Office関連

代理人アクセスによって予定を追加するOutlookマクロ

先日久々にmougの質問に回答しました。

マクロを使って、Exchangeで代理人アクセス権が設定されたユーザーから新規予定を作成したい、というもので、処理としてはNameSpace.GetSharedDefaultFolderメソッドを使って指定したユーザーのフォルダに切り替えた後、新規アイテムを作成すればOKです。

Public Sub Sample()
  Dim rp As Outlook.Recipient
  Dim itm As Outlook.AppointmentItem
  
  Set rp = Application.Session.CreateRecipient([代理人アクセスを付与されたアドレスや名前])
  rp.Resolve
  If rp.Resolved Then
    With Application.Session.GetSharedDefaultFolder(rp, olFolderCalendar)
      Set itm = .Items.Add(Type:=olAppointmentItem)
      With itm
        .Subject = "テスト予定"
        .Body = "予定本文"
        .Recipients.Add "[宛先]" '宛先追加
        .MeetingStatus = olMeeting
        .ResponseRequested = False
        .Send
      End With
    End With
  End If
End Sub

下記ページのようにすれば、共有している他の人の予定を取得することができるので、Exchange環境であれば比較的出番の多いメソッドかもしれません。

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]アプリ開発コンテストの案内

    2013/9/9 追記:コンテストの受賞者が発表されました。おかげ…

  2. Office関連

    Office 2013 オンラインヘルプのリンクを集めてみました。

    新機能を把握するためにはヘルプを見るのが一番早い、というわけでOffi…

  3. Office アドイン

    「マイクロソフト Office 用アプリ開発スタートアップガイド」レビュー

    ※ 下記レビューはあくまでも個人的な感想です。日本初(恐らく)…

  4. Office関連

    目次を更新するWordマクロ

    文書の目次を更新するにはTableOfContentsオブジェクトのU…

  5. Office関連

    GetSpellingSuggestionsメソッドで文法上の誤りの修正候補は取得できない?

    前回と前々回の記事でスペルチェック、文章校正に関するWordマクロを扱…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP