その他

Photoshop CSのライセンス認証問題

今更ながらに、10年ほど前に発売された「Photoshop CS」をインストールする機会に遭遇しました。
インストール先は64ビット版のWindows 7で、作業自体は特に問題が無かったのですが、ライセンス認証の時点で「現在、ライセンス認証システムを使用できません。」とのエラーメッセージが表示され、認証を行うことができませんでした。
電話による認証も、番号がもう使えず認証不可の状態です。

仕方がないので、下記サポートページからAdobeの担当の方にチャットで話をしたところ、

・ライセンス認証の認証・解除(転送)方法について
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/3986.html

CS2以前の製品は弊社の技術的な理由によりライセンスサーバーが停止しており、ライセンス認証のできない製品となっております。
そのため弊社では、CS2の製品を弊社ホームページでダウンロードできるようご用意しており、お手数ではございますが、下記URLからダウンロードしていただくようお願いいたしております。

http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq12200137.html

との返答をいただきました。
認証サーバーの停止でCS2製品が使えなくなったのは知っていましたが、CS製品も同じ扱いなわけですね。

というわけで、CS2製品のダウンロードページからPhotoshop CS2をダウンロードして使用することにしました。

ただ、ダウンロードページにも下記記述がある通り、

技術的な問題が発生したため、Acrobat 7を含め、CS2製品のライセンス認証サーバーを無効にしました。これらの製品はリリースから7年以上経過しており、最新のオペレーティングシステムでは実行できないことが多いため、現在ではサポートされていません。

サポートされていない、古いソフトウェアの使用を停止することを強くお勧めします。ダウンロードの一環として提供されるシリアル番号は、CS2またはAcrobat 7を合法的に購入し、これらの製品を引き続き使用しなければならない場合にのみご利用ください。

サポートがもう切れている、というリスクは覚悟しなければなりません。
常用するのではなく、ファイル互換等の問題で一時的に使用する、程度にしておいた方が良さそうです。

また、上記ページで公開されている製品はあくまでも“正規ライセンスを所有されているお客様を対象に”しているもので、ライセンスを持っていない方の使用を認めているわけではないので、その点も要注意です。

関連記事

  1. その他

    2016年ブログ振り返り(後半戦)

    前回の記事に引き続き、今年書いた記事の振り返りです。2016年…

  2. その他

    信号機ガチャ第2弾コンプしました。

    大人気となった「信号機」ガチャの第2弾(日本信号 続 ミニチュア灯器コ…

  3. その他

    Webサービスのサジェスト機能についてまとめてみました。

    「Bingで期間指定検索するオプション 他」でも紹介していますが、Bi…

  4. その他

    Evernoteのサイレント・インストール

    EvernoteのダウンロードページからダウンロードできるWindow…

  5. その他

    HTML5の構文チェックを行う「Validator.nu (X)HTML5 Validator」のW…

    HTML5の構文チェックをしてくれる「Validator.nu (X)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP