VBScript

OWSPostDataオブジェクトを使って文字列をエンコードするVBS

OWSPostDataオブジェクトのURLEncodeメソッドで文字列をエンコードするスクリプトです。

※ Microsoft Office Web Discussions Client Type Library(owsclt.dll)が必要となります。

MsgBox CreateObject("OWS.PostData").URLEncode("こんにちは")

上記コードを実行するとescape関数と同様の結果が返ってきますので、下記のようにunescape関数で元の文字列にデコードすることもできます。

Option Explicit

Const s = "こんにちは"

MsgBox CreateObject("OWS.PostData").URLEncode(s) & vbCrLf & escape(s)
MsgBox unescape(CreateObject("OWS.PostData").URLEncode(s)) 'デコード

わざわざ上記のような処理を使う場面は中々無いだろうと思いますが、頭の片隅にでも入れておけばどこかで役に立つかもしれないですね。

Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン前のページ

Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ次のページ

関連記事

  1. VBScript

    文字コードを指定してURLエンコードを行う

    本題に入る前にまずは下記エントリーをご覧ください。・64ビット…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBScript

    「Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDrive…

  3. VBScript

    WordPressのバックアップを取ってローカル環境で動かす方法(3)

    「WordPressのバックアップを取ってローカル環境で動かす方法(1…

  4. VBScript

    Microsoft Edgeのバージョン情報をクリップボードにコピーするVBScript

    前回の記事に引き続き、自分の手間を減らすためのスクリプト、今回はMic…

  5. Office関連

    Officeアプリケーションのバージョン情報ダイアログから情報を取得するVBScript

    自分の手間を減らすためのスクリプトシリーズ、今回はWordやExcel…

  6. VBScript

    Windowsのバージョン情報を取得する

    小ネタです。verコマンドを利用してWindowsのバージ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP