Windows関連

CSMenuをWindows 8で使ってみました。

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・64ビット)に基づいて説明しています。

CSMenuはLifehackerでも紹介されている、Windows 7のスタートメニューをクラシックスタイルに変更するソフトです。
このソフトがWindows 8でも使えるのかどうかを試してみました。

csmenu.comからCSMenu_Setup_3_87.exeをダウンロードし、PCにインストールします。

インストール完了後CSMenuを実行すると、画面左下のWindowsマークをクリックしたときにクラシックスタイルのスタートメニューが表示されるようになりました。

使用中下図のようなダイアログが表示されることもあるため、当ソフトはシェアウェアのようですが、とりあえず1ヶ月間は試用できるみたいです。

当ソフトはスタートメニューを置き換えるものではないので(スタートメニュー型のランチャーのようなもの)、Winキーを押すとメトロUIのメニューが表示されます。“メトロは使いたいけれどもスタートメニューは従来のスタイルが良い”という方にはお薦めのソフトです。

こういったソフトは使いたくない、メトロも使用しなくて構わないという場合には「[Windows 8]従来のスタートメニューを使用する。」「[Windows 8]エクスプローラーのリボンは残しつつ従来のスタートメニューを使用する。」をご参照ください。

関連記事

  1. Windows 10

    Windows 10 May 2019 UpdateをISO形式でダウンロードして実機にインストール…

    下記記事にもあるように、5月21日(米国時間)にWindows 10 …

  2. Windows 10

    Windows 10に昔のソフトを入れてみました(2)

    2年近く前に書いた下記記事の続編です。32ビット版Wi…

  3. Windows 10

    Windows 10に昔のソフトを入れてみました。

    「Windows 10 Technical PreviewにOffic…

  4. Windows 10

    Selenium WebDriverでChromium版Edgeを操作してみました。

    先日書いた下記記事の通り、Chromium版Microsoft Edg…

  5. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP