Office アドイン

[Office用アプリ]アプリをOffice ストアに提出する。

[Office用アプリ]Seller Dashboardの販売者アカウントを作成する。」でMicrosoft Seller Dashboard(Microsoft 販売者ダッシュボード)のアカウント作成方法を紹介しましたが、今回はSeller Dashboardを通して作成したアプリをOffice ストアに提出する方法を紹介します。

※ 2013/2/20 時点では日本向けのSeller Dashboardが用意されていないため、下記は英語版に基づく説明となります。
※ 2013/7/8 他言語版Office ストアオープンに伴い、一部説明を変更しました。

※ 下記は無料の”Office用アプリ(App for Office)”向けの説明となります。

  1. Microsoft Seller Dashboardにサインインします。
  2. APPS]タブから「add a new app」を選択します。
  3. LISTING TYPE“画面が表示されるので、Office Typesから「App for Office」を選択して「NEXT」ボタンをクリックします。
  4. OVERVIEW“画面が表示されるので、必要事項を入力し「NEXT」ボタンをクリックします。
  5. ・App Title:アプリのタイトル
    ・Version:アプリのバージョン
    ・Release Date:公開日
    ・Category:アプリを登録するカテゴリー
      – Communication
      – Content Management
      – Customer + Contact Management
      – Data Visualization + BI
      – Education
      – File Converters + Viewers
      – Financial Management
      – Human Resources + Recruiting
      – IT/Admin
      – Jobs
      – Lifestyle
      – News + Weather
      – Printing + Faxing
      – Productivity
      – Project Management
      – Reference
      – Sales + Marketing
      – Search + Discoverability
      – Social
      – Travel + Navigation
      – Workflow + Business Management
    ・App Logo:アプリのロゴ
      – ロゴは, .png, .jpg, .jpeg、または .gif のいずれかのファイル形式にする必要があります。
      – ロゴは厳密に 96 X 96 ピクセルにすると共に、250 KB 以下にする必要があります。
      – ロゴを最新バージョンのウイルス検出ソフトウェアでスキャンし、ウイルス スキャンに合格した場合にのみロゴを Seller Dashboard にアップロードすることをお勧めします。
    ・App package:アプリのパッケージ。Seller Dashboard にアップロードするアプリ バイナリ ファイルまたはマニフェスト ファイルです。
      – SharePoint 用アプリの場合は、ファイル拡張子を .app にする必要があります。Office 用アプリの場合は、ファイル拡張子を .xml (アプリ マニフェスト ファイル) にする必要があります。
      – アプリを最新バージョンのウイルス検出ソフトウェアでスキャンし、ウイルス スキャンに合格した場合にのみアプリを Seller Dashboard にアップロードすることをお勧めします。
    ・Testing Notes(オプション):検証時の備考。アプリの検証に際して特別知らせておきたいことを書きます。
    ・My app calls, supports, contains, or uses cryptography or encryption.:アプリが暗号化を呼び出す、含む、または使用する場合は、チェック ボックスをオンにして、情報を検証し、[Yes] または [No] を選択します。
    ・Support Document Link:アプリのサポートドキュメント。URL に http:// または https:// を含む、サポート ドキュメントへのリンクを提供します。
    ・Privacy Document Link(オプション):プライバシー ポリシーへのリンク
    ・Video Link(オプション):動画による説明へのリンク
    ・End User License Agreement(オプション):カスタマイズしたエンド ユーザー ライセンス契約。カスタマイズしたライセンス契約がある場合、これをアップロードできます。ライセンス契約がない場合は、ストアがアプリのライセンス契約を提供します。

    Office2013_36_10

  6. DETAILS“画面が表示されるので、必要事項を入力し「NEXT」ボタンを、言語を追加する場合は「ADD A LANGUAGE」ボタンクリックします。
  7. ・App Name:アプリ名。
    ・Short Description:アプリの簡単な説明。
    ・Long Description:アプリの詳細な説明。
      – [#LI]アプリの機能[/#LI]のように説明を「[#LI]」と「[/#LI]」で囲むと、HTMLの<LI>タグのようにリスト化できます。
    ・screenshots:アプリのスクリーンショット。少なくとも1つ(Primary)、最大5つまでアップロードできます。
      – スクリーンショットは, .png, .jpg, .jpeg、または .gif のいずれかのファイル形式にする必要があります。
      – スクリーンショットは 512 X 384 ピクセルにすると共に、300 KB 以下にする必要があります。
      – スクリーンショットは、Office のライセンス コピー内で実行しているアプリの非操作イメージである必要があります。
      – スクリーンショットを最新バージョンのウイルス検出ソフトウェアでスキャンし、ウイルス スキャンに合格した場合にのみスクリーンショットを Seller Dashboard にアップロードすることをお勧めします。

    Office2013_36_11

  8. ADD A LANGUAGE」ボタンをクリックすると、言語設定画面から、アプリ名、アプリの説明、スクリーンショットを言語別に設定することができます。
  9. Office2013_36_12

    ※ 下図が実際に公開されているOffice ストアの画面で、上が英語版ストア、下が日本語版ストアのものです。

    Office2013_36_13

    Office2013_36_14

  10. BLOCK ACCESS“画面が表示されるので、アプリを公開したくない地域がある場合は「Block customers in countries/regions from purchasing this app」にチェックを入れて地域を選択後、「NEXT」ボタンをクリックします。
  11. Office2013_36_15

    Office2013_36_16

  12. PRICING“画面が表示されるので、必要事項を入力し「SUBMIT FOR APPROVAL」ボタンをクリックします。
  13. ・アプリが無料版の場合は、 [This app is free] を選択したままにします。
    ・アプリが有料版の場合は、 [This app is for one-time purchase] を選択し、 [Price Per User] および [Price Threshold] を選択します。
    ・アプリの試用版を提供する場合は、 [My app supports a trial] の隣にあるチェック ボックスをオンにし、試用版の期間とユーザー数を選択します。

    Office2013_36_17

以上で作業は終了です。

※ 項目の説明は「[方法] アプリを Microsoft Seller Dashboard に追加する」より

以上の手順の後、Microsoft側で提出したアプリの検証・審査が行われ、審査結果がメールで送られてきます。
提出した内容に不具合がある場合は下図のようなメールが(件名:Microsoft Seller Dashboard: Action required for app approval)、

無事に承認された場合は下図のようなメール(件名:Microsoft Seller Dashboard: Your app is approved)が送られ、アプリの承認ステータスが「approved」(承認済み)に変更されます。

このアプリの承認を得てようやくOfficeストアに自分のアプリが並ぶわけですが、私がアプリを提出した際は、審査期間が1日~1週間で(最初アプリを提出したときは翌日に、不具合修正後に再提出したときは1週間ほど経ってから審査結果が送られてきました)、アプリがストアに公開されたのは承認の翌日でした。

上記説明は先述の通り”無料のOffice用アプリ“を対象にしたものです。メールアプリや、SharePoint用アプリ、有料のアプリに関しては上記の限りではありませんので、より詳しい説明が記載されている下記Webページをご参照ください。

・[方法] アプリを Microsoft Seller Dashboard に追加する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj220033.aspx
・[方法] Office 用アプリまたは SharePoint 用アプリのための効果的な Office ストア リストを作成する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj635874.aspx

[Office用アプリ]Seller Dashboardの販売者アカウントを作成する。前のページ

[Office用アプリ]アプリ審査を通過するためのポイント次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Slackのカスタム絵文字を一括作成するVBAマクロ

    在宅勤務で使うビジネスチャットサービスとして注目されている「Slack…

  2. Office アドイン

    [Officeアドイン]枠線(目盛線)の表示・非表示を切り替える方法

    ここ二週間ほど体調を崩していたので久しぶりのブログ更新です。久…

  3. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(UI Automat…

    当ブログでは、Microsoft Edgeを外部から操作するプログラム…

  4. Office関連

    オフィス祭り 2018 in 東京が9月15日(土)に開催されます。

    突然ですが、私はMicrosoft Officeが大好きです。20…

  5. Office関連

    PowerPoint 2013ではプレゼンテーションをmp4形式で保存できるようになりました。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP