Office関連

Word 2013では文書にオンライン ビデオを挿入できるようになりました。

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

記事のタイトル通りですが、Word 2013では機能が新たに追加され、文書にオンライン ビデオ(Bing ビデオやYouTube動画)を挿入できるようになりました。

例えばYouTubeの動画を挿入する場合は、下記のような手順になります。

  1. YouTubeにアクセスして、文書に挿入したい動画のページを開きます。
  2. 共有」ボタンをクリックします。
  3. 埋め込みコード」ボタンをクリックします。
  4. 表示された埋め込みコードをクリップボードにコピーします。
  5. Word 2013を起動し、「挿入」タブの「オンライン ビデオ」をクリックします。
  6. ビデオの挿入ダイアログが表示されるので、「ビデオの埋め込みコードから」にある「埋め込みコードをここに貼り付け」欄に手順4.でコピーした埋め込みコードを貼り付け、「挿入」ボタンをクリックします。
  7. 文書に動画が挿入され、再生ボタンをクリックすると動画が再生できるようになります。

Wordで作った操作マニュアルに動画を載せたり会社案内に紹介動画を載せたりと、色々な使い方が考えられますね。
非常に便利な機能だと思います。

ちなみにマクロで挿入する場合はShapes/InlineShapesオブジェクトのAddWebVideoメソッドを使います。

・Shapes.AddWebVideo Method (Word)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj231179(v=office.15)
・InlineShapes.AddWebVideo Method (Word)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj231577(v=office.15)

Option Explicit

Public Sub Sample()
  ActiveDocument.Shapes.AddWebVideo EmbedCode:="<iframe width='420' height='315' src='http://www.youtube.com/embed/qk51u8-4uo4' frameborder='0' allowfullscreen />", VideoWidth:=420, VideoHeight:=315
End Sub

Public Sub Sample2()
  ActiveDocument.InlineShapes.AddWebVideo EmbedCode:="<iframe width='420' height='315' src='http://www.youtube.com/embed/qk51u8-4uo4' frameborder='0' allowfullscreen />", VideoWidth:=420, VideoHeight:=315
End Sub

関連記事

  1. Office関連

    Wordの自動実行マクロ

    たまたま使用する機会があったのでメモ書き程度に情報を残しておきます。…

  2. Office関連

    指定したスライドにユーザー設定レイアウトを適用するPowerPointマクロ

    PowerPointにはオリジナルのレイアウト(ユーザー設定レイアウト…

  3. Office関連

    OneNote + Google Apps Scriptで定期的にWebサイトのキャプチャーを撮る方…

    「“OneNote”がアップデート、URLをメールで送るだけでスクリー…

  4. Office関連

    Office 2013 オンラインヘルプのリンクを集めてみました。

    新機能を把握するためにはヘルプを見るのが一番早い、というわけでOffi…

  5. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(3)

    前回、前々回とGmail APIを扱ってきましたが、今回は前々回の記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP