Windows関連

[Windows 8]キーボードのないタブレットPCでレジストリエディタを起動する。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・32ビット)に基づいて説明しています。

いつも使用しているデスクトップPCであればキーボードから「Win + Rキー」を押して、ファイル名を指定して実行ダイアログに「regedit」と入力することでレジストリエディタを起動しているのですが、タブレットPCではどうしたら良いのかちょっと迷ってしまったので、簡単にメモしておきます。

  1. 画面右端から左側にタッチしてスライドするとメニュー(チャーム)が表示されるので、「Search」をクリックして検索画面を表示します。
  2. 検索画面が表示されたら「Apps」をクリックして、検索欄に「regedit」と入力します。
  3. 自動的に検索されるので、ヒットした「regedit.exe」をタッチすると、レジストリエディタが起動します。

以上で作業は終了です。
タブレットPCでは”Search“を活用することで、スタートスクリーンには表示されないアプリケーションを簡単に実行することができます。

[Windows 8]画像をタッチしてログオンする。前のページ

[Windows 8]メトロスタイルのアプリを並べて使う。次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    [Windows 10]「WebとWindowsを検索」を消す方法

    Windows 10を使ってみて真っ先に思ったことが、タスクバーに表示…

  2. Windows関連

    CSMenuをWindows 8で使ってみました。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  3. Windows 10

    アリーナ(GAMEPACK)の再販売がないかダットジャパンさんに聞いてみました。

    この記事のタイトルを見ただけでピンとくる人はオッサンです。私と同じく。…

  4. Windows 10

    Selenium WebDriverを使用してMicrosoft EdgeとOfficeを連携させる…

    この記事はSelenium/Appiumアドベントカレンダー2015の…

  5. Windows関連

    キーを指定してレジストリエディターを起動するバッチファイル

    OSの設定中、レジストリの特定のキーを開いた状態でエディターを起動した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP