Kingsoft Office関連

Kingsoft OfficeとMicrosoft OfficeのUIを比較してみました。

Kingsoft Office 2012では従来のユーザーインタフェース(クラシックスタイル)に加えて、新たに「リボン」形式のインターフェースが追加されました。
今回はKingsoft OfficeとMicrosoft Officeのユーザーインタフェースの比較をしてみようと思います。

■ Kingsoft Writer 2012とMicrosoft Word 2010のUI比較

・ホームタブ(Writer)とホームタブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・挿入タブ(Writer)と挿入タブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・ページ レイアウトタブ(Writer)とページ レイアウトタブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・参照タブ(Writer)と参考資料タブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・差し込み印刷タブ(Writer)と差し込み文書タブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・校閲タブ(Writer)と校閲タブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・表示タブ(Writer)と表示タブ(Word)(※ 上段がWriter下段がWord)

・ファイルメニュー(※ 左がWriter真ん中がWord 2007、右がWord 2010)

■ Kingsoft Spreadsheets 2012とMicrosoft Excel 2010のUI比較

・ホームタブ(Spreadsheets)とホームタブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・挿入タブ(Spreadsheets)と挿入タブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・レイアウトタブ(Spreadsheets)とページ レイアウトタブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・数式タブ(Spreadsheets)と数式タブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・データタブ(Spreadsheets)とデータタブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・校閲タブ(Spreadsheets)と校閲タブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・表示タブ(Spreadsheets)と表示タブ(Excel)(※ 上段がSpreadsheets下段がExcel)

・ファイルメニュー(※ 左がSpreadsheets真ん中がExcel 2007、右がExcel 2010)

■ Kingsoft Presentation 2012とMicrosoft PowerPoint 2010のUI比較

・ホームタブ(Presentation)とホームタブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・挿入タブ(Presentation)と挿入タブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・デザインタブ(Presentation)とデザインタブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・アニメーションタブ(Presentation)と画面切り替えタブ(PowerPoint)とアニメーションタブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation中下段がPowerPoint)

・スライド ショータブ(Presentation)とスライド ショータブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・校閲タブ(Presentation)と校閲タブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・表示タブ(Presentation)と表示タブ(PowerPoint)(※ 上段がPresentation下段がPowerPoint)

・ファイルメニュー(※ 左がPresentation真ん中がPowerPoint 2007、右がPowerPoint 2010)

上の各図を見ていただければ分かると思いますが、タブの名前やコマンドの配置等細かいところは違うものの、Kingsoft Office 2012とMicrosoft Office 2010はかなり似たインターフェースとなっています。大きく異なるのはMicrosoft Officeで言うところの「ファイル」メニューとユーザーインタフェースのカスタマイズ機能と切り替え機能の有無でしょうか。

まずファイルメニューについてですが、Kingsoft Officeの各タブの配置はMicrosoft Office 2010に似たものになっていますが、ファイルメニューだけはOffice 2010よりOffice 2007に似た形になっています。

次にカスタマイズ機能についてですが、Microsoft Officeでは2010から標準でリボンのカスタマイズ機能が搭載されましたが、Kingsoft Officeにはカスタマイズ機能がなく、タブやコマンドの追加が自由にできないようになっています。クイックアクセスツールバーに似たコマンドボタンの配置スペースもあるのですが、そちらもカスタマイズすることはできません。

最後に切り替え機能についてですが、Kingsoft Officeではリボン形式のインタフェースと従来のクラシックスタイルのインターフェースとを簡単に切り替えることができます(切り替える際、アプリケーションの再起動が必要になります)。

Microsoft Officeにはこの機能が無いため、クラシックスタイルのメニューを再現するには「クラシックスタイルメニュー for Office 2010」のようなサードパーティ製のアドインが必要になります。

以上のように、ユーザーインタフェースにおいては両者の間でいくつか違う点があるものの、操作性に関してはかなり似たものになっているので、Microsoft Officeに慣れている人であれば比較的容易にKingsoft Officeを使いこなすことができるようになるだろうと思います。

関連記事

  1. Kingsoft Office関連

    Kingsoft Office 2012のUIをカスタマイズしてみました。

    Kingsoft Office 2012のUIをカスタマイズしてみまし…

  2. Kingsoft Office関連

    Kingsoft Office 2012のリボンUIはカスタマイズできるのか?

    Microsoft Officeでは、XMLを編集することによってユー…

  3. Kingsoft Office関連

    Kingsoft Office 2012(英語版)をインストールしてみました。

    先日発売が開始されたKINGSOFT Office 2012ですが、私…

  4. Kingsoft Office関連

    KINGSOFT Office 2012をインストールしてみました。

    KINGSOFT Office 2012のベータ版が出ていたのでインス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP