Office関連

PowerPointからMicrosoft Formsを使用できるようになりました。

Microsoft Formsは、「Microsoft Forms とは」にある通り、アンケートやテスト、クイズといったWebフォームを簡単に作成できるサービスで、Office 365のサブスクリプション契約をしている方であれば https://forms.office.com/ から利用することができます。
(必要なライセンス等、詳細は「Microsoft Forms についてよく寄せられる質問」参照)

このMicrosoft Formsの機能がPowerPointに統合され、PowerPointから簡単にWebフォームを作成できるようになりました。

PowerPointからMicrosoft Formsを利用する方法

  1. 挿入」タブから「フォーム」ボタンをクリックします。
  2. 画面右側の作業ウィンドウに「Forms」画面が表示されます。この画面から新しいフォームやクイズ、すでに作成済みのフォームやクイズをスライドに挿入することができます。
  3. 新しいフォーム/クイズ」ボタンをクリックすると、ブラウザーが立ち上がるので、Office 365アカウントでサインインします。
  4. Microsoft Formsの編集画面が表示されるので、フォームを作成します。ここで編集した内容はスライド上のフォームと自動的に同期されます。
  5. 作成したフォームはスライドショー画面から回答でき、回答内容はMicrosoft Formsからすぐに確認することができます。

Microsoft Forms now available in PowerPoint」には、教師が生徒にクイズを出して、PowerPointを終了することなく回答できる、といった使用例が紹介されていましたが、この機能の利用用途は幅広いです。

例えば登壇資料にフォームを埋め込み、ppsx形式あたりで配布しておけば、資料を見た人に直でアンケートを取ることができるのです。回答用のURLをクリックしてWebブラウザーを立ち上げて…、そんな手間も掛かりません。これはかなり画期的な機能だと思います。
製品紹介資料にフォームを埋め込んで、営業支援のツールとしても使えるかもしれません。

非常に便利で面白い機能ですので、サブスクリプション版のOffice 365をお使いの方は是非お試しください!

関連記事

  1. Excel

    SharpDevelopでExcel用COMアドインを作成する方法

    「SharpDevelopのインストールと日本語化」で紹介しているSh…

  2. Office関連

    Data Explorerのフォーラム&ブログ

    前回の記事で紹介した「Data Explorer」ですが、すでにフォー…

  3. Office関連

    [Wordマクロ]PrintOutメソッド実行時に「型が一致しません」との実行時エラーが発生する。

    Wordマクロで文書を印刷するときはPrintOutメソッドをよく使い…

  4. Excel

    Wikipediaの検索予測キーワードの一覧を取得するVBAマクロ

    Wikipediaのサーチボックスにキーワードを入力すると、入力したキ…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]第三回 Apps for Office 勉強会で登壇しました。

    10月4日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「第3回 A…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP