Power Automate for desktop

[Power Automate for desktop]OneDrive for Businessフォルダーにファイルをアップロードするフロー

Power Automate for desktop(PAD) バージョン 2.33 でOneDrive for Businessコネクタが使用できるようになったので、今回はPADでローカルにあるファイルをOneDrive for Businessのフォルダーにアップロードするフローを紹介します。

フロー全体

1. 変数の設定

アップロードするファイルのパスを変数(%TargetFilePath%)として設定します。

2. ファイル パス部分を取得

後述のアクションでファイル名が必要になるため、「ファイル パス部分を取得」アクションを使ってアップロードするファイルのパスからファイル名(%FileName%)等を取得します。

3. ファイルをバイナリ データに変換

アップロードするファイルの内容をバイナリ形式(%BinaryData%)で取得します。

4. ファイルの作成

「フォルダーのパス」はアップロード先となるOneDrive for Businessフォルダーのパスを、「ファイル名」と「ファイル コンテンツ」は上記手順で取得したファイル名(%FileName%)とファイルの内容(%BinaryData%)を指定します。

実行画面

フローの実行画面は下記になります。

問題なくファイルのアップロードが行われると、下記のようにIDやETagといったプロパティを含むオブジェクトが返ってきます。

以上のように、OneDrive for Businessコネクタを使用すればローカルにあるファイルを簡単にアップロードできます。
ただしこのコネクタはプレミアム機能となるため、実行するには有償ライセンスが必要となります。

有償ライセンスでない場合、下図のようにアクションが無効になっていたり、そもそもリストに表示されなかったりしますので、この点だけはご注意ください。

2023年5月の人気記事前のページ

2023年6月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Power Automate for desktop

    [Power Automate for desktop]名前を付けて保存ダイアログを操作するフロー

    前回の記事でUI要素のセレクターで変数が使用できることを説明しましたが…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP