Power Automate for desktop

[Power Automate for desktop]alert表示を閉じるフロー

Power Automate for desktop(PAD)でブラウザー操作を行う際、たまにJavaScriptによるポップアップ(alertやconfirm)で処理が止まることがあります。

それを回避するため、UIオートメーションでポップアップを操作するフローを作ってみました(対象ブラウザー:Google Chrome)。

やっていることは非常にシンプルで、Chromeが開いている下図のような「…の内容」ダイアログからOKボタンやキャンセルボタンを見つけてクリックするだけです。

セレクターも極力シンプルにしてあります。

難点としては、ポップアップ表示した時点で処理が停止してしまった場合は、タイムアップで次のアクションに移るまで待つ必要があることでしょうか。
(上記サンプルではsetTimeoutを使って時間差でポップアップ表示していますが、そのような処理を行わない場合は1分ほど処理が停止します。)

PowerShellあたりを活用すれば、ループやタイマーでポップアップ表示を検知して閉じる処理を行えそうですが、複雑になりそうなので止めました。

フローのコードは下記にアップしましたので、デザイナー画面でペーストすれば、どのような動作をするのか確認できるかと思います。

2023年2月の人気記事前のページ

Power Automate for desktop バージョン 2.29でバイナリ データをファイルに変換アクションでエラーが発生するようになりました。次のページ

関連記事

  1. Power Automate for desktop

    [Power Automate for desktop]他ブックのマクロを実行する方法

    2022年1月のアップデートで、「Excel の起動」アクションでEx…

  2. Power Automate for desktop

    Power Automate for desktopの起動方法

    今回はPower Automate for desktop(PAD)の…

  3. Power Automate for desktop

    「はじめてのPower Automate Desktop」レビュー

    以前書いた記事でも紹介していますが、株式会社ASAHI Account…

  4. Power Automate for desktop

    [Power Automate for desktop]カスタム アクションの入力パラメーターでファ…

    久しぶりのブログ更新です。今回はタイトルの通りPower Auto…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP