Office関連

Word文書をMicrosoft SwayのWebページに変換する方法

先月のアップデート(バージョン 1812(ビルド 11126.20188))により、Wordに文書をSwayのWebページに変換する機能が追加されたので、さっそく試してみました。

静的なドキュメントから魅力的なドキュメントへの変換: ドキュメントを、すべてのデバイスに対応する対話型の使いやすい Web ページに変換します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/officeupdates/monthly-channel-2019 より

Word文書をMicrosoft SwayのWebページに変換する方法

  1. Wordを起動し、Microsoft アカウント、もしくはOffice 365アカウントでサインインします。
  2. 変換したい文書を開き、「ファイル」タブから「変換」をクリックします。この「変換」はサインインした状態でないと表示されません。
  3. “インテリジェント サービスを使用しますか?”ダイアログが表示されたら「オンにする」ボタンをクリックします。
  4. 作業ウィンドウに「Web ページに変換」画面が表示されるので、スタイルを選択し、「変換」ボタンをクリックします。
  5. “ドキュメントは、職場または学校アカウントを使用してMicrosoft SwayのWeb ページに変換されます”という確認メッセージが表示されたら、「変換」ボタンをクリックします。
  6. ブラウザーが立ち上がり、アカウントにサインイン画面が表示されるので、パスワードを入力し、サインインを行います。
  7. しばらく待つと、Swayのコンテンツが自動的に作成されます。

実際に変換して作成したWebページ

実際に上記手順で作成したWebページが下記になります。
元のWord文書、適用するスタイルにもよりますが、何の編集もなくこれだけのものが自動作成できるのであれば、Word文書を手軽にWeb公開する方法として、それなりに出番はあるのではないかと思います。

参考Webサイト

Re: 【GAS】指定行の最終列番号・指定列の最終行番号を取得する前のページ

明日ちゃんのセーラー服&花待ついばら めぐる春コラボプレゼントに当選しました!次のページ

関連記事

  1. Office関連

    文字列を横方向に移動するWordマクロ(WordBasic編)

    いつもお世話になっているWord MVPの新田さんが、まるでカニの動き…

  2. Office関連

    Web上でVBAのコードを解析するツール「Microsoft Sharepoint and VBA …

    Web上でVBAやSharePointアプリケーションのコードを解析し…

  3. Office関連

    「クラシックスタイルメニュー」の誤検知?

    2013/07/16 追記:cx20さんにコメントで"Google…

  4. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(H)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  5. Office関連

    MemsourceのバイリンガルMXLIFFファイルから情報を抽出するWordマクロ

    近年翻訳業界では「Trados」や「memoQ」といった、“翻訳支援ツ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP