Office関連

「傍点をふる」をWord 2007/2010で簡単に使う方法

Wordで文字列を強調したいときに便利なのが「傍点をふる」コマンド。
2003まではコマンドマクロをツールバーに割り付けてしまえば簡単に実行することができたのですが、2007以降UIがリボンに変更されたため簡単に実行しづらくなってしまいました。
今回はWord 2007以降でも簡単に「傍点をふる」コマンドを実行できるようにする方法を紹介します。

  1. Word 2003を起動します。
  2. ツール」メニューから「ユーザー設定」を開きます。
  3. ツールバー」タブから新しいツールバーを作成します(保存先:Normal.dotではなく、表示中の文書)。
  4. コマンド」タブから「すべてのコマンド」を選び、「CommaAccent」を3.で作成したツールバーにドラッグ&ドロップして登録します(このとき保存先がNormal.dotではないことを確認します)。
  5. すべてのコマンド」から「DotAccent」を3.で作成したツールバーにドラッグ&ドロップして登録します。
  6. 名前を付けてファイルを保存します。
  7. 6.で保存したファイルをWord 2007/2010で開くと、「アドイン」タブに4.と5.で登録したボタンが表示されていることが確認できます。
  8. ファイルをテンプレート形式(dotx)でWordのスタートアップフォルダに保存すると、Wordを使用するときにいつでも「アドイン」タブから「傍点をふる」コマンドが実行できるようになります。

以上で作業は終了です。
傍点をふる」コマンドのトグルボタンを再現することがマクロでは中々難しいのですが、上記の方法であればWord 2003のようなトグルボタンを再現することができます。

上記手順で作成したテンプレートファイルはコチラからダウンロードすることができますので、ダウンロードしたテンプレートをWordのスタートアップフォルダにコピーしてお使いください。

まばたきするリボン前のページ

2011/08/28次のページ

関連記事

  1. Office関連

    文字列を横方向に移動するWordマクロ(WordBasic編)

    いつもお世話になっているWord MVPの新田さんが、まるでカニの動き…

  2. Office関連

    フッターにページ番号と総ページ数を挿入するWordマクロ

    以前書いた、フッターに「ページ番号 / 総ページ数」を挿入するWord…

  3. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  4. Office関連

    プログラムのソースコードを別の言語に変換するVBAマクロ

    SharpDevelopが公開している、ソースコードを変換するAPI「…

  5. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]セルにデータを入力する。

    埋め込んだExcelワークブックのセルにデータを入力するコードです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP