Windows 10

Windows 10をクリーンインストールする。

各種メディアでも話題になっていますが、先日ついにWindows 10が公開されました。

このWindows 10、「Windows 10 FAQ – マイクロソフト」にも書かれていますが、 Windows 7/8/8.1 から無料でアップグレードすることができます。

無償アップグレードの期限は2016年7月28日までと決まっていますが、最新のOSがお金が掛からず使えるようになるのはとてもスゴイですね!

・・・というわけで、私もさっそくアップグレードしてみたいのですが、私はOSのアップグレードというものがあまり好きではありません。

OSをインストールするときは真新しい状態でインストール、いわゆる“クリーンインストールをしたい派”です。

なので今回も既存OSからのアップグレードではなく、Windows 10をクリーンインストールしたいのですが、気になるのがプロダクトキーです。

通常OSをクリーンインストールする場合、インストール時にプロダクトキーの入力を求められますが、手元にはアップグレード元のWindows 8.1のプロダクトキーしかなく、Windows 10のプロダクトキーがありません。

この場合はどうしたら良いのだろうと思っていたのですが、この記事によると、一度Windows 10にアップグレードすれば、以降プロダクトキー不要でクリーンインストールが可能になるそうです。

よし!ならばこれで行こう!!
というわけで、さっそく試してみました。

検証環境

・Windows 8.1 Pro 64ビット版

Windows 10のインストールメディア作成

まずはOSをアップグレードする前に、Windows 10をインストールするためのメディア(DVD)を作成します。

無償アップグレードには“予約”という作業が必要になりますが、いちいち予約して配信されるのを待って・・・なんてことはやっていられません。

下記ページからWindows 10のインストールメディアを作成するツール(MediaCreationTool)がダウンロードできるので、これを使います。

・Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

  1. ダウンロードしたMediaCreationToolx64.exe(32ビット版の場合は MediaCreationTool.exe )ファイルを実行します。
  2. Windows10_CleanInstall_01

  3. 「実行する操作を選んでください」画面が表示されたら「他の PC 用にインストール メディアを作る」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  4. Windows10_CleanInstall_02

  5. 「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面が表示されたら、自分の環境に合う言語エディションアーキテクチャを選択して「次へ」ボタンをクリックします(今回は日本語、Windows 10 Pro、64 ビット (x64))。
  6. Windows10_CleanInstall_03

  7. 「使用するメディアを選んでください」画面が表示されたら、インストール用のメディアの種類を選択して「次へ」ボタンをクリックします(私はISOが好きなのでISO ファイルを選びました)。
  8. Windows10_CleanInstall_04

  9. 「パスの選択」ダイアログが表示されたらファイルの保存先を指定し、「保存」ボタンをクリックします。
  10. Windows10_CleanInstall_05

  11. Windows 10のダウンロードとメディアの作成が始まるので、しばらく待ちます。
  12. Windows10_CleanInstall_06

    Windows10_CleanInstall_07

    Windows10_CleanInstall_08

  13. 「ISO ファイルを DVD にコピーしてください」画面が表示されたら「完了」ボタンをクリックして画面を閉じます。
  14. Windows10_CleanInstall_09

  15. ライティングソフトを使って、上記手順で作成したISOファイルからDVDを作成すれば作業終了です。

Windows 10へのアップグレード

インストールメディアの準備ができたら次はOSのアップグレードです。

  1. MediaCreationTool( MediaCreationToolx64.exe 、32ビット版の場合は MediaCreationTool.exe )を実行します。
  2. 「実行する操作を選んでください」画面が表示されたら「この PC を今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  3. Windows10_CleanInstall_10

  4. Windows 10のダウンロードとメディアの作成が始まるので、しばらく待ちます。
  5. Windows10_CleanInstall_11

    Windows10_CleanInstall_12

    Windows10_CleanInstall_13

    Windows10_CleanInstall_14

  6. 「ライセンス条項」画面が表示されたら、内容をよく読んで「同意する」ボタンをクリックします。
  7. Windows10_CleanInstall_15

  8. インストールの準備が始まるので、しばらく待ちます。
  9. Windows10_CleanInstall_16

    Windows10_CleanInstall_17

    Windows10_CleanInstall_18

  10. 「インストールする準備ができました」画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックします。
  11. Windows10_CleanInstall_19

  12. 以降、指示に従ってインストール作業を進めます。
  13. アップグレード終了後システム画面を開くと、OSがWindows 10になっていて、ライセンス認証も無事に行われていることが確認できます。
  14. Windows10_CleanInstall_20

Windows 10のクリーンインストール

アップグレードとライセンス認証が確認できたら、次はいよいよクリーンインストールです。

  1. “Windows 10のインストールメディア作成”で作成したメディアからPCを起動し、インストールを始めます(スマホで撮った画像なので画質が悪いのはご容赦ください)。
  2. Windows10_CleanInstall_21

    Windows10_CleanInstall_22

  3. 「Windows のライセンス認証を行うためのプロダクト キーを入力してください」画面が表示されたら、プロダクトキー欄を空欄にしたまま「スキップ」をクリックします。
  4. Windows10_CleanInstall_23

  5. 「ライセンス条項」画面が表示されたら、内容をよく読んで「同意します」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。
  6. Windows10_CleanInstall_24

  7. 「インストールの種類を選んでください」画面が表示されたら「カスタム: Windows のみをインストールする (詳細設定)」を選択します。
  8. Windows10_CleanInstall_25

  9. 「Windows のインストール場所を選んでください。」画面が表示されたら、インストール先のパーティションを選択し「次へ」ボタンをクリックします。
  10. Windows10_CleanInstall_26

  11. インストールが始まるので、しばらく待ちます。
  12. Windows10_CleanInstall_27

  13. 「プロダクト キーを入力してください」画面が表示されたら、プロダクトキー欄を空欄にしたまま「後で」をクリックします。
  14. Windows10_CleanInstall_28

  15. 以降、指示に従ってインストール作業を進めます。
  16. Windows10_CleanInstall_29

    Windows10_CleanInstall_30

    Windows10_CleanInstall_31

  17. インストール終了後システム画面を開くと「Windows をライセンス認証するために、インターネットに接続してください。」と表示されているので、「Windows のライセンス認証」をクリックします。
  18. Windows10_CleanInstall_32

  19. 「更新とセキュリティ」のライセンス認証画面が表示され、無事にライセンス認証できていることが確認できます。
  20. Windows10_CleanInstall_33

    Windows10_CleanInstall_34

これでようやくWindows 10をクリーンインストールすることができました。
“一度Windows 10にアップグレードする”という手間は掛かりますが、私のようなクリーンインストール派の方にはオススメです。

ただし、Windows 10にアップグレード/インストール後、ハードウェア構成を変更するとライセンス認証が外れる、といった情報もありますので、その点だけはくれぐれもご注意ください。

Q:Windows 10 デバイスのハードウェア構成を変更すると、何が起こりますか?

A:Windows 10 デバイスのハードウェアの構成を変更した場合 (例えば、マザーボードの交換など)、そのデバイスの Windows の再認証が必要になると考えられます。これは以前のバージョンの Windows (Windows 7 や 8.1 など) と同様の動作です。無償アップグレードでは、このようなハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に適用されません。

アップグレード後の Windows 10 再インストールについて – マイクロソフト コミュニティ より

2015/7/31 追記:

ライセンス認証について実際に確認してみましたので、下記記事もご参照いただければと思います。

関連記事

  1. Windows 10

    Chromium版のMicrosoft Edge Insiderを使ってみました。

    下記記事にある通り、Chromium版のMicrosoft Edgeが…

  2. Windows 10

    Microsoft EdgeのURL制限は2083文字なのか調べてみた。

    Internet Explorerで使用できるURLの長さに制限がある…

  3. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBScript

    「Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDrive…

  4. Windows関連

    特殊フォルダーのパスを取得するVBScript

    ファイルのコピーや移動を行う場合に特殊フォルダーのパスが必要になること…

  5. Windows 10

    【2017年3月版】Microsoft Edgeでブックマークレットを使う方法

    2015年8月にMicrosoft Edgeでブックマークレットを使う…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP