めて必要なファイルが一式生成されているのが確認できます。

下記コマンドを実行すると、ローカルサーバーが立ち上がります。

npm start

このサイトは安全ではありません」との警告が表示されますが、無視して「詳細→Web ページへ移動」からWebページを開きます。

ローカルサーバーはそのままにして、別のコマンドプロンプトから下記コマンドを実行すると、指定したOffice アプリケーションが起動して、自動的にOffice アドインの読み込みが行われます。

※今回はWord用アドインを作成したので「-a」オプションでWordを指定しています。

office-toolbox sideload -m (マニフェストファイル名).xml -a word

アドイン読み込み時にエラーが表示されますが、これは無視して構いません。

おわりに

通常ローカル環境でOffice アドインのテストをする場合、共有フォルダを設定してマニフェストファイルを入れてサーバー立ち上げて…といった手順が必要になるのですが、office-toolboxを使うとそれらの手間は無くなります。

簡単なコマンドを叩くだけですぐにアドインのテストができる!
これはなかなか便利だと思います。
Office アドインに興味がある方は、是非一度お試しください。

2017年9月の人気記事前のページ

PhpSpreadsheetを使ってPHPからExcelファイルを出力してみる。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    プログラムのソースコードを別の言語に変換するVBAマクロ

    SharpDevelopが公開している、ソースコードを変換するAPI「…

  2. Office関連

    Excel Services JavaScript APIを試してみました(1)

    前回の記事で紹介した「ExcelMashup.com」、このサイトによ…

  3. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  4. Office関連

    Office クリップボードをマクロで操作する(UI Automation)

    以前MSAAを利用してOffice クリップボードを操作するマクロを書…

  5. Office アドイン

    Office アドインの概要と開発方法を学ぶための自習書

    2018年10月27日(土)、品川の日本マイクロソフト本社で「2018…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP