Office関連

[PowerPoint]ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する

ドキュメントを開いたときに自動的にマクロを実行する方法として、WordにはAutoOpen、ExcelにはAuto_Openといったプロシージャを利用する方法が用意されていますが、PowerPointにはそういった方法は無いのでしょうか?

― 実はPowerPointにもマクロ自動実行の仕組みは用意されています。
下記コードを標準モジュールに貼り付けてファイルを保存し、再度ファイルを開くと…

Option Explicit

Public Sub Auto_Open()
  MsgBox "Auto_Open"
End Sub

Public Sub Auto_Close()
  MsgBox "Auto_Close"
End Sub

…何も動作しません。
WordやExcelと違ってPowerPointの”Auto_Open”はアドインとして読み込まなければ実行されません。

改めて、ファイルをアドイン形式(ppa,ppam)で保存し、アドインダイアログから保存したアドインを読み込むと…

今度はマクロが実行されました。
下記Webページにもあるように、Auto_Openプロシージャはアドインが読み込まれたときに、Auto_Closeプロシージャは読み込みが解除されたときに自動的に実行されます。

・PowerPoint アドインがロードまたはアンロードされているときにコードを自動的に実行する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc376820.aspx

上記のように、アドイン形式にすればアプリケーションを起動したとき(アドインが読み込まれたとき)にマクロを自動実行することができるわけですが、正直使い勝手は良くありません。

そこで私は、”リボンをカスタマイズしてcustomUI要素のonLoad属性のコールバックを利用する方法“をお薦めします。

※ リボンのカスタマイズ方法はここでは詳しく解説しませんので、私のHP「初心者備忘録・リボン関連」をご参照ください。

・XML

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<customUI onLoad="Ribbon_onLoad" xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2006/01/customui" />

・標準モジュール

Option Explicit

Public Sub Ribbon_onLoad(ribbon As IRibbonUI)
  MsgBox "Ribbon_onLoad"
End Sub

上記XMLとVBAコードを設定したファイルを開くと、Ribbon_onLoadプロシージャが自動的に実行されるのが確認できます。

PowerPointのバージョンが2007以降に限られてしまうのが難点ですが、この方法であればいちいちアドイン形式で保存する必要は無いので動作確認も楽になります。
もちろん、アドインとして読み込んだ場合にも実行されます。

リボンをカスタマイズする、という一手間は掛かってしまいますが、PowerPointドキュメントを開いたときにマクロを自動実行したい、という場合には非常に有用な方法ですので、是非一度お試しください。

関連記事

  1. Office関連

    テキストボックス等Shapeオブジェクトのテキストのみを置換するWordマクロ

    Word MVPの新田さんのブログで気になる記事がありました。…

  2. Office関連

    類似した書式の文字列を選択するWordマクロ三種

    Wordには、選択中の文字列と似た書式の文字列を一括選択する「類似した…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]IMG Effector

    IMG Effectorはドキュメント上のイメージに15種類以上のエフ…

  4. Excel

    PDFファイル上のフィールドの値を操作するVBAマクロ

    「PDFファイルに差し込み印刷するVBAマクロ」で、Acrobatを操…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP