過去の記事一覧

  1. PowerShell

    [PowerShell]iTextSharpを使ってPDFファイルのページ数を取得する

    前回の記事では、VBAでAdobe ReaderからPDFファイルのページ数を取得するマクロを紹介しました。今回はPowerShellでiTextSharp…

  2. Office関連

    Adobe Readerを利用してPDFファイルのページ数を取得するVBAマクロ

    mougの回答用に書いたコードです。mougは半年でログが消えてしまうので、忘れないうちにブログの方にもコードを書いておきます。・Adobe Acr…

  3. Office関連

    [PowerPoint]Applicationオブジェクトのイベントを利用する

    PowerPointのApplicationオブジェクトには、スライドショーが開始されたときに発生する「SlideShowBegin」やスライドショーが終了した…

  4. Office関連

    [PowerPoint]ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する

    ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する方法として、WordにはAutoOpen、ExcelにはAuto_Openといったプロシージャを利用する方法が…

  5. Office関連

    “元に戻す”履歴に文字列をセットするPowerPointマクロ

    PowerPointマクロでは、PresentationオブジェクトのSetUndoTextメソッドを使うことで、下図のように"元に戻す"履歴に文字列をセットす…

  6. Office関連

    アクティブなスライドを取得するPowerPointマクロ

    PowerPointのマクロを触っていて、「ActiveSlide」のようなアクティブなスライドを取得するプロパティがないようだったので関数を自作しました。…

  7. Office関連

    コンテンツコントロールに外部XMLのデータをマップするWordマクロ

    Word 2007で追加された機能「コンテンツコントロール」を使うと外部データソースのデータマッピングが簡単にできます。今回はこのコンテンツコントロールに外…

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP