Office アドイン

[Office用アプリ]ユーザー設定を保存する。

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

Office用アプリではユーザー設定(何らかのプロパティや設定情報等)を保存することができます(Wordの文書変数のようなもの)。
今回はその利用方法を簡単に紹介します。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
        <script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js"></script>
        <script src="https://az88874.vo.msecnd.net/api/1.0/office.js"></script>
        <script>
            var n;
            var v;
            Office.initialize = function (reason) {
                $(document).ready(function () {
                    n = "userName";
                    v = "マイクロ舞子";
                });
            }
            $(function(){
                $("#btnSet").click(
                    function() {
                        Office.context.document.settings.set(n, v);
                        write("ユーザー設定(" + n + ")をセットしました。:" + v);
                    }
                );
                $("#btnGet").click(
                    function() {
                        write("こんにちは!" + Office.context.document.settings.get(n) + "さん");
                    }
                );
                $("#btnSave").click(
                    function() {
                        Office.context.document.settings.saveAsync(function (asyncResult) {
                            if (asyncResult.status == "succeeded") {
                                write("設定を保存しました。");
                            }
                        });
                    }
                );
                $("#btnRemove").click(
                    function() {
                        Office.context.document.settings.remove(n);
                        write("ユーザー設定(" + n + ")を削除しました。:" + v);
                    }
                );
            });
            function write(message) {
                $("#result").val(message);
            }
        </script>
        <style>
            body {
                margin:0;
                padding:0;
                font-family:Arial,sans-serif;
                font-size:0.9em;
            }
        </style>
    </head>
    <body>
        <input id="btnSet" type="button" value="Set">
        <input id="btnGet" type="button" value="Get">
        <input id="btnSave" type="button" value="Save">
        <input id="btnRemove" type="button" value="Remove">
        <textarea id="result" rows="4" cols="30"></textarea>
    </body>
</html>

上記コードの通り、Settingsオブジェクトの「set」メソッドでユーザー設定をセット、「get」メソッドでユーザー設定の呼出し、「remove」メソッドでユーザー設定の削除を行います。
そして忘れてはいけないのが設定の保存。
ユーザー設定をセットした後は「saveAsync」メソッドで保存しておかないと、文書を閉じたときに設定が消えてしまいます。
また、このユーザー設定はOffice用アプリを挿入した文書に保存されますので、「saveAsync」メソッドで設定を保存した後は忘れずに”文書の保存“(上書き保存・名前を付けて保存)を行いましょう。

ちなみに、ユーザー設定を保存した文書をZip解凍すると、保存した設定が「\userSettings\xl\webextensions」にある「webextension*.xml」(*は番号)ファイル内の「property」要素として保存されていることが確認できます。

関連記事

  1. Office関連

    Excel 2016 Previewで追加された新しい関数

    ※ 下記情報はOffice 2016 Preview版を元にしています…

  2. Office関連

    テーブルの罫線色情報を列挙するPowerPointマクロ

    テーブルが多いプレゼンテーションファイルの、各テーブルの線の色の情報を…

  3. Office関連

    [Office 2013]オンライン テンプレートを無効にする。

    前回の記事ではOffice 2013でSkyDriveを無効にする方法…

  4. Office関連

    Internet Explorerのタブを切り替えるVBAマクロ

    前回の記事でInternet Explorerを操作するVBAマクロを…

  5. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]ActiveWorkbookのパスを取得する。…

    埋め込んだExcelワークブックのパスを取得するコードです。 (さ…

  6. Office関連

    [Office 2013]SkyDriveを無効(非表示)にする。

    「Office 2013 SkyDrive 無効」というキーワードで検…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP