Windows関連

[Windows 8]メトロスタイルのアプリを並べて使う。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・32ビット)に基づいて説明しています。

今回はWindows 8でメトロスタイルのアプリを並べて利用する方法を紹介します。

2011/10/25 追記:
肝心なことを書き忘れていました。
私が参考にしたWebページ「Windows 8: Optimize Metro’s Side by Side Snap Feature with Regedit」にもあるように(To see screens side by side, you need a monitor with 1280×768 resolution or better.)、下記で紹介しているのは1280 × 768に満たない解像度のPCでメトロスタイルのアプリを並べて使う方法です。

※ レジストリの変更が必要になりますので、作業は慎重に行ってください。

  1. Win + R」キーを押して、ファイル名を指定して実行(Run)画面を表示します。
  2. regedit」と入力後、OKボタンをクリックしてレジストリエディタを起動します。
  3. ※ キーボードのないタブレットPCの場合は「[Windows 8]キーボードのないタブレットPCでレジストリエディタを起動する。」をご参照ください。

  4. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell」キーを開き、新しく「AppPositioner」キーを追加します。
  5. AppPositioner」キー内に新しくDWORD (32 ビット)値AlwaysEnableLSSnapping」を追加します(値は右クリックメニューから追加できます)。
  6. AlwaysEnableLSSnapping」をダブルクリックして開き、Value Dataを「1」にして「OK」ボタンをクリックします。
  7. PCを再起動します。

以上で作業は終了です。
以降、メトロスタイルのアプリを起動した状態で下図のように画面を左端からスライドさせれば、メトロスタイルのアプリを並べて表示することができます。

デスクトップ画面と並べることもできます。

下図のように境界線を逆側にスライドして、途中で指を離せば画面の割合を変更することができ、途中で指を離すことなく逆サイドまでスライドさせれば、元の1画面に戻すことができます。

マウス操作の場合は、メトロスタイルのアプリを起動した状態でカーソルを画面左端に移動させると小さくアプリが表示されるので、右クリックから「Snap (アプリ名)」を選択することでアプリを並べることができます。

参考Webページ:
「Windows 8: Optimize Metro’s Side by Side Snap Feature with Regedit」
http://www.groovypost.com/howto/windows-8-enable-metro-side-by-side-snap-feature/

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8.1]16ビットアプリケーションを動かす。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeを起動してキー操作を送るWindows 10のバッチ

    ITproに「Windows 10のコマンドプロンプトを使い込む - …

  3. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  4. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  5. Windows 10

    AppUserModelId(AUMID)を列挙するVBScript

    「「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP