Windows関連

[Windows 8]キーボードのないタブレットPCでレジストリエディタを起動する。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・32ビット)に基づいて説明しています。

いつも使用しているデスクトップPCであればキーボードから「Win + Rキー」を押して、ファイル名を指定して実行ダイアログに「regedit」と入力することでレジストリエディタを起動しているのですが、タブレットPCではどうしたら良いのかちょっと迷ってしまったので、簡単にメモしておきます。

  1. 画面右端から左側にタッチしてスライドするとメニュー(チャーム)が表示されるので、「Search」をクリックして検索画面を表示します。
  2. 検索画面が表示されたら「Apps」をクリックして、検索欄に「regedit」と入力します。
  3. 自動的に検索されるので、ヒットした「regedit.exe」をタッチすると、レジストリエディタが起動します。

以上で作業は終了です。
タブレットPCでは”Search“を活用することで、スタートスクリーンには表示されないアプリケーションを簡単に実行することができます。

[Windows 8]画像をタッチしてログオンする。前のページ

[Windows 8]メトロスタイルのアプリを並べて使う。次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    Lhaplusのバージョンを取得するVBScript

    およそ2年ぶりに圧縮・解凍ソフトの「Lhaplus」がバージョンアップ…

  2. Windows関連

    [Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  3. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  4. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(UI Automat…

    当ブログでは、Microsoft Edgeを外部から操作するプログラム…

  5. Windows 10

    Windows 10に昔のソフトを入れてみました(2)

    2年近く前に書いた下記記事の続編です。32ビット版Wi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP