Office関連

Office 365 APIをVBAから呼び出す(2)

前回の記事ではOffice 365とAzure ADの紐づけを行いました。
今回はその続きで、APIを呼び出すために必要なアプリケーションの設定を行ってみます。

Azure ADでアプリケーションを新規追加する。

  1. Azure ポータル
  2. にサインインし「Active Directory」から、紐づけたOffice 365のディレクトリを開きます。

  3. アプリケーション」を開き、「追加」ボタンをクリックします。
  4. Office_365_API_VBA_02_01

  5. 「実行する作業を選択してください。」画面が表示されたら「組織で開発中のアプリケーションを追加」を選択します。
  6. Office_365_API_VBA_02_02

  7. 「アプリケーション情報の指定」画面が表示されたらアプリケーション名を入力し、アプリケーションの種類を選択します。今回はVBAマクロからAPIを呼び出すので「ネイティブ クライアント アプリケーション」を選択します。
  8. Office_365_API_VBA_02_03

  9. 「アプリケーション情報」画面が表示されたら、認証後飛ばされるページのURL“リダイレクト URI”を入力します。今回作成するのはWebアプリケーションではないので、localhostを指定しておきます。
  10. Office_365_API_VBA_02_04

  11. アプリケーションが追加されるので「構成」を選択します。
  12. Office_365_API_VBA_02_05

  13. 「構成」画面が表示されたら画面下部にある「アプリケーションの追加」ボタンをクリックします。この画面に表示されている「クライアント ID」と「リダイレクト URI」はアプリ開発時に必要になるので、どこかに控えておきます。
  14. Office_365_API_VBA_02_06

  15. 「他のアプリケーションに対するアクセス許可」画面が表示されたらアクセスを許可するアプリケーションを選択します。今回は「Office 365 Exchange Online」を選択します。
  16. Office_365_API_VBA_02_08

  17. 構成画面に戻るので、「他のアプリケーションに対するアクセス許可」にある「デリゲートされたアクセス許可」を選択します。今回はOutlook Mail REST APIを使ってメール情報を取得するマクロを書く予定なので「Read and write user mail」を選択します。ここではリソースにアクセスするために必要な権限を設定するわけですが、詳細については「Office 365 application manifest and permission details」をご参照ください。
  18. Office_365_API_VBA_02_09

  19. 保存」ボタンをクリックして変更を保存します。
  20. Office_365_API_VBA_02_10

以上の手順で、APIを呼び出すのに必要なリダイレクト URIの設定とクライアント IDを取得することができました。

次回はいよいよVBAマクロからOffice 365 APIを呼び出してみます。

関連記事

Office 365 APIをVBAから呼び出す(1)前のページ

Office 365 APIをVBAから呼び出す(3)次のページ

関連記事

  1. Office関連

    名前付きセル(範囲)にコメントを付けるVBAマクロ

    Excelでマニュアルを作成する際、名前付きセル範囲を明記する必要があ…

  2. Office関連

    PDFファイルに差し込み印刷するVBAマクロ

    このページにもあるように、AcrobatはOLEオートメーション機能に…

  3. Office関連

    Excel 2013 新関数一覧

    「関数一覧(Excel 2010)」と「関数一覧(Excel 2013…

  4. Office関連

    Excelのシート上で3Dグラフィックのアニメーションが再生できるようになりました。

    ※ 下記情報はInsider版のExcelを元にしています。バージョン…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]アプリ開発コンテストの案内

    2013/9/9 追記:コンテストの受賞者が発表されました。おかげ…

  6. Excel

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(2)

    前回の記事でGmail APIを使ってメールを送信するVBAマクロを紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP