Office関連

Visual Studio Community 2015でOffice開発する。

Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 2015」を正式公開」にもあるように、Visual Studioの最新版「Visual Studio 2015」が公開されました。

無料で使えるCommunityも公開されたので(規約は「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」要参照)、さっそくコレを使ってOffice開発してみることにしました。

開発環境

  • Windows 8.1 Pro x64
  • Office 2016 Preview 16.0.4229.1006 x86
  • Visual Studio Community 2015

Visual Studio Community 2015のインストール

インストールといってもやることはほとんど無いです。
Visual Studio ダウンロード」から「vs_community.exe」ファイルをダウンロードして実行すると、

VSCommunity2015_OfficeTools_01

インストールが始まって、すぐにVisual Studioが使えるようになります。

VSCommunity2015_OfficeTools_02

Visual Studio Community 2015の日本語化

Visual Studioが使えるようになったといってもUIは英語です。
英語が苦手な私にとってはこのままでは使いづらいので、UIを日本語化することにします。

  1. Download Microsoft Visual Studio 2015 Language Pack from Official Microsoft Download Center」から日本語用の言語パック(vs_langpack.exe)をダウンロードします。
  2. 1.のファイルを実行し、指示に従ってインストール作業を進めます。
  3. VSCommunity2015_OfficeTools_03

    VSCommunity2015_OfficeTools_04

  4. セットアップが完了しました。」とのメッセージが表示されたらインストール終了です。「今すぐ再起動」ボタンをクリックしてPCを再起動します。
  5. VSCommunity2015_OfficeTools_05

  6. 再起動後Visual Studioを実行し、「Tools」メニューから「Options…」を開きます。
  7. VSCommunity2015_OfficeTools_06

  8. Options画面が表示されたら「Environment」にある「International Settings」を開き、Languageを「日本語」に変更して「OK」ボタンをクリックします。
  9. VSCommunity2015_OfficeTools_07

  10. これでメニュー等が日本語表示になり、Visual Studioが使いやすくなりました。
  11. VSCommunity2015_OfficeTools_08

Office Developer Toolsのインストール

UIも日本語になり、これでようやくVisual StudioでOffice開発できる!・・・と思ったのも束の間、テンプレートを見てもOffice用のテンプレートがありません。

VSCommunity2015_OfficeTools_09

やっぱり「Office Developer Tools」をインストールしないとダメみたいですね。

というわけで、「Office Development Tools」から「OfficeToolsForVS2015.exe」ファイルをダウンロードして、さっそくインストールしていきます。

VSCommunity2015_OfficeTools_10

VSCommunity2015_OfficeTools_11

VSCommunity2015_OfficeTools_12

VSCommunity2015_OfficeTools_13

VSCommunity2015_OfficeTools_14

VSCommunity2015_OfficeTools_15

VSCommunity2015_OfficeTools_16

VSCommunity2015_OfficeTools_17

Web PIによるインストールが終われば作業終了です。
Office開発用の各テンプレートも追加され、下図のようにOutlook用のVSTOアドインも作成することができました。

VSCommunity2015_OfficeTools_18

VSCommunity2015_OfficeTools_19

上記の通り、Visual Studio CommunityはOffice開発もできる非常に便利なツールです。
ただし、「「Pro相当機能が無料!」と話題になった「Visual Studio Community」の光と“影” – Build Insider」にあるように、“利用できる人”は限られていますので、その点だけはご注意ください。

関連記事

  1. Office関連

    Microsoft MVP for Outlook を初受賞しました。

    2010年7月から「Office System」分野でMicrosof…

  2. Excel

    PowerShellからNetOfficeを使ってExcelを操作する方法

    先日、Excel MVPの伊藤さんがPowerShellからExcel…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]マニフェストファイルをSharePointに配置する。

    今更になりますが、今回はマニフェストファイルをSharePoint上に…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP