Office関連

PowerShellからClosedXMLを使ってExcelファイルを作成する方法

以前C#からClosedXMLを使ってExcelファイルを操作する方法について記事を書きましたが(下記参照)
、今回はPowerShellからClosedXMLを呼び出してみたいと思います。

※ 下記コードを実行する前に「ClosedXML.dll」ファイルと「DocumentFormat.OpenXml.dll」ファイルを適当なフォルダに用意する必要があります。

[Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\System\OpenXML\DocumentFormat.OpenXml.dll")
[Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\System\ClosedXML\ClosedXML.dll")
$wb = New-Object ClosedXML.Excel.XLWorkbook
#シート追加
$ws = $wb.Worksheets.Add("Sample");
#フォント変更
$ws.Cell(1, 1).SetValue("こんにちは、世界。").Style.Font.SetFontName("Meiryo UI")
#文字色変更
$ws.Cell(1, 2).SetValue("Hello world.").Style.Font.SetFontColor([ClosedXML.Excel.XLColor]::Aqua)
#文字色変更(16進)
$ws.Cell(1, 3).SetValue(123456).Style.Font.SetFontColor([ClosedXML.Excel.XLColor]::FromHtml("#FF9966CC"))
#中央揃え
$ws.Range("A1:C1").Style.Alignment.Horizontal = "Center";
#列幅自動調整
$ws.Columns(1, 3).AdjustToContents()
#名前を付けて保存
$wb.SaveAs("C:\Test\Sample_ClosedXML.xlsx")

PowerShell_ClosedXML_01

簡単な処理を書いただけですが、やはりClosedXMLは直感的で分かりやすいと思います。

画像の一部にぼかしを入れるバッチ処理前のページ

Expression WebでVBScriptのコードを書いてみる。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Google Calendar APIを使って日本の祝日を取得するVBAマクロ

    祝日の一覧を用意する必要があったので、Google Calendar …

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(F)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    Wordマクロで文字数を取得する方法をまとめてみました。

    「蛍光ペンでマークした部分の文字数をカウントするWordマクロ」で蛍光…

  4. Office関連

    Office365APIEditorでMicrosoft Graph APIを手軽に呼び出し!

    下記Tech Communityの記事で、Microsoftのエンジニ…

  5. Office関連

    未読アイテムの件数を取得するOutlookマクロ

    「Outlook 未読 件数 マクロ」といったキーワード検索でのアクセ…

  6. Office関連

    マクロで実行したいコマンドのIDを調べる簡単な方法

    MSDN フォーラムに下記質問がありました。・Excel-VB…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP