Mayhem

Mayhemを使ってみました。

マイクロソフト、Windowsスクリプティング・ツール「Mayhem」をオープンソース化」という記事があったので、早速Mayhemを使用してみました。

上記のページによるとMayhemは、

 Mayhemを利用することで、プログラミング知識のない一般ユーザーでも、別々のWindowsプログラムを互いに結びつけ、複数のプログラムをまたいでタスクを実行させることが可能だ。

 Mayhemプロジェクト・サイトによれば、Mayhemを使うことで、例えばスマートフォン端末から「PowerPoint」スライドを操作したり、外気温が下がったことを天候測定プログラムが知らせてきたときにユーザーへ電子メールを送信したり、Microsoftの株価が50ドル以上になるたびに、Facebookに「I’m rich!」と書き込む――といった、繰り返し実行されるアクションの“シナリオ”を容易に作成できるという。

マイクロソフト、Windowsスクリプティング・ツール「Mayhem」をオープンソース化 より

といったツールのようです。
要するに指定したあるイベントが起こったときに、指定した動作を実行できるツールのようです。
それでは早速使用してみます。


まずはMayhemのインストール。
Setup.exe」を下記Webページからダウンロードして実行します。

・Mayhem
http://mayhem.codeplex.com/

画面の指示に従うだけなので特に問題はありませんでした。
無事にインストールできたようなので、Mayhemを起動してみます。

非常にシンプルなUIですね。
Choose Event」でイベントを、「Choose Reaction」で動作を指定するのだということがすぐに分かります。

では、Choose Eventボタンをクリックしてイベントを選択してみます。
Event List」ダイアログが表示され、”Folder Change“や”Key Press“、”RSS Feed Alert“といった項目が選択できるようです。
各項目の説明を要約すると下記のような感じでしょうか。
(すべてを試したわけではありませんので、合っているのかどうかは分かりませんが…)

・Folder Change:フォルダの中身が変更されたとき。
・Key Press:キーが押されたとき。
・RSS Feed Alert:RSSフィードが更新されたとき。
・Speech Recognition:特定のフレーズが音声認識されたとき。
・Stock Alert:指定した株価が変動したとき。
・System Tray Menu:システムトレイに追加したメニューが実行されたとき。
・Timer:一定時間が経過したとき。
・Weather Alert:気象情報に変更があったとき。

ここではとりあえず「Folder Change」を選択してみます。

Folder Change」ダイアログが表示されるので、監視対象となるフォルダを選択して「Save」ボタンをクリックします。

最初の画面に戻るので、次は「Choose Reaction」ボタンをクリックして動作を選択してみます。

先ほどのイベントと同じように「Reaction List」が表示されました。
(Media…の説明は微妙なところですが、大体下記のような意味合いだと思います。)

・Lock Computer:コンピューターをロックします。
・Media: Next Item:次の項目に移動します。
・Media: Play / Pause:現在の項目を再生・一時停止します。
・Media: Previous Item:前の項目に移動します。
・Open Website:指定したウェブサイトを開きます。
・Play Sound:指定したオーディオファイル(mp3,wma,wav)を再生します。
・Run Program:指定したプログラムを実行します(引数指定可)。
・Screenshot:画面をキャプチャーします。
・Text To Speech:指定したフレーズを読み上げます。

ここではとりあえず動作が分かりやすそうな「Open Website」を選択して、開くウェブサイトを指定してみます。

上手く登録できたようです。
OFF」というボタンがあり、このボタンをクリックすると「ON」に切り替わったので、試しに上記で指定したフォルダ内に新規フォルダを作成して、様子を見てみます。

Choose Reaction“で指定した動作が無事に実行されました。

指定したイベントが起こったときに指定した動作を実行する“、Mayhemを使用すると実にシンプルなことができるようになるわけですが、それだけに応用範囲は幅広いだろうと思います。
しかもイベントや動作は追加することができるので(http://makemayhem.com/Packages/All)、その幅はどんどん広がっていきます。
ユーザーの様々なニーズに応え得るMayhem、皆様も是非試してみてください。

ちなみに、Mayhemで指定した動作はMayhemが実行中かつスイッチが「ON」になっている場合でしか動作しませんので、その点はご注意ください。

関連記事

  1. Mayhem

    MayhemのOfficeModulesが更新されました。

    MayhemのOfficeModulesが更新され、バージョンが1.0…

  2. Mayhem

    [Mayhem]RSSフィードが更新されたら最新記事をEvernoteに取り込む。

    「Mayhemと自作プログラムを組み合わせて使う。」でMayhemと自…

  3. Mayhem

    MayhemのFolder Changeイベントはいつ発生するのかを調べてみました。

    「Mayhemを使ってみました。」でWindowsスクリプティング・ツ…

  4. Mayhem

    Mayhemの小ネタ

    「Mayhemを使ってみました。」でWindowsスクリプティング・ツ…

  5. Mayhem

    Mayhemと自作プログラムを組み合わせて使う。

    「Mayhemを使ってみました。」でも紹介している通り、Mayhemに…

  6. Office関連

    [Mayhem]PowerPointマクロにショートカットキーを割り当てる。

    2012/4/20 追記:クイックアクセスツールバーのメニューを利用す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP