Office関連

「傍点をふる」をWord 2007/2010で簡単に使う方法

Wordで文字列を強調したいときに便利なのが「傍点をふる」コマンド。
2003まではコマンドマクロをツールバーに割り付けてしまえば簡単に実行することができたのですが、2007以降UIがリボンに変更されたため簡単に実行しづらくなってしまいました。
今回はWord 2007以降でも簡単に「傍点をふる」コマンドを実行できるようにする方法を紹介します。

  1. Word 2003を起動します。
  2. ツール」メニューから「ユーザー設定」を開きます。
  3. ツールバー」タブから新しいツールバーを作成します(保存先:Normal.dotではなく、表示中の文書)。
  4. コマンド」タブから「すべてのコマンド」を選び、「CommaAccent」を3.で作成したツールバーにドラッグ&ドロップして登録します(このとき保存先がNormal.dotではないことを確認します)。
  5. すべてのコマンド」から「DotAccent」を3.で作成したツールバーにドラッグ&ドロップして登録します。
  6. 名前を付けてファイルを保存します。
  7. 6.で保存したファイルをWord 2007/2010で開くと、「アドイン」タブに4.と5.で登録したボタンが表示されていることが確認できます。
  8. ファイルをテンプレート形式(dotx)でWordのスタートアップフォルダに保存すると、Wordを使用するときにいつでも「アドイン」タブから「傍点をふる」コマンドが実行できるようになります。

以上で作業は終了です。
傍点をふる」コマンドのトグルボタンを再現することがマクロでは中々難しいのですが、上記の方法であればWord 2003のようなトグルボタンを再現することができます。

上記手順で作成したテンプレートファイルはコチラからダウンロードすることができますので、ダウンロードしたテンプレートをWordのスタートアップフォルダにコピーしてお使いください。

まばたきするリボン前のページ

2011/08/28次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Word 2013のアクセス キー一覧[PDF]

    前回の記事でWord 2013のアクセス キーをまとめたものを公開しま…

  2. Office関連

    選択中の図形の書式設定を一括変更するPowerPointマクロ

    PowerPointで複数の図形の書式を一つずつ変更するのが面倒だった…

  3. Office関連

    スライドショーをループ再生設定するPowerPointマクロ

    PowerPointでスライドショーを作成するとき、投影した後流しっぱ…

  4. Office関連

    ZIP形式で圧縮・解凍を行うVBAマクロ

    この記事のように、処理の中でZIP形式のファイルを扱うことはありました…

  5. Office関連

    VBA Word 97/98ハンドブックを購入しました。

    ブックオフにあった「VBA Word 97/98ハンドブッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP