Office関連

Outlookの連絡先をvcf形式で一括保存する方法

Outlookの連絡先をvcf形式で保存する場合、通常は「連絡先を vCard (.vcf ファイル) として送信および保存する」に書いてある通り、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. vcf形式で保存したい連絡先を右クリックして、「連絡先の転送」メニューから「名刺として送信」を選択します。
  3. ExportContactsToVCF_01

  4. 新規メッセージが作成されるので、「添付ファイル」にあるvcfファイルを右クリックして「名前を付けて保存」を選択します。
  5. ExportContactsToVCF_02

  6. 添付ファイルの保存ダイアログから、任意の場所にファイルを保存します(ファイル保存後、3.で作成されたメッセージは削除)。

といった作業か、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. vcf形式で保存したい連絡先を選択して、「ファイル」メニューにある「名前を付けて保存」ボタンをクリックします。
  3. ファイル名を付けて保存ダイアログから、任意の場所にファイルを保存します。
  4. ExportContactsToVCF_03

といった作業を行えば、vcfファイルとして連絡先を保存することができます。

しかし、連絡先を複数選択していると、連絡先を右クリックしても「連絡先の転送」メニューが表示されず、

ExportContactsToVCF_04

ファイル」メニューにある「名前を付けて保存」ボタンをクリックしても、vcfファイルとして保存することができません。

ExportContactsToVCF_05

そこで、複数の連絡先をvcf形式で一括保存するときは、

  1. 連絡先」を開きます。
  2. 保存したい連絡先を選択します(Ctrl + Aキーで全選択)。
  3. ホーム」タブの「共有」グループにある「連絡先の転送」メニューから「名刺として送信」を選択します。
  4. ExportContactsToVCF_06

  5. 新規メッセージが作成されるので、「添付ファイル」欄で「Ctrl + A」キーを押して(もしくは右クリック→すべて選択)すべての添付ファイルを選択した後、右クリックメニューから「コピー」を選択します。
  6. ExportContactsToVCF_07

  7. vcfファイルを保存したいフォルダを開き、「編集」メニューから「貼り付け」を選択します。
  8. ExportContactsToVCF_08

  9. 以上の手順で、複数の連絡先をvcf形式で一括保存することができます(ファイル保存後、4.で作成されたメッセージは削除)。
  10. ExportContactsToVCF_09

シンプルな方法ですが、知らないと結構ハマりそうですね・・・。
vcfファイルの保存でお困りの方は是非お試しください。

ちなみに、上記の図で表示されている連絡先は「なんちゃって個人情報」で作成したダミーデータです。

KB2553154の更新プログラムをアンインストールするVBScript前のページ

指定したセル範囲をUTF-8やEUC-JP等のテキストファイルとして出力するExcelアドイン次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Office製品の開発者用リファレンス(ダウンロード版)

    Docs.comでまとめていたリンクなんですが、来月15日にすべて廃止…

  2. Office関連

    「入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術」レビュー

    久しぶりにVBA参考書籍のレビューです。今回は沢内晴彦氏が執筆され…

  3. Office関連

    表示モードを変更するPowerPointマクロ

    PowerPointには様々な表示モードがありますが、私のお気に入りは…

  4. Office関連

    オデッセイ コミュニケーションズ主催のExcel VBA入門セミナーに参加しました。

    今月19日に開催されたオデッセイ コミュニケーションズさん主催の「Ex…

  5. Office関連

    選択範囲をOneNoteに送るVBAマクロ

    OneNote プリンタードライバー(プリンター)を使ってドキュメント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP