Office アドイン

[Office用アプリ]マニフェストファイルをSharePointに配置する。

今更になりますが、今回はマニフェストファイルをSharePoint上に配置する方法を紹介します(環境:Office 365 Enterprise E3)。

  1. まずはアプリ本体とマニフェストファイルを準備します。動作確認が目的なので、アプリ本体は「[Office用アプリ]Google ドライブでアプリを公開する方法」に書いてある方法でGoogle ドライブに配置することにしました。
  2. ・アプリ本体(afo_sample2.html)

    <!DOCTYPE html>
    <html>
        <head>
            <meta charset="UTF-8">
            <meta name="robots" content="noindex,nofollow">
            <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
            <title>動作確認用Office用アプリ</title>
            <script src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.11.0.min.js"></script>
            <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js"></script>
            <script>
                Office.initialize = function(reason){}
                $(function(){
                    $("#btnGet").click(function(){
                        Office.context.document.getSelectedDataAsync(Office.CoercionType.Text, function(asyncResult){
                            if(asyncResult.status !== Office.AsyncResultStatus.Failed){
                                $("#result").val(asyncResult.value);
                            }
                        });
                    });
                    
                    $("#btnSet").click(function(){
                        Office.context.document.setSelectedDataAsync("Hello World.");
                    });
                });
            </script>
        </head>
        <body style="font-size:14px;background-color:#a3a3ff;">
            <h4>■ 動作確認用Office用アプリ</h4>
            <input id="btnGet" type="button" value="getSelectedDataAsync"><br>
            <input id="btnSet" type="button" value="setSelectedDataAsync"><br>
            <textarea id="result" rows="5"></textarea>
        </body>
    </html>

    ・マニフェストファイル

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.1" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="ContentApp">
      <Id>e4254cff-4f3c-4429-bcbb-faa1db93fb7c</Id>
      <Version>1.0</Version>
      <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
      <DefaultLocale>ja-jp</DefaultLocale>
      <DisplayName DefaultValue="テスト用アプリ2" />
      <Description DefaultValue="テスト用アプリ2です。" />
      <Hosts>
        <Host Name="Workbook" />
        <Host Name="Presentation" />
        <Host Name="Database" />
      </Hosts>
      <DefaultSettings>
        <SourceLocation DefaultValue="https://googledrive.com/host/0B-qBxi46CCaVVXJRQVhyME85SWM/afo_sample2.html" />
        <RequestedWidth>320</RequestedWidth>
        <RequestedHeight>360</RequestedHeight>
      </DefaultSettings>
      <Permissions>ReadWriteDocument</Permissions>
    </OfficeApp>
  3. アプリ本体とマニフェストファイルの準備ができたら、次はマニフェストファイルの配置です。Office 365にサインインし、「管理者」から「SharePoint」をクリックします。
  4. AppsForOffice_SharePoint_01_01

  5. SharePoint 管理センター画面が表示されるので「アプリ」をクリックします。
  6. AppsForOffice_SharePoint_01_02

  7. アプリ画面が表示されるので「アプリ カタログ」をクリックします。
  8. AppsForOffice_SharePoint_01_03

  9. Apps画面が表示されるので「Office 用アプリ」をクリックします。
  10. AppsForOffice_SharePoint_01_04

  11. Office 用アプリ画面が表示されるので「新しいアプリ」をクリックします。
  12. AppsForOffice_SharePoint_01_05

  13. ドキュメントの追加画面が表示されるので1.で用意したマニフェストファイルを選択して「OK」ボタンをクリックします。
  14. AppsForOffice_SharePoint_01_06

  15. アップロードの完了画面が表示されるので適当に名前を設定して「保存」ボタンをクリックします。
  16. AppsForOffice_SharePoint_01_07

  17. Office 用アプリ画面に戻り、アップロードしたマニフェストファイルが追加されていることを確認したら「メニューを開く」をクリックします。
  18. AppsForOffice_SharePoint_01_08

  19. マニフェストファイルのメニューが表示されるので、URL(https://XXXXX.sharepoint.com/sites/apps/AgaveCatalog/afo_sample2.xml)をコピーします。
  20. AppsForOffice_SharePoint_01_09

  21. 一旦Office 365を離れ、ローカル環境のOfficeアプリケーション(ここではExcel)を起動し、上記マニフェストファイルを設定したOffice 365アカウントでサインインします。
  22. ファイルタブから「オプション」を開きます。
  23. AppsForOffice_SharePoint_01_10

  24. セキュリティ センター」から「セキュリティ センターの設定」ボタンをクリックします。
  25. AppsForOffice_SharePoint_01_11

  26. 信頼できるアプリ カタログ」を開き、「カタログの URL」欄に10.でコピーしたURLのapps部分まで(https://XXXXX.sharepoint.com/sites/apps/)を貼り付け、「カタログの追加」ボタンをクリックします。
  27. AppsForOffice_SharePoint_01_12

  28. メニューに表示する」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。
  29. AppsForOffice_SharePoint_01_13

  30. “設定を保存しました。次回 Office を起動したときに適用されます。”とのメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリックして、一度Officeアプリケーションを終了します。
  31. AppsForOffice_SharePoint_01_14

  32. 再びOfficeアプリケーションを起動し、Office 365アカウントでサインイン状態にあることを確認します。
  33. 挿入タブから「個人用アプリ」をクリックします。
  34. AppsForOffice_SharePoint_01_15

  35. Office 用アプリの挿入画面で「自分の所属組織」をクリックすると、上記手順で追加したマニフェストファイルのアプリが表示されていることが確認できます。この画面で「挿入」ボタンをクリックすると、表示中のドキュメントにOffice 用アプリが挿入されます。
  36. AppsForOffice_SharePoint_01_16

    AppsForOffice_SharePoint_01_17

以上で作業は終了です。
上記のように、比較的簡単にSharePoint上にマニフェストファイルを配置することができるのですが、セキュリティ センターで設定するカタログの URLだけは間違わないように注意してください。

■ 参考URL

・方法: 作業ウィンドウ アプリとコンテンツ アプリを SharePoint のアプリ カタログに発行する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/fp123517.aspx

[Office用アプリ]PowerPointでもコンテンツアプリが使えるようになりました。前のページ

右クリックから図形の配置 for Office 2013次のページ

関連記事

  1. Office関連

    オフィス祭り 2018 in 東京に参加しました。

    先日書いた下記記事の通り、9月15日(土)に品川にある日本マイクロソフ…

  2. Windows 10

    続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事…

  3. Office関連

    「いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本」レビュー

    「インストラクターのネタ帳」で有名な伊藤さんが執筆された書籍第二弾、「…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(S)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. Office関連

    テスト用の文字列を挿入するWordマクロ

    文字列操作を行うマクロを書いているとき、テスト用に「あいうえおかきくけ…

  6. Office関連

    指定したAccessファイルで「データベースの最適化/修復」を実行するVBAマクロ

    大分前の記事になりますが、開いているデータベースを最適化するマクロのコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP