Office関連

Outlookの連絡先をvcf形式で一括保存する方法

Outlookの連絡先をvcf形式で保存する場合、通常は「連絡先を vCard (.vcf ファイル) として送信および保存する」に書いてある通り、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. vcf形式で保存したい連絡先を右クリックして、「連絡先の転送」メニューから「名刺として送信」を選択します。
  3. ExportContactsToVCF_01

  4. 新規メッセージが作成されるので、「添付ファイル」にあるvcfファイルを右クリックして「名前を付けて保存」を選択します。
  5. ExportContactsToVCF_02

  6. 添付ファイルの保存ダイアログから、任意の場所にファイルを保存します(ファイル保存後、3.で作成されたメッセージは削除)。

といった作業か、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. vcf形式で保存したい連絡先を選択して、「ファイル」メニューにある「名前を付けて保存」ボタンをクリックします。
  3. ファイル名を付けて保存ダイアログから、任意の場所にファイルを保存します。
  4. ExportContactsToVCF_03

といった作業を行えば、vcfファイルとして連絡先を保存することができます。

しかし、連絡先を複数選択していると、連絡先を右クリックしても「連絡先の転送」メニューが表示されず、

ExportContactsToVCF_04

ファイル」メニューにある「名前を付けて保存」ボタンをクリックしても、vcfファイルとして保存することができません。

ExportContactsToVCF_05

そこで、複数の連絡先をvcf形式で一括保存するときは、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. 保存したい連絡先を選択します(Ctrl + Aキーで全選択)。
  3. ホーム」タブの「共有」グループにある「連絡先の転送」メニューから「名刺として送信」を選択します。
  4. ExportContactsToVCF_06

  5. 新規メッセージが作成されるので、「添付ファイル」欄で「Ctrl + A」キーを押して(もしくは右クリック→すべて選択)すべての添付ファイルを選択した後、右クリックメニューから「コピー」を選択します。
  6. ExportContactsToVCF_07

  7. vcfファイルを保存したいフォルダを開き、「編集」メニューから「貼り付け」を選択します。
  8. ExportContactsToVCF_08

  9. 以上の手順で、複数の連絡先をvcf形式で一括保存することができます(ファイル保存後、4.で作成されたメッセージは削除)。
  10. ExportContactsToVCF_09

シンプルな方法ですが、知らないと結構ハマりそうですね・・・。
vcfファイルの保存でお困りの方は是非お試しください。

ちなみに、上記の図で表示されている連絡先は「なんちゃって個人情報」で作成したダミーデータです。

関連記事

  1. Office関連

    日本標準時(JST)を取得するVBAマクロ

    先日、もり(@moripro3)さんのツイートに対して下記のような返信…

  2. Office関連

    Locationヘッダの情報を取得するVBAマクロ

    通常、下記のようなリダイレクトされるWebページを開いたとき、…

  3. Office関連

    PowerPointの自動実行マクロ

    ExcelのAuto_OpenやWordのAutoOpenのように、P…

  4. Office関連

    ページごとにPNG形式で出力するWordマクロ(Word 2013)

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  5. Office関連

    Office XP Developer Toolsでリボン対応のCOMアドインを作成する。

    「Visual Basic 6でリボン対応のアドインを作成する」ではV…

  6. Office関連

    目次を更新するWordマクロ

    文書の目次を更新するにはTableOfContentsオブジェクトのU…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP