Windows関連

[Windows 8]キーボードのないタブレットPCでレジストリエディタを起動する。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・32ビット)に基づいて説明しています。

いつも使用しているデスクトップPCであればキーボードから「Win + Rキー」を押して、ファイル名を指定して実行ダイアログに「regedit」と入力することでレジストリエディタを起動しているのですが、タブレットPCではどうしたら良いのかちょっと迷ってしまったので、簡単にメモしておきます。

  1. 画面右端から左側にタッチしてスライドするとメニュー(チャーム)が表示されるので、「Search」をクリックして検索画面を表示します。
  2. 検索画面が表示されたら「Apps」をクリックして、検索欄に「regedit」と入力します。
  3. 自動的に検索されるので、ヒットした「regedit.exe」をタッチすると、レジストリエディタが起動します。

以上で作業は終了です。
タブレットPCでは”Search“を活用することで、スタートスクリーンには表示されないアプリケーションを簡単に実行することができます。

[Windows 8]画像をタッチしてログオンする。前のページ

[Windows 8]メトロスタイルのアプリを並べて使う。次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8]WMIでOSの情報を取得してみました。

    WMIでWindows 8 Developer Preview(英語版…

  2. Windows 10

    Microsoft Update カタログから累積更新プログラムをダウンロードするVBScript

    「累積更新プログラム」とは、その名の通りOSを最新の状態に保つための更…

  3. Windows関連

    [Windows 8]お気に入りのアプリ

    ここでは私が実際に使用して気に入ったWindows 8のアプリを紹介し…

  4. Windows 10

    WebDriverを使わずMicrosoft Edgeを制御するC#コード

    以前書いた記事のように、Microsoft EdgeにはInterne…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP