Office関連

Office 365 APIをVBAから呼び出す(2)

前回の記事ではOffice 365とAzure ADの紐づけを行いました。
今回はその続きで、APIを呼び出すために必要なアプリケーションの設定を行ってみます。

Azure ADでアプリケーションを新規追加する。

  1. Azure ポータル
  2. にサインインし「Active Directory」から、紐づけたOffice 365のディレクトリを開きます。

  3. アプリケーション」を開き、「追加」ボタンをクリックします。
  4. Office_365_API_VBA_02_01

  5. 「実行する作業を選択してください。」画面が表示されたら「組織で開発中のアプリケーションを追加」を選択します。
  6. Office_365_API_VBA_02_02

  7. 「アプリケーション情報の指定」画面が表示されたらアプリケーション名を入力し、アプリケーションの種類を選択します。今回はVBAマクロからAPIを呼び出すので「ネイティブ クライアント アプリケーション」を選択します。
  8. Office_365_API_VBA_02_03

  9. 「アプリケーション情報」画面が表示されたら、認証後飛ばされるページのURL“リダイレクト URI”を入力します。今回作成するのはWebアプリケーションではないので、localhostを指定しておきます。
  10. Office_365_API_VBA_02_04

  11. アプリケーションが追加されるので「構成」を選択します。
  12. Office_365_API_VBA_02_05

  13. 「構成」画面が表示されたら画面下部にある「アプリケーションの追加」ボタンをクリックします。この画面に表示されている「クライアント ID」と「リダイレクト URI」はアプリ開発時に必要になるので、どこかに控えておきます。
  14. Office_365_API_VBA_02_06

  15. 「他のアプリケーションに対するアクセス許可」画面が表示されたらアクセスを許可するアプリケーションを選択します。今回は「Office 365 Exchange Online」を選択します。
  16. Office_365_API_VBA_02_08

  17. 構成画面に戻るので、「他のアプリケーションに対するアクセス許可」にある「デリゲートされたアクセス許可」を選択します。今回はOutlook Mail REST APIを使ってメール情報を取得するマクロを書く予定なので「Read and write user mail」を選択します。ここではリソースにアクセスするために必要な権限を設定するわけですが、詳細については「Office 365 application manifest and permission details」をご参照ください。
  18. Office_365_API_VBA_02_09

  19. 保存」ボタンをクリックして変更を保存します。
  20. Office_365_API_VBA_02_10

以上の手順で、APIを呼び出すのに必要なリダイレクト URIの設定とクライアント IDを取得することができました。

次回はいよいよVBAマクロからOffice 365 APIを呼び出してみます。

関連記事

Office 365 APIをVBAから呼び出す(1)前のページ

Office 365 APIをVBAから呼び出す(3)次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Office 2013をインストールしてみました。

    CNET Japanの記事「マイクロソフト、「Office 2013」…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]カレンダーから日付を入力するコンテンツアプリ。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  3. Office関連

    Outlookを使ってGmail送信を行うVBAマクロ

    下記G Suite アップデート ブログにある通り、今年の6月には“安…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP