Office関連

Excelを使わずにCSVからExcelファイルに変換するPowerShellコード

CSVファイルからExcelファイルに変換する処理を自動化したい、Excelが使用できる環境であれば、VBAやVBScriptを使用すれば比較的簡単に処理できますが、Excelが無い環境ではどうすれば良いか?

今回は、下記記事でも紹介している「EPPlus」を使って、Excelを使わずにCSVからExcelファイルに変換するスクリプトを紹介します。

Excelを使わずにCSVからExcelファイルに変換するPowerShellコード

同様のライブラリ「ClosedXML」もありますが、今回はEPPlusを使用します。
事前にNuGetからファイル(EPPlus.dll)をインストールしてください。

$csv_path = "C:\Test\SampleCSV.csv" #CSVファイルのパス

[void][System.Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\System\EPPlus\EPPlus.dll") #DLL読み込み

#フォーマット設定
$format = New-Object OfficeOpenXml.ExcelTextFormat
$format.Encoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("Shift_JIS") #CSVファイルの文字コード指定
$format.Delimiter = ',' #区切り文字
$format.TextQualifier = '"' #囲み文字
$locale = [System.Threading.Thread]::CurrentThread.CurrentCulture.ToString()
$ci = New-Object -TypeName System.Globalization.CultureInfo -ArgumentList $locale
$ci.NumberFormat.NumberDecimalSeparator = ',' #桁区切り文字
$format.Culture = $ci

#CSV読込
$package = New-Object OfficeOpenXml.ExcelPackage
$sheet = $package.Workbook.Worksheets.Add('Sheet1')
$sheet.Cells.Style.Font.Name = "MS Pゴシック"
$sheet.Column(4).Style.Numberformat.Format = "#,##0_ " #数値列の書式設定
$sheet.Column(5).Style.Numberformat.Format = "yyyy/mm/dd" #日付列の書式設定
$in_fi = New-Object -TypeName System.IO.FileInfo -ArgumentList $csv_path
[void]$sheet.Cells["A1"].LoadFromText($in_fi, $format)

#ExcelファイルをCSVファイルと同じフォルダに出力
$xlsx_path = [System.IO.Path]::Combine(
  [System.IO.Path]::GetDirectoryName($csv_path),
  [System.IO.Path]::GetFileNameWithoutExtension($csv_path) + ".xlsx")
$out_fi = New-Object -TypeName System.IO.FileInfo -ArgumentList $xlsx_path
$package.SaveAs($out_fi)

$package.Dispose()

上記コードを実行すると、下図のようなCSVファイルが

下図のようなExcelファイルに変換されます。

数値列や日付列の番号を決め打ちしているため、そのあたりは対象ファイルによって変更する必要がありますが、EPPlusはフォントも含めて細かくスタイルを設定することができます。

また、コメントで記載している通り、CSVファイルの文字コードや区切り文字、囲み文字の指定もできます。

正直、Excelを使った方が手っ取り早いとは思いますが、「いちいちExcelを立ち上げるのは重いからイヤだ!」という場合には、サードパーティー製のライブラリを使用することを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

【2019年6月版】SeleniumBasicでMicrosoft Edgeを操作してみました。前のページ

【2019年6月版】Excel カスタム関数(Excel Custom functions)の紹介次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Office 2016関連資料のリンク

    Office 2016関連資料のリンクをメモしておきます。特に「O…

  2. Office関連

    VBAから扱えるDLLをC#で書いてみる。

    以前書いた記事でSharpDevelopを使ってExcel用のCOMア…

  3. Office関連

    プログラムのソースコードを別の言語に変換するVBAマクロ

    SharpDevelopが公開している、ソースコードを変換するAPI「…

  4. Office関連

    Google翻訳で文字列を翻訳するVBAマクロ(IE操作版)

    下記記事にあるように、ニューラルネット機械翻訳の導入によって、Goog…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP